divider

DSCF1612

最新の投稿

お知らせ

全国説明会ツアー


Atsu_Final

 

2013年夏「教科書はまだ真っ白」

―地方の学生にも“留学”という選択肢を持ってもらう―

2013年夏、私たちは全国7都市(札幌、福島、新潟、東京、名古屋、大阪、福岡)で米国学部留学説明会ツアーを実施しました。

私たちは、現役留学生と中高生が直接少人数で交流・質問できる説明会を全国で展開することで、①日本人留学生の現象、②地方と東京での留学機会の格差、③海外受験情報の不足、の3つの問題の解決を目指しました。説明会は、メンバーそれぞれの「学び」に対する熱意から始まり、米国大学全般の受験プロセスの説明、留学をしてから感じたこと、苦労したこと、そして私たちから見た留学の意義を語りました。

私たちは、日本という居心地のよい場所を飛び出し、米国という未知なる場所に挑戦を求めました。最初の1年目は、英語を話せない中で右往左往する毎日でした。簡単なことにも自信を持って答えられませんでした。一生懸命準備したプレゼンのあとで「英語ができないなら日本に帰れ」と言われ、夜通し書いたペーパーには「文法・表現のミスが多いため、内容がわかりづらい」と辛辣なコメントが返ってきた時もありました。日本にいたらこんな苦労はしなかったのに―何度そう思ったでしょうか。

それでも、私たちは米国で学び続けています。毎日授業を録音して必死についていこうとしています。オフィスアワーに通い詰めて、教授に理解できるまで食らいついています。図書館に人一倍こもって予習に明けくれているのです。私たちをこれほどまでに突き動かすものは何なのでしょうか。

それは、「なりたい自分」に対する強い思いです。そして、私たちにとって、学部留学という決断が「なりたい自分」に近づくための最善の道だと確信しています。だからこそ、私たちはどんな困難に直面しようとも、学ぶ意欲を、学び続けるモチベーションを失わないのです。今回の説明会ツアーは、日本の学生に、自分にとって何が「なりたい自分」に近づくための最善の道なのか、そして、それは留学なのかを考えるきっかけを与えるためのものです。「より双方向的で、心に響く説明会」を合い言葉に推進され、全国合わせて約800人の方々と熱のこもった言葉を交わす場となりました。

 

プログラム

Ⅰ. 「ブラウンの熊たち」とは

II. 学部留学という選択肢

III.   アメリカの大学のリベラルアーツ

Ⅳ.   アメリカの大学生活〜ブラウン君の1日〜

Ⅴ.  留学を阻む3つの壁

Ⅵ.    熊たちのストーリー

 

実施場所と参加人数

Slide1合計:834名

 

参加メンバー

企画責任者/渉外:熊平智伸

企画副責任者/渉外:森智也

財務管理者/渉外:植村昂央

渉外:柏木健介

アートディレクター/ブログ管理者:小谷篤信

アートディレクター/ブログ管理者:小高かの子

演説者:カーフカイル

演説者:カールセンマーティン

演説者:筒井奨

IMG_0530左から:植村昂央、アーフカイル、森智也、小谷篤信、小高かの子、筒井奨、熊平智伸、カールセンマーティン

後援:米国大使館

協賛:Brown International Scholarship Committee

本プログラムはブラウン大学の組織である、Brown International Scholarship Committeeの規定のもと、ブラウン大学に限らない米国留学生活の魅力と奨学金をはじめとした出願手続きの公知を目的として実施されます。(リンク:http://students.brown.edu/BISC/index.html

協賛:U.S College Alumni Network Japan

USCANJ(アメリカ学部卒業生ネットワーク)は、米国の4年制大学で現在学ん でいる学生(学部生)およびその卒業生で構成されたボランティアネットワークであり、営利を目的としません。主にアメリカの4 年制大学への進学に関心のある日本在住の中高生を対象に情報提供をしています。(リンク:http://www.uscanj.net/

 

・・・・・・・

Slide1

2013年度の全国説明会ツアーの報告書(日本語)はこちらから!

2013年度の全国説明会ツアーの報告書(英語)はこちらから!

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!


2014夏

2014年夏「留学なんてもう古い」

―“留学”をもっと身近なものとして感じて欲しい―

2013年の説明会ツアーは盛況のうちに幕を閉じましたが、反省も残りました。大きな課題の1つは、参加者の皆さんが僕たちに「親近感」を感じられない、というものでした。この問題を克服すべく、2014年度は、従来の「説明会」に加え「交流会」を追加しました。

私たち現役留学生と日本の中高生、保護者の方がざっくばらんに話せる「交流会」を説明会の前後に実施することによって、留学という響きの持つ「敷居の高さ」や留学生というレッテルの生み出す「近寄りがたさ」を少しでも取り除くことが。この交流会の目的です。企画は「プロジェクトクマタチ」と名を変え、全国10都市(秋田、群馬、福島、新潟、東京、神奈川、名古屋、大阪、福岡、沖縄)で交流会・説明会ツアーを実施しました。

前年から2014年にかけて短い時間の間に、留学に対する時代の潮流が大きく変わりつつありました。留学が声高に薦められる時代になり、留学を推す世間の声が無意識のうちに学生の進路選択に陰を落としているのではないでしょうか。「世間が薦めるから、留学をする。」これも1つの選択方法であるのかもしれませんが、その先に理想の自分の姿はあるのでしょうか。

「留学、そこに愛はありますか?」―留学がブームになりつつある時代だからこそ、今年度はあえてこの問いを投げかけました。諦めようにも決して諦めきれないくらいに強い思いを、自分の進む道に、持てているでしょうか。たとえ、その思いの導く先が国内進学であろうと留学であろうとも、自分が「愛」を感じられるものを一心に追求し続けた先には、きっとなりたい自分の姿が輝いていると私たちは信じています。

「この問いに自信を持ってYesと答えられるようになった時、アメリカで会いましょう。」そんな言葉で締めくくられた本企画は、日本の学生に対して、自分の進路について再度考え直すきっかけになったと自負しています。

説明会プログラム

Ⅰ. 「ブラウンの熊たち」とは

II. なぜ留学するのか?

III.   出願するための準備―SAT・TOEFL、エッセイ

Ⅳ.   入学してからの大学生活

Ⅴ.  パーソナルストーリー

 

実施場所と参加人数

Slide2合計:448名

 

参加メンバー

企画責任者/渉外:森智也

企画副責任者/アートディレクター:小谷篤信

財務管理者/渉外:植村昂央

アートディレクター/ブログ管理者:小高かの子

演説者:カーフカイル

演説者:カールセンマーティン

撮影:藤井杏奈

IMG_1808左から:アーフカイル、植村昂央、小谷篤信、小高かの子、森智也、カールセンマーティン

後援:米国大使館

寄付:2014年度の説明会ツアーは、クラウドファンディングサイト・CAMPFIREを通してご支援を募らせて頂きました。(リンク:http://camp-fire.jp/projects/view/974

 

・・・・・・・

Slide2

2014年度の全国説明会・交流会ツアーの報告書はこちらから!

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!


2015夏

2015年夏「憧れよ、砕け散れ」

―“留学”の先に『なりたい自分』があるか問いかける―

2014年のツアーに新しく追加された「交流会」では、参加者同士でアイスブレイクを行った後、メンバーと参加者の皆さんが小さなグループに分かれることで、同じ目線で話せる場を作りました。その中で残った反省点は、参加者がメンバーに留学についての質問や悩みを共有し、我々が答えるという、「話す側」と「聞く側」という対等でない関係ができてしまったことです。

2015年度の交流会では、小さなグループ内で参加学生を中心としたアクティビティを行い、日本の中高生が持つ「留学へのイメージ」について話してもらいます。そして現役留学生と参加学生が、同じ目線で意見交換をすることで、参加学生一人一人に、“留学“という選択肢の先に「なりたい自分」があるのかを、もう一度問いかけるきっかけを作ることを目指しています。

この企画を通して、我々は「留学は、なりたい自分になるための1つの選択肢にすぎない」というメッセージを発信し、参加者ひとりひとりにとって留学「なりたい自分」と「今の自分」のギャップを埋めるものなのかを考えるきっかけを提供します。

 

・・・・・・

 

現在、2015年5月下旬から6 月中旬の期間での開催にご協力頂ける学校・団体を全国で募集致しております。
ご興味を御持ちいただけましたら、こちらでご連絡を賜れますと幸いです。

又、2015年度の全国説明会・交流会ツアーの活動にご賛同頂き、ご支援下さる方を探しています。
もしブラウンの熊たちの活動に興味を持って頂き、こちらでご寄付を宜しくお願い致します。

 

・・・・・・

 企画概要(予定)

第1 部:事前交流会 ―「自分について考えてみよう」

説明会前の交流会は中高生が主要な対象となります。

  • アイスブレイクを交えての自己紹介
  • 地元の学生と一緒に地域交流(例:学校行事に参加、町探検、地域自慢)
  • 食事会
※地域交流および食事会の詳細につきましては、会場や参加者に応じて改めてご相談の上、調整させて頂きます。

第2 部:説明会 ―「リアルな留学生活について知ろう」

プレゼンテーション内容は下記の内容を予定しております。

①学部留学とは何か?どのような大学があるのか?

②必要な手続きと対策(英語、エッセイ、試験、課外活動)

③学部留学の魅力

④日本の大学とアメリカの大学の違い

⑤留学を考える上での障壁

⑥パーソナルストーリー

第3 部:事後交流会 ―「留学と自分」

説明会終了後、少人数のグループに分かれ、参加者の質問に対し個別に答える時間を設けます。説明会の内容を踏まえ、参加者自身に今後の目標を設定してもらい、その目標に向かって、今踏み出せる一歩目について共に考えます。メンバーは、参加者一人一人から考えや意見を引き出し、将来について主体的に考える手助けをします。

日程と実施場所(予定)

Screen Shot 2015-05-19 at 1.09.04 PM

 

 

5/21 沖縄尚学高等学校

(会場:同上) 15:00-16:10 16:30~

 

5/27-5/28 立命館宇治高等学校

(会場:同上) 16:30-18:30 外部参加可

 

5/29 海陽学園 海陽中等教育学校

(会場:同上) 13:30-14:30 15:00-17:00 交渉次第で外部参加可

 

5/31 おおさかグローバル塾

(会場:ECC国際外語専門学校 2号館) 13:30-15:30 外部参加可

 

6/1-6/2 福島100年構想委員会

(会場:郡山市労働福祉会館) 17:00-19:00 外部参加可

 

6/3-6/4ぐんま国際アカデミー 中等部

(会場:同上) 6/3 16:30-17:30 6/4:15:10-16:00

 

6/6-6/7 EF東京

(会場:同上)  6/6 15:00-17:00 6/7:14:00-17:00 外部参加可

 

6/8 慶應義塾高等学校

(会場:同上)  15:15-17:30

 

6/11 東京都立小石川中等教育学校

(会場:同上) 16:00-18:00

 

6/12 AGOSジャパン 渋谷校

(会場:同上) 17:00-19:30 外部参加可

 

6/13-14 新潟県立国際情報高等学校

(会場:同上) 6/13: 13:00-17:00 6/14: 10:40~

 

6/16 公文国際学園高等部

(会場:同上) 16:00-18:00

 

6/20-6/21 佐賀県グローバル

(会場:20日佐賀県国際交流プラザ, 21日佐賀大学本庄キャンパス) 6/20: 14:00-16:00 6/21:10:00-12:00 外部参加可

※5月19日時点では以上の通り

参加メンバー(予定)

企画責任者:貞広貴亜

渉外/ウェブデザイナー:中川健太

アートディレクター:濱本佳奈

財務管理者/撮影:小杉京香

財務管理者:谷藤夕

渉外:中西正浩

アドバイザー:小高かの子

アドバイザー:植村昂央

アドバイザー:熊平智伸

・・・・・・・

Slide1 のコピー

2015年度の全国説明会・交流会ツアーの企画書はこちらから!

2015年度の全国説明会・交流会ツアーのポスターはこちらから!バージョン1,2,3

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!




separator