divider

Archive



男とか女だとか

/ 0 Comments

日本に帰ってくると毎回、こんなことが起こる。

 

それは、女性が全員同じに見える現象。

 

渋谷のスクランブル交差点を歩いていても、テレビに映るアイドルを見ていても、

顔、化粧、服装、雰囲気。

どうも一人一人の区別がつかない。

80代のおばはんのような発言をしているが、本当なのである。

 

そこで改めて気付かされるのが、アメリカと日本では「男女」の捉え方が違うということである。

読む前に注意1. ここでいうGender (ジェンダー)は生物学的な性のことを含んでいない。

 

注2. ジェンダーは social construct (社会的に形成) されているという考えを前提にしている。例えば、小さいころ女の子はピンク色、男の子は青色のものを持たされる、といった具合に、「男」だとか「女」だとかの意識は小さい頃から、周囲によって、社会によって作られるという発想。

 

注3.タイトルで男女と言いながら、読み返してみると女性の話しかしていないが、あしからず。

 

 

さて。

まず、モテる女性の条件を日米比較してみよう。

 

日本。

 

料理ができる

気遣いが出来る

ふわふわしている

頼るのがうまい

守ってあげたい

 

(サイトからかき集めた情報)

 

ふむふむ。確かに、中学高校のとき、モテるような子はこんな感じだった。

 

一方でアメリカ。

“7 ways to be a hot girl(「いい女になるための7つの方法」)” というサイトを見てみよう。

 

 

まず、1番目のコツがこれだ。

 

Screen Shot 2015-06-28 at 10.15.44 PM

 

コツ1: Act with an Air of Awesome

なんかすごいの風を吹かせなさい

 

 

(・x・)….えっ

 

よくわからないので下にスクロールすると解説が。

Screen Shot 2015-06-28 at 10.17.01 PM

 

Have unstoppable confidence.

溢れんばかりの自信を持ちなさい。

 

お、おう。

最初にくるのがこれかい・・。さすが。

 

次に清潔感や、褒めまくろう!  などの話がでた後、

 

いい女になるコツ4Screen Shot 2015-06-28 at 10.18.02 PM

 

Have an edge.

エッジを効かせよう。

 

お、おう・・。

 

これらを考慮すると、日本人男性がアメリカに行って『女が「女らしく」ない』と幻滅するのも無理はないし、逆にアメリカ人の友達が日本の恋愛ドラマを見て「あの女の子、彼氏にペットのように扱われていて可哀想。自立したらいいのに。」と哀れんでいた気持ちもわかる。

 

どこから違いが来ているかは分からないが、日本を含むアジア圏の女性の方が、

雑誌やテレビに散りばめられている「女性らしさ」の模範解答を強く追い求めている、そんな印象がある。

 

 

もちろん、「アメリカは男女の区別がないのさ、ばんざーい 」と言っているわけではない。

むしろ、パーティーに行く時の女性は露出度の高い服を着て、女性としての武器を惜しみなくいかしているし、男性も日本人男性よりレディーファーストの考えが根付いている。

 

ただ、やはりアメリカでジェンダー論はかなり熱いお題である。

 

ブラウン大学に来て、初めて知った考え方がある。それは

 

Gender is a spectrum, not a binary.

 

ジェンダーとは「男」「女」、と白黒分かれているのではなく、

「どちらかというと男性/女性っぽい」という人もいるし、要は分布で、度合いの問題だということ。非常に面白い。

spctrum

genderbread-identity.jpg

 

 

ただ、寮の同じフロアに住むある子に、その考えすら古いと指摘されたことがある。

「今はね、ジェンダーはアイスクリームっていう考えもある」のだそう。

スペクトラム論だと、男と女はあくまでも両極にあるけど、

そうではなくて、私はバニラアイスが好き、あなたはチョコが好き、と味を自由にいろんな種類から選ぶ感覚、らしい。

ふむ。

.

私は特にジェンダー論の授業を取っているわけではないが、若干思い入れはある。

せっかくなので個人的な話を。

.

.

私は小さい頃から、どうも「男っぽかった」

リカちゃん人形には見向きもせず、男の子4、5人連れて公園で走り回ったり、兄とは大乱闘スマッシュブラザーズをして遊んでいたりした。

 

ガキ大将のキャリアを経た後、中高ではイケメンと呼ばれ、なぜか女子にモテた。

挙げ句の果てにはどうやったらモテるか教えてくださいと弟子入りする男子まで出てきた。世も末である。

DSC01894

部室で黄昏

 

ただ、徐々に自分は女性なんだと気付き、というか気付かされ、髪を伸ばしたし、持ち物もピンクや暖色系を増やした。

 

そうやって女性の役割を演じるのも、それはそれで楽しい。

が、それでも未だに、周りから「ちゃん」付けされると違和感を覚えるし、一人称として「私」を使うのに若干の抵抗がある。

うむ、ここで自分の話を出すべきだったかどうかは微妙なところだけどまーいいや。

 

 

 

皆さんもそう思うことがあるかもしれない。

社会によって「男性」「女性」のイメージが形成されている。もちろん、その通りに生きるのもそれはそれで楽しいけど、たまに疲れることもある。

自分の今している行動は果たして、自分としてやっているのか。

それとも、一人の「女性/ 男性」としてやっているのか。

.

だからもし、「女子力無いね」とか「男らしさが無い」

と言われたらこう言ってみてはいかがでしょう。

 

Gender is a spectrum, not a binary.

ジェンダーは白黒じゃなくて、度合いの問題よ。

 

と。

 

 

もちろん、ドヤ顔もお忘れなく。

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

 ↑ クリックお願いします〜!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

背中を押さない、留学説明会

/ 4 Comments

こんばんは、きあです。

ブラ熊の説明会が今日、終わりました。

開始からちょうど1ヶ月。

沖縄から始まり、佐賀で幕を閉じた怒涛の全国10都市ツアーでした。

IMG_2807

@沖縄

 

 

ツアーを終えた感想といえば、疲れたということくらいでしょうか。

あとはやはり、毎日のように一緒にいたメンバーと会えなくなるのは寂しいッ(>_<)

 

はい。

冗談はさておき、真面目な話に戻りましょう。

 

IMG_2909

90度すべり台@佐賀

 

 

 

この説明会を通して、私はどうやら考え方が変わったようです。

 

今までの私は、「留学しようかしら」と迷っている人に対して必ず

「とりあえず、いっちゃいなヨ」と答えていました。

そうして背中を押されてキラキラ目を輝かせる高校生を見て、満足していました。

 

が。

 

今回の説明会の内容はざっくり言うと留学のキラキラした面だけではなくて「現実」も見せようということでした。

 

 

道が二つあるとします。

一つは国内進学、もう一つは留学。

 

私たちの役目の一つは、「留学」という道もあるよと教えること。

 

ただ、この「留学」の道に進んだ人は口を揃えて素晴らしさを語ります。

悪い面よりかは、良い面を。

国も、やれグローバル人材の育成がなんだ、などと留学を推奨しているようですね。

 

そこでわたしたちは疑問に思ったわけです。

なんだか、「留学」が必要以上に美化されているのではないか。

「留学」という言葉と、それに伴う輝かしいイメージが一人歩きしているその事実は、

渋谷のタコベルで行列ができた、というニュースと同じくらい違和感を覚えてしまうものです。

IMG_1086

 

 

「とりあえず、留学してみなよ」

要は、メッセージとして一番楽なのです。

ブラウン大学の魅力は?なんて聞かれたら私はいくらでも答えられる自信があります。

でも4年間の留学はきっと、「とりあえず、行ってみなよ」というには決断が大きすぎる。

 

お金はかかるし、リスクもある。

そもそも、他の選択肢だってあるはず。

 

例えば短期留学もあるし、交換留学だってあります。

アメリカじゃなくたっていいはず。イギリス、インド、どこでも。

 

 

高校生の時の私はというと、「なぜ他の選択肢じゃないのか」と聞かれた時、

何かと理由をつけて回避していました。

 

「日本の大学はしっくりこない」

「短期留学だったら物足りないんだ!」

「アメリカでは色んな国籍の人と出会える」

 

 

でも、別に日本の大学の授業を見に行ったり、きちんと調べたわけではないです。

一部の先輩の話を鵜呑みにして日本の大学はつまんなそうと結論付けていただけだし、

アメリカの大学についても「留学しよう」と決めた時には具体的なイメージなどもっていませんでした。

 

留学をしたいと思った動機の根本にあったのは、ただ「かっこいいから」、そんな憧れ。

でもそんなんじゃ周囲に納得してもらえないから、後付けをする。

 

 

だからひたすら「留学だ!」「4年間アメリカの大学に行くんだ!」と決め込んでいた高校生の時の私は、

母にこう聞かれた時にはドキッとしました。

 

本当に行きたいの?

 

と。

 

一度決めたから後戻りできないと思って、進んでいるだけなのかもしれない。

そもそも、ぼやぼやした形のないものを追いかけて。

 

 

だから今回のツアー。

むやみに、背中を押さない留学説明会。

 

「留学に行きたいんだ!」という人に対して

そうじゃなくて、一回、肩を掴み

 

なんで、留学したいの?

しなきゃいけないの?

 

 

留学生活の素敵な部分だけでなく、現実も伝えることで

そんなことを考えるきっかけになっていたら、嬉しいです。

 

全国の会場の皆様、いらして下さった皆様

ありがとうございました。

また、会う機会があれば。

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

 ↑ クリックお願いします〜!

 

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


1年目を、3行で振り返る会

/ 0 Comments

はろーきあです。

タイトル通り、

ブラウンで1年目とった授業を、それぞれ3行でざっくり振り返ります。

 

前期

 

1. Principles of Nutrition (栄養学 入門)

Extra Virgin Olive Oil と冷凍保存された食べ物を終始ごり押しする教授。
ダイエットをするためには、「とりあえず食べる量を減らしなさい」と身も蓋もないアドバイスが印象的でした。でも生物学的な切り口で栄養学にアプローチしていて全体的に面白かったです。

 

2. Perspectives on Social Interaction (社会心理学 入門)

課題で論文を大量に出され、一番苦労した授業。リーディングも多かった・・。いやーお世話になりました。

 

3. Introduction to Cognitive Science (認知科学 入門)

AI (人工知能) 、視覚、言語、など諸々。

数週間前、帰国する飛行機で映画 The Imitation Game を見て、

「おーこの授業で出た Turing Machine やんけ!」と感動しました。また後日ブログで紹介します。

 

 4. Science and Society in Darwin’s England (ダーウィン時代、イングランドの社会と科学)

生徒数18人くらいの小規模ディスカッションクラス。毎授業、1回は発言しなきゃいけないプレッシャー・・。宗教と科学の関わりも学べました。

 

IMG_1917

 

後期

 

1.  Introduction to Cognitive Neuroscience (認知脳科学 入門)

前期にとった、認知科学は「これこれこういうことが起きます」というコンセプトだけだったのに対し、認知脳科学はその時、脳のどの部分が反応し、などと脳科学が加わります。
非常に興味深く、1年目、一番好きだった授業!

 

2. Principles of Economics (経済学 入門)

評判悪いけど、個人的にけっこー面白かった。来学期も経済学、なにかとろうかしら。

 

3. Transforming Society – Technology and Choices for the Future – (社会変革 ~ テクノロジーと未来の選択)

いろいろな企業のビジネス面、テクノロジー面をHarvard Business Case Studyを読みながら分析。ちなみに、アメリカに来たら絶対に買おうと意気込んでいた遺伝子検査キット、23andMeがFDAから分析結果を一部規制されていると初めて知った・・。アスリートがたくさんの授業。

 

4. Globalization and Social Conflict (グローバライゼーションとソーシャルコンフリクト)

これにはちょっとドラマがあったのでブログでいつか書きます、多分。

 

 

もー最後の方、3行じゃないですね。

そして授業の名称の和訳が和訳ではないですね。

一応 Google Translate を使ったらSocial Conflict は「社会的葛藤」でした。

ついでに、今回ブラ熊 説明会のスローガン、翻訳すると

 

憧れよ、砕け散れ

I’ll longing, an informal Chile

 

 

相変わらずギャグセン高いですね。ツッコミを入れる気も失せます。

 

話を授業に戻しましょう。

 

まとめ。

すごーく種々雑多な授業をとっているようですが、

経済学にしろ、認知脳科学にしろ、わたくしはどうやら物事の仕組みを知るのが好きらしいです。

なぜそれが起きるのか。っていう。

 

そういえば、中学か高校で初めて物理を習った時も、物が落下するたびに

「おー!mgh が1/2mv2  に!」

と、ひそかに感動していました。

 

一見関係なさそうな授業であっても、根っこでは繋がっているようですね。

よかったよかった。

 

 

では、さようなら〜

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

 ↑ クリックお願いします〜!

———————————————–

『ブラウンの熊たち』は今年の夏、全国を巡り説明会をしてまっせ。

参加のお申し込みはこちらから(-v-)

席に限りがありますので、お早めに!!

説明会のご支援をして下さる方は、こちらからお願いいたします。

—————————————————-

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

アンケートって面白い

/ 0 Comments

どもども

お久しぶりです、きあです。

今日、大阪の説明会が終わり、久しぶりに帰宅しました。

これで 沖縄、京都、名古屋、を含め4会場で説明会が終了。残り9会場です、いえ〜い

 

今更だけど、説明会キック・オフ!の写真。各々のパートをぶつぶつ練習するメンバー。ただの変な集団です。

IMG_2801 (1)

左上から時計回りに けんた、かのさん、かな、そして一人元気なまさひろさん。

 

 

で、説明会で気づいたこと第一弾。

アンケートって面白い

 

今回の説明会では、全会場にアンケートを配布しています。

一枚、片面印刷の本当に簡単なアンケート。

 

 

もちろん、コメント欄を空白のまま提出する人もいるけど

その一方で胸が熱くなるようなコメントをする人もいるし、

たった一人の参加者の言葉によって、今回の説明会のメッセージを変えるか否かの議論がブラ熊内で始まったりもします。

 

個人的な話をすると、いままでアンケートなんてメモを取るための裏紙にしかならなかったし、記入したとしても「面白かったです」とかってテキトーに書いていました。

 

でも、逆の立場、アンケートを出す側になって、空欄の状態のコメント欄をみたりすると
果たして私達がその人に何か伝えることができたのかなんだか不安になる。

Screen Shot 2015-05-31 at 9.30.41 PM

アンケートの一部

 

「その他の意見や感想」

その下にある小さな枠のうしろには私達がいて、
毎会場、説明会が終わった後それを一枚一枚読んでいて、
会場にいた人の言葉とか想いだとかがこちらに届く。

なーんて素敵なことなんでしょう。

.

別にアンケートに限った話ではなくて、

例えば実際にプレゼンテーションをしているとき、観客の様子はこちらからかなりよく見えています。

だからやっぱり、すごく真剣に聞いている人の顔は覚えやすいし、つまんなそうにしている人は目立つ。いやー改めて学校の先生とかはすごいなと思いますね。

つまりはアレです。

片面印刷のアンケートのうしろにも、目の前で繰り広げられているプレゼンにも「人」がいる。

逆の立場になって改めて気づかされました。忘れちゃーいけないですね。ちゃんちゃん。

 

おまけ:

説明会 舞台裏を激写!!

IMG_2815 (1)

ブラ熊の代名詞ともいえるKDM – Ketsuron no Denai Meeting – (結論の 出ない ミーティング)

.

IMG_2808

パジャマDE 練習 けんた

.

IMG_2840

ミーティング・・とみせかけて、全く関係ない、難問のなぞなぞを解こうと奮闘中

 

.

 

というーわけで

旅はまだまだ続くわYO

IMG_2827

京香、けんた、かな

.

 

ぐっばい。

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

 ↑ クリックお願いします〜!

———————————————–

『ブラウンの熊たち』は今年の夏、全国を巡り説明会をしてまっせ。

参加のお申し込みはこちらから(-v-)

席に限りがありますので、お早めに!!

説明会のご支援をして下さる方は、こちらからお願いいたします。

—————————————————-

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


20歳。

/ 0 Comments

5月8日

二十歳になりました。

IMG_2773

 けんたとかのさんからカップケーキをもらいました、いひひ の図 

 

ちなみに、まさひろさんからは雪の宿をもらいました。せんべいですね

で、前日からこの誕生日の迎え方を考えていました。

思考プロセスはいたってシンプル。

 

19歳と20歳の間は、忘れられない日にしたい。

何か特別なことをしよう

よし、図書館に泊まろう。

というわけで、この写真の前の日、10代最後の夜は大学の図書館で過ごしました。

図書館は24時間、営業しているので大丈夫です。

   < 誕生日前日 >

5月7日

 

あ、図書館に行く前、夜10時半に呼び出され、サプライズをしてもらいました

05.07.15 dark

暗すぎて何が何だか。

 

嬉しいけどこの日は誕生日じゃありません。前日です。

深夜までまだ時間もあるし、なんだか複雑な心境でした。

風船ももらったのですが、

堂々と書かれていたのは “Happy Mother’s Day”(母の日おめでとう!)の文字。

「誕生日の風船じゃないじゃん」とツッコんだら、よく見てよ、と言われました。

よく見たら確かに、手書きでほにょほにょ書き加えてあった。

IMG_2761

写真はあとで撮ったものです

 

“Happy Future Mother’s & Birth Day”

(未来の)母の日(と誕生日)おめでとう!

 

・・・。

 

うむ。

ちょっと肌寒い夜。芝生の上で600カロリーのミルクシェイクをすすって

あー、この人たち好きだなぁ としみじみ思いました。

そのあと一旦、部屋に戻りベッドシーツを取りに行き、図書館へ。

地下の一角にある仮眠用ベッドに、寝転がる。

 

 

IMG_2756

風船もちゃんと持って行きました。

 

 

ベッドはかたいし、部屋の明かりは点きっぱなしだし、案外寒い。

寝心地は最悪です。

シーツを頭にかぶって、一人で笑ってしまう。

今日は素敵な日だったな。と

 

19歳も残り数分。

で、

ふと考えました。

 

「貞広貴亜」の人生を年表にしたらどうなるのだろうか。

1歳

2歳

3歳

例えば 14歳だった私にとっての、一大イベントはなんだったのだろうか?

どんなことを考えていたのだろうか?

6歳は?17歳は?

うーん。

 

全く、思い出せない。

そう考えると、「2週間前には何をした?」という質問にすら、答えられない自信がある。

 

寝返りを打つ。

背中が痛い。ついでに肩も痛い。

—–

 

私はそもそも恐ろしいほど過去に執着しません。

というか、まず記憶力がない。

 

振り返らず、ただただひたすら前に、前に。

周りから言われる「生き急いでいるみたい」というコメントですら、褒め言葉に聞こえてしまう。早く成長したい。早く早く早く

 

だからこそふとした瞬間、流れていく時間の速さに気付き、たまに怖くなります。

ついこの間まで、外で息を吐けば白く残ったのに、今ではちょっと汗ばむくらい。

冬だと思ったら春になっていて、高校に通っていたと思っていたら、いつの間にか20歳になっている。

 

その間、自分は何をしてきたのだろうか。

 

ブラウンでの生活も、いつか終わる。

でもそれにも気付かないふりをして授業に行って。テストを受けて。

過去を積み上げて「自分」はできているはずなのに、

何をして過ごしてきたのかが思い出せない。

  

そもそも、ちゃんと何かを積み上げられているのだろうか。

 

前に、前に。

振り返らないあまり、自分が何によってできているのか、分からない。

時計を見ると深夜を過ぎている。

 

< 誕生日 当日 >

5月8日

 

場所はまだ、図書館。ベッドはやっぱり寝心地が悪い。

 

 

ふむ。

よし、今年の抱負が決まった。

ずばり、1日1日を大切に、です。フツーですね。

20歳になった私は、日記を書こうと思います。

寝る前に必ず、1行書く。いや、一言でもいいや。

基本的にこういうのは3日坊主どころか1日も続かない人ですが、ここで宣言してしまったのだからしょうがない。

そうやって、1日1日を積み重ねることで、あとで振り返った時に自分を作り上げているものが何なのか知るヒントになるだろう。そう思います。そう信じておきます。

とりあえず、19歳と20歳の間のキーワードは 図書館、かたいソファ、母の日の風船。ですね。

 

そういや、デール・カーネギーがこんなことを言いました。

 

人生とは、今日一日のことである。

– デール・カーネギー

 

 

誕生日だけじゃなくて、今日もきっと特別な日に。

 

さて日記はいつまで続くかしら

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

 ↑ クリックお願いします〜!

———————————————–

『ブラウンの熊たち』は今年の夏、全国を巡り説明会をします。

参加のお申し込みはこちらから(-v-)

席に限りがありますので、お早めに!!

説明会のご支援をして下さる方は、こちらからお願いいたします。

—————————————————-

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

虎に追いかけられたら人は、走る、いずれ。

/ 0 Comments

ども、きあです。

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

そうですか、それはよかった。

 

 

私はというと、明日までに提出しなきゃいけない認知脳科学のペーパーがあります。

が、まだ一切手をつけていません。

どうもやる気が出ないので、ブログを書いています。

 

 

やる気。

 

 

よく、「すごい人は年中無休やる気がある!」

と思っている人がいるみたいですが、そーんなことはないと思います。

常に全速力だと疲れちゃいますし、例外といえば、松岡修造くらいでしょう。

でも彼もきっと昼寝くらいしますよね。

 

じゃあ

やる気が出ない時、どうするか。

ここからは、きあ論が目白押しなのでお気をつけください。

 

 

まずは「やる気の出る言葉」をGoogle で検索すると

 

「時間をどんだけ無駄にしてるんだ ! さぁ立ち上がれ」

「やる気なんか待たずに! さぁこなすんだ!」

 

というような熱い言葉が見つかります。

 

でもなぁ。という話です。

それでよっしゃー!と気合が入ったら苦労しません。

 

私のポリシーは逆で、ずばり

「やる気がなかったら、やらない。」

 

あー今日はだめだと思ったら時間が過ぎていきます。

急に普段やらないことをやり始め・・。

おっと、映画でも観るか。部屋の片付けでもするか、と

やんなきゃいけないとわかっているのにやらない自分に余計、焦る。

あるある、ですよね。

でもきっとこの状態に陥るのって、下の図のBの時期だけじゃないかしらと最近思い始めています。

Screen Shot 2015-05-03 at 11.01.58 PM

きあ作。 

 

その名も「やんなきゃいけないんだろうけど、やらなくてもまあ害は無い時期

で、気付いてしまったわけです。

どっちにしろ、やる気のない時 (B) にやってもはかどらないので

そんなら締め切り間際 (C) に恐ろしいほど集中して終わらせたほうが効率いいじゃないかしら、と

 

 

私の中で

課題をこなすってのは、虎に追いかけられているイメージで 。

 

虎が迫り来る締め切りですね。

で、

本気であかんと思ったら人はきっと、走るんです。

すぐ後ろにトラがいて、「あぁやる気でないわぁ」とかいいながらお茶をすすっている人なんていないですよね。

Screen Shot 2015-05-03 at 11.31.26 PM

ただこの「危機感」をもつタイミングが人それぞれ違うだけで。

コツコツできるような人間はきっと双眼鏡をもっていて、

「よし、200m後方にいるからこのペースで走ろう」と計画して走るのですね。

 

 

一方で、1m以内にトラがきて、つまり締め切り前夜になってようやく、

「おっと、そろそろ走るか」となって猛ダッシュする人もいます。あれ、身に覚えがありすぎる。

 

一般的に、コツコツするのが良いと言われているけれども、全員が長距離を得意としているわけはなくて〜

短距離が得意な人もいるのだから、自分はどっちが得意なのかを知り、

どのタイミングで走り始めるか、自分なりの距離感を掴むことが大事なんじゃないでしょうか。どうでしょうか。

 

だから

「なんでやる気が出ないんだぁ」

「なんでコツコツできないんだぁ」

と嘆くことはないんじゃないかと思います。

やる気は、出ないもんは出ない。

と一旦、潔く諦めるのもきっと一つの方法。

 

やる気のない時にだらだらやってもしょーがないので

部屋の掃除がしたくなったらとことんし、ブログが書きたくなったら納得するまで書いて。

で、自分のペースで始めればいいんじゃないかなぁ

 

きっと焦っちゃあいけない。

大丈夫。

やる気はその内、絶対出る。

 

 

という絶大な自信をもって、

過去の自分の怠け具合を責めたくなったり、

たまに虎にかじられたりもするけど

これからも自分のペースで、行きまっせ。

 

ひっひ

そんなお話。

ペーパーはちゃんと終わらせます。

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

 ↑ クリックお願いします〜!

———————————————–

『ブラウンの熊たち』は今年の夏、全国を巡り説明会をします。

参加のお申し込みはこちらから(-v-)

席に限りがありますので、お早めに!!

説明会のご支援をして下さる方は、こちらからお願いいたします。

—————————————————-

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


ご飯はほんとにまずいのか

/ 2 Comments

私は気付いてしまった。

今学期、ブログを書くのは今回を含めてあと3回。

うむ。

そーなると、1年生のうちに、くだらないネタを出しきらねばならない。

というか今日は文章が書けない。

 

というわけで今まで溜め込んできた写真を使うべく、

皆さんが気になっているであろうアメリカの食生活を大公開!

 

IMG_1265

飲み放題よ。

 

ブラウン大学のミールプラン (食堂のシステム) はなかなか複雑で、

ざっくり言うと1日3食、$7.05相応の「どこの食堂で食べてもいいよ」券がもらえるプランやら、普通にデビットカード的なノリでお金として使えるものやら何種類か細かく分かれています。

IMG_0934

とある日のブランチ。目玉焼きにかかっているのは醤油

 

食堂は何種類かある中、主なのが二つあって、食べ放題です。Freshman 15といって親の監視から抜け出した学生がピザとかを調子にのって食べて、1年生で15パウンド(約7キロ) 太ると言われています。いやーこれ多分けっこー、嘘じゃない。

 IMG_1264

果物もあるわよ。りんごはいつもテカリ過ぎだけど。

 

 

食べ放題というと聞こえが良いですが、料理がしょっぱい&まずいので最終的に1学期の終わり頃はサラダが主食な生活になりがちです。

 

 

冷凍された白米とか、インスタント食品は今まで全く口にしてこなかったのですが、

ここにきて、日本からもってきたインスタント味噌汁で感動するようになりました・・。IMG_1260

ソフトクリーム機

 

 

IMG_1263

ワッフルの機械。

 

あと、出来立ての卵を作ってくれる人がいます。

オムレツか目玉焼きかスクランブルエッグ。

 

卵が出来上がったのになかなか取りに来ない生徒に対して、

おばちゃんの「Pick Up!!! (取りに来いや! )」が毎朝食堂に響き渡ります。

今日も平和だ。

 

 

結論:

うぇすごいマズいって訳ではないし、慣れます。

ただ美味しくない。

海鮮類とUmami成分を長い期間摂取しないので・・。

あ、でもオレンジとか果物はそれなりに美味しい。

 

アメリカ人はピザばかり食べているイメージだったけど、

案外みんなサラダを食べたり、ソーダではなく水を飲んだりと、健康意識は高いので

なんで食堂がこんな感じなのか不思議です。

 

食事がただの栄養摂取であっては悲しいので

どーにかして変えられればいいけど。

 

はい

 

以上。

ぐっばい!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

 ↑ クリックお願いします〜!

———————————————–

『ブラウンの熊たち』は今年の夏、全国を巡ります。
説明会のご支援をして下さる方は、こちらからお願いいたします。

—————————————————-

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

選んでいるのは自分?

/ 0 Comments

えーまずは

ブラウンの熊たちのブログ、次回の記事から

新ウェブサイトに 完 全 移 行 です!!!

 

ブックマークは新ウェブサイトに!

しなくても、URL、非常に覚えやすいです。

Burakuma.jpn.com/blog

どうぞよろしく

 

ケンタが一から作り上げ、かのさんがこれまた非常に手をかけてデザインしたウェブサイトです。

一時、閲覧できない時がありましたが、もう大丈夫です。失礼致しました。

では本題に入る前に、

簡単にウェブサイトの素敵機能をご紹介しましょ〜

タグ!

 mexico 2

 

ジャンル分けされています。

他にもタグの良い案があれば、お問い合わせフォームへ!

お問い合わせフォームでは、

「これやったら?」という新企画の案、

ブログ・説明会・ウェブサイトを含め、ブラ熊の活動に対してのコメント、

ファンレター

などなど、なんでもどうぞ〜

今の所、どなたからも来ていないので、良かったら是非:D

 

検索ボックス!

莫大な量の記事の中から、「あーあの記事なんだっけ・・。」という時に便利です。

 

 

「メンバー紹介」もありますよ

個人的に、マサヒロさんの「カラオケの十八番」に対する答えがツボです。

 

ーー

 

 

さて。

今回はだいぶ今更ですが

一ヶ月前の春休みに行ったメキシコ旅行の話をしましょう。

 

私は1週間ほど、メキシコシティにいました。

基本的に春休みといえば人々はフロリダや、メキシコであってもビーチに行く人が多く、メキシコシティに行く人はほとんどいないです。遠いしね。

 

そうして、メキシコに行くことが決まりました。

よし、まずはどんなところなのか調べよう。

ワクワクしながら検索したら・・。

mexico 1

ん、んんん・・?

一番最後の単語がちょと気になりますが、見なかったことにしましょう。

行ってみたら、やはり刺激的でした。

 

まずは食べ物シリーズ

ココナッツ 、Nopales (サボテン) やChapulines (バッタ)など珍しいものがたくさん!

IMG_2314

IMG_2295

遠視の人の見え方を見事に再現したブレッぷり。

 

IMG_2308 バッタの写真はなかなか強烈なので小さいサイズで。

 

 

 

そういえば、ホテルのテレビも変だった。

このテレビ、毎朝、勝手に電源がつきます。

しかもこれがまたどう頑張っても設定が変わらない。恐ろしい

IMG_2192

ボリュームは小さめと、そこは気を使ってくれる。なんやねん。

恐ろしい、といえば観光ガイドのおっちゃんも恐ろしかった。

 

IMG_2202  ーー>  IMG_2200

「そう、でこのピラミッドがね.. こうなんというか..」

説明が白熱し、挙げ句の果てにはハンドルを両手離し。

いやーヒヤヒヤしました。

でもかなり仕事熱心な方でした。

IMG_2214

撮影するおっちゃん

 

IMG_2225

写り込むおっちゃん・・・

 

とまあそんな感じで他にも美術館に行き、バレエを見て、一回変な人にも追われましたが

そんな中、今回の旅で一番思ったことを。

メキシコの公用語はスペイン語ですが、私は全く話せないので完全に友達に頼っていました。

で、例えば飲み物を注文するにしても全然わからない。

「サイズ、どうしますか」という質問ですら友達の方を向いて助けを求めるというありさま・・。

 

なんやこの気持ち。

なかなか、悔しい。

 

確かに楽しかったけど、3日目くらいから「アメリカに帰りたい・・」と思い始め、

英語を話す人に会うと、ものすごく親近感を覚えました。

 

で、ふと。

留学ってこういうことなんだろうな、と。

 

よく留学は

comfort zone – 自分の居心地の良い場所 – を抜けること

 

と表現されたりします。

そんで私はずっと「留学」という言葉に対して違和感を持っていた。

.

「留学してるの?」と言われると必ず

「ん〜 ブラウン大学に通っています。」と答えたりして。

.

「留学」には、どこかに拠点があって、そこから出るようなニュアンスがある。

しかも、それは短期的で、一時的であるような。

「挑戦」とかそーんな意味合いも漂っている。

.

で、ブラウンでの今の生活は「留学」なのだろうか?

私にとってはきっと、違う。

.

英語も苦労していないし、ある程度文化も知っている。

コンフォートゾーン内だ。なんだかんだいって心地よい。

IMG_2343

メキシコの大学。

 

例えばここに果物屋さんがあったとする。

並んであるのは

りんご、メロン、オレンジ。

 

それが例えば、日本の大学で学部を選ぶようなことだとする。

 

SFC (中学高校の母校)の私の学年で海外大受験した人は私一人。

他のみんなは慶應の学部を選んでいる。いくつかある果物の中から選んでいる。

でも自分はどうだ、果物屋には目もくれず、「アメリカ」という名の肉屋に行った。

さも自分は一人レールから外れて進んだような気になって。

.

でも、私は小学校の頃にアメリカに住んだことはあるし、兄もアメリカの大学に行った。

つまり肉屋であっても、店主とも会話できる。肉がどうやって売られていて、どうやってお金を払うかもわかる。

.

自分で道を切り開いたかのように、自分で選択肢を作り出したかのように思うけど

実際のところ環境とか周囲によって作られた枠の外には出ていない。

肉屋であっても、貞広コンフォート村 という枠の中にあるお店であることには変わりない。

.

だって、例えばメキシコの大学に行くことは考えたこともなかった。

メキシコに行くことはつまり、お店に行って何か買おうにも、会話はできない。何が売られているのかも分からない。しかも、店頭にはバッタが置いてある。そんな状況。

文化も違う、言語も違う、そういうところで学んで成長することをきっと人は留学と呼び、挑戦であり、コンフォートゾーンを抜けることなんだろうなと。

 

 .

.

 

どの大学にする?

どの学部にする?

 .

りんご、メロン、オレンジ。

 ,

3つのうち、どれにする?

そこからりんごを選んだとして、

果たしてそれは本当に自分で自由に決めているのだろうか。

結局は、与えられた選択肢から選ばされているだけなのかもしれぬ。

.

マンゴーでもいいはず。

果物じゃなくてもいい。

というかそもそも、食べなくたっていい。

,

なのに、分かっていても、囚われている。

きっと、いつも。

.

うん。どうやったらメキシコからこの話になったのかよくわかんないけど、

そんなことを思ったわ。

だめだ眠いので、一旦投稿して明日編集します・・

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^


2015年度全国説明会ツアーの協賛金を募っております。
ご協力よろしくお願いします!リンク;http://burakuma.jpn.com/donation

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

1クリックよろしくお願いします!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


Re:

/ 1 Comments

 

Re:「やっぱり自分のこだわりは捨てたくないんだ。」

CC: 今までのメンバーがいなくなり、寂しくなっている読者のみなさん 

  

かのさんの記事を何度も読んだ。

ずしりと、心に刺さるものがあった。

  

世代交代して、ブラウンの熊たちは、なんか違う。

違う、ではなく。なんか違う。

  

ドラえもんの声優が変わり、ドラえもんがドラえもんじゃなくなった、あの時のように。

ブラ熊のFacebookページに新しい「いいね!」が増える一方で、少しずつ減っていることが、その「なんか」のもつ違和感を物語っている。

  

「同じであり続けることなんてありえないし、変えてもいいんだからね」と先輩方には言われるけど、これほど難しいことはない。

既存の組織に、変革を起こす。

今までとは違うことがしたい、と意気込んでいた。でも同時に、今までのブラ熊を読者として知っている分、団体としてある程度ベースが固まっている分、やりにくいったらありゃしない。

  

で、結局

ドラえもんの大山のぶ代に執着しているのは、どうやら私もみたいだ。

  

劇的に変わるわけでもなく、変わらないわけでもなく、

今のブラ熊は、すごく中途半端。

  

   

そもそも私は、このブログ「ブラウンの熊たち」のファンだった。

  

アメリカの大学進学を考え始めて、高校生だった私はテキトーに、アメリカ大学ブログランキングで1位になっていたこのサイトに飛んだのであろう。

  

「ブラウン大学のクレイジーな日常をあなたに届けるぜ!」

がまず目に入った。

なんちゅう説明文だ、意味不明である。もうその瞬間から心を掴まれていたのかもしれない。 

   

他の留学ブログも読んだけど、全部真面目すぎたり、つまんなかったり、なんか書いている人たちが「遠かった」

  

で、最終的にブラ熊に戻ってきた。

   

このブログは正直、純粋な留学の情報源としてはあまり役に立たないし、例えば父はライス。僕はナン。の記事なんて留学の「り」の字もない。今では、情報を求めるのであればもっと良いサイトがあるので是非それらをお勧めしたい。

  

じゃーなんで読み続けていたのか。

  

留学云々ではなく、メンバーが好きだった。

ちょっと色が強すぎて、このまま読み続けたら染まりそうだなと思って読むのをやめた時期もあったけど笑 

   

一番「素」だな、と思った。

  

読み始めたらどんどん惹かれて、なるほど、この人たちはブラウン大学に通っているらしい。「ブラウン大学ってどこだよ」から、そのうち大学も好きになっていった。

 

 何様だと思っているんだと思うときは多々あるし、深く考えすぎだろ、と思うこともあるけど、やっぱ好き。それは変わらん。

 

IMG_2486

ミーティングの様子。「ミーティングしてる風にお願いします!」と注文したら、こんなことに…。

左からケンタ、かのさん、たかさん、かな、きょうか、まさひろさん

誰一人としてリクエストに応えていないのは、言うまでもない。 

   

最近ブラウンにきた高校生に、

  

「ブラ熊はどういう団体であって欲しいですか」と質問されて、答えられなかったことがあった。

  

あれからずっと考えて、今更答えると、

これからもブラ熊は「素」でいて欲しいし、

ありのままのクレイジーな日常生活を伝えていきたい。

  

なんか身近。んでもって、ちょっとどこか変

すごいなぁと思ってくれる読者がいれば、そう思ってくれればいいし、超えられそうだなと思うのであればそれでもいい。

  

一周も二周も回って芸のない答えになったけど、そんな感じです。

    

  

「あの時のメンバーは個性があってよかった」

と思う方もいらっしゃるかもしれない。

  

ふむ。ファンとして激しく同意である。

でもそれじゃ前に進めないので

ここで改めて新メンバーを紹介しましょう!

   

突然ですが

きあによる(雑な) 新めんば~しょうか~い 

ひゅーひゅー 

   

えーまずはー

カナ。

彼女を嫌いになる人はいるのだろうか。いや、そんな人はいまい。

いるだけで場が4倍明るくなる。一家に一人、いや二人いても良いくらい。

  

ケンタ。

ただのオタク。もはやただのコーヒー。でもあなた、いいお嫁さんになると思うわよ。

   

ゆう。可愛い顔して、さらっと毒を吐くから好き。発言の予測不能具合はプロビデンスで五本指に入るであろう。

京香。心の広さは草原のごとし。コーヒーをこぼした時、とっさに ”I got this” と言い放つ、そんな動じなさに拍手をおくりたい。

 

 まさひろさん。前日の夜に購入した、冷え切ったビビンバを朝のミーティングに蓋無しでもってきたのには流石に驚いた。「蓋は風で飛ばされた」と笑顔で報告するからもうなんというか…天然である。

   

はい。

紹介というかイジる会になってしまった。

クレームは受け付けていません。

   

てなわけで

みんな、個性がある。

    

世代交代して、今のブラ熊は「なんか違う」のかもしれない

     

でも!

しかし!

もうちょっと待って頂きたい。

    

そのうち「なんか違う」が 「おぉ、違うな!」に変わるように。

読者が、タイトルを見ただけで、誰が書いたかわかるように。

    

もうあの時のブラウンの熊たちじゃないけど、

それでも、今の私たちが加わって、ブラウンの熊たちでっす

    

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

 ^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

2015年度全国説明会ツアーの協賛金を募っております。

ご協力よろしくお願いします!

リンク;http://burakuma.jpn.com/donation

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

1クリックよろしーくお願いします!

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

甘くて切ない、休校日。

/ 2 Comments

ども、きあだす
明日は大雪で休校です。今学期2回目。

   

あっさりと「休校」と言っていますがこの発表の裏では

J君とMr.Cによるアツいドラマが繰り広げられていたのでした・・・。

前回のブリザードの様子。カメラのレンズが汚いわけではありません。

 

実はかなが前、話題にしていた休校日の数日後
また大雪の日がありました。

  
ロードアイランド州の多くの学校が休みになる中、

ブラウンでは休校になる気配があまりない・・ということで
 

とある生徒  J君 が署名を集めて、ブラウン大学のMr.C (偉い人)

「ちょっと、大雪みたいだから学校休みにしてくんない?」

とメールを送ったことが、巷で噂になっていました。

 

すると、Mr.Cからこんな返信が。
 
※和訳は下にありますが、てきとーすぎるのでなるべく原文で読んで下さい。
名前は一応、伏せてあります!
 

和訳:
 —

J君へ
 
 

28年間ブラウン大学に所属している一員として、
これほど力強く、興味深い申し出を受けたことはないよ。

過剰な量の感嘆符、でも非常に適切な言葉の選び方。
「寒すぎてクラスに行けない」という主張とともに伝わってくる
「とりあえず外で遊びたいから休みにして」という真の意図。

私の一番好きな部分「but c’mon!」も全部ひっくるめて、
休校日にして欲しいという君の主張には説得力があるよ。
 
 

ただ、見る限り(署名した人のうち)10人の生徒は
「どちらともいえない」という立場を取っているね。

分かると思うけど、その程度の意見の一致具合なのであれば、
ブラウン大学が「全校生徒に納得してもらえるだろう」と自信をもって決断を下すことは到底出来そうにない。

  

だから申し訳ないけどデフォルトに基づいて明日は通常通り授業を行うよ。
君と、君の申請に署名した825人の生徒達が時間をみつけてブラウンでのWinter wonderlandを楽しんでくれるといいな。
それと同時に君たちが楽しめるよう、いつも以上にがんばって
美しく安全にキャンパスを保ってくれている雪かきの兄ちゃん達や食堂の人たちに感謝して下さいな。

  

私のこの返信と、今から紹介するところどころアレンジを加えた、でもこの場にふさわしいAlma Materの言葉、両方とも皆に公開してもいいよ。

  

“The happiest moments of youth’s fleeting hours,

We’ve passed, ‘neath the shade of these time-honored walls,

And sorrows as transient as [April’s brief showers] February’s epic snowstorms

Have clouded our life in Brunonia’s halls.”

  

 

Mr.C より

 —

  

最後の詩っぽい部分は諦めましたが、にしても和訳がひどい・・。

こりゃ翻訳家になれそうにないわ。 

   
まいいや
  

なので休校にはなりませんでした。
が、J 君の行動力や Mr.Cの素敵な返信は生徒の間で一時、話題になりました。

 

前回のブリザードの様子2。ほんとにレンズの汚れじゃないです。

   

    

さて
時は過ぎ、今日。

    

なんとMr.CからJ 君宛に突然、一通のメールが・・!

   

“I wanted you to be the first to know- administrative offices closed and classes cancelled tomorrow. Official notice coming out shortly.”

  

「しばらくしたら公式に発表しますが、明日ブラウン大学は休校です。

君には一番最初に知ってもらいたくて。」

   
 
 なんてこったですね。

公式発表よりも先に彼に知らせるっていうのが素敵です。

こういう感じ、ほんと好きです。

   

たった一人の生徒がこんだけ影響力を持ち、
その生徒のために冗談を交えつつ(というか全面的に冗談で固めて)真摯に対応する大学の偉い人たち。
こんなアツきドラマがあったとは(;ω;)おぅ
 
 
めでたし、めでたし。

   
 

 

あ、ちなみに

雪で休校になった時、人々はこんなことをしたりします:

 

何やってんの君たち 
 
   
 

近所の少年2人も乱入

 
  

そこら辺の坂道でスキーをする人は結構います。

 
  
 

 おなかで滑る人もちらほらいます。これは私ですね。
 
 
  

背中で滑る人はあんまいないです。これも私ですね。

 
  
ほんと何をしているんでしょう。
 
 
ちなみに 
スキー板もない!
そりもない!
そんな絶望的な状況の人は、食堂からトレーを盗みます。

うっしし。良い子は真似しないでね

 
 

てなわけで明日は休校日です。

J君ありがとう。

ソリは我慢してちゃんと勉強します。

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

1クリックよろしくお願いします!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

Pages: 1 2 3 4 5 6 7

separator