divider

Archive


環境はわりと大事

/ 4 Comments

どうもきあです。
今日はSuper Bowl でみんな盛り上がっていましたが
アメフトのルールが分からなかったので10分で部屋に戻りました。
  
さて、今回は1ヶ月ぶりにアメリカに帰ってきて思ったことを。
の前に話はさかのぼりー…
  
**
 
なんでアメリカの大学に行きたいの?

と聞かれた時私は「環境」と答えていたと思う。

   

「だって日本の大学では勉強しないらしいしぃー。

アメリカの大学ではなんかすごい勉強するらしいしぃー。そういう環境で自分を高めたい」

   

という説明を親や先生にしていた。

すると「でも日本でもしようと思えば出来るよね、勉強」と言われる。

   

ごもっとも。

そうなんだけど、そうなんだけどでも違うのよぉ… となってしまう。

  

もちろん全く説得はできなかった あうち。

   

    

人はどこにいっても変わらない、そんな言葉がある。

  

なまけものはどこ行ってもなまけるし、

出来る人はどこに行っても出来る。

    

大事なのは環境じゃなくて自分次第なのよ ということらしい。

   

 ここでもまた

そうなんだけど、そうなんだけど違うのよぉ現象が。

  

そんでやっぱり、上手く説明できない。

うーむ。
   

*  *

  

ではブラウンに通っている今、改めてなんで私は大学に行くのだろうか?

授業のため?

   

ブラウンでの授業は(いまのところ)めちゃめちゃ面白いっす。

んでも今の時代、ネットで簡単にしかも無料で世界中の授業を受けられてしまう。
edXとかでね。

 

世界各地の授業が受けられますー。東大もありますよー 
 
 

じゃあなんなんだ?

なんでブラウンに通っているんだ?

  

  

2学期が始まり日本からブラウンに帰ってきて一番思ったのが

「うぉっと!こりゃアカンわ」という気持ち。

 

寮のラウンジで勉強していたら夏のインターンの話が出てくる。

私の横で友達がカバレターや、レジュメを書いている。

  

まだ1年生だしインターンとかはまだいいやと思っていたからこれはけっこう焦る。

  

というか君、さっきまでゲームしてたやんけ。

その同じパソコン使ってゲームしてたやんけ、と。

 
 
ついでに2学期が始まってから2週間も経っていないのに課題が山ほどたまっている。

全く勉強しない日が2日でも続けばおいてかれているような気がして焦る。焦る。

毎日がテスト前みたいな感じで一日一日が濃い。

  

そういう人たちに囲まれたり、大量の課題に追われたりしていると
「なんかやんなきゃいけない病」にかかる。

私は慢性的なやんなきゃ病だけど、より一層。


サメ(右)に追われてクロールする雪だるま(左)。凝ってるなー。まさにこんな状況。

 
 

ただ日本に冬休み帰った時も別にそんなにだらだらしている訳ではなかった。

人と会ったり、日本の大学の授業に潜り込んだり、映画観たりとなるべくスケジュールは埋めた。    

でもやっぱりやらなくていいことはやらなかった。

冬休み中それこそedX の授業を受けるつもりだったけど一回もしなかった。

Rosetta Stoneでスペイン語を学ぶつもりだったけど、スピーカー設定のところで終わった。

 

   

強靭な精神力をもっていたら別だけど
一人で「よっしゃーやったるでー」となるのはなかなか難しい。

そういう意味でブラウンでは「課題」とか「周りの人」が私のお尻に火をつけてくれる。やんなきゃいけない病にかからせてくれる。

極度なめんどくさがりやの私はきっとそれが欲しくてここに来て、
その環境にいま一番魅力を感じているんだろうなぁ。

  

 

  

日本に行って、アメリカに行って

改めて環境って大事だなと。

少なくとも私はこの『環境』を求めて大学に行っていると思ふ。

  

ウェルカム ツー ブラウンユニバーシティー

常に何かに追われている。何に?

知らんけど、何かに。

それが楽しい。

 

*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^


1クリックよろしくお願いします!

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

ショッピング・ピリオドって何

/ 6 Comments

こんにちは。

 

気付いた方もいらっしゃるかもしれませんがブログの写真が変わりました!

改めて紹介しますとー

 

左から

トモチーニさん、きあ、ゆう、きょうか、タカさん、かな、かのさん、ケンタ

 

です!

 

新しい顔が増えましたがどうぞ宜しくお願いします(-ω-)v

  

 

さて、

今日はみんな大好き『ショッピング・ピリオド』についてです。 

きっと誰かがすでに説明していますが、改めて。

 

  

学期始めにクラスを決める時、参考になる要素の一つが

ショッピング・ピリオド

です。

 

このショッピング・ピリオドというのは

本登録する前にいろいろ授業を見て回ろう! の期間です。

学期が始まってから最初の2週間のことをさします。

     
  

まず2000以上あるクラスの中から口コミやらなんやらで、気になるクラスを大体決めます。

    

それらのクラスをまとめて「カート」という名のスケジュール表にとりあえず組み込んでみます。ショッピング・カートみたいにね。

クラスはそれぞれ例えば「月・水・金 の11:00-11:50」といった具合で

授業の日程が決められていて、重なってしまった場合赤く表示されます。

  

この段階では10クラスくらいカートに入っていますね。

1学期で3-5クラス取るので、さらーに絞ります。

 

んで絞るために授業をみます。
 

教授がどれくらい面白いかとか授業の内容がどんな感じかとかは結構大事で、

  

あとはシラバスが配られるので

・ 課題の内容(ペーパーなのか、プレゼンなのか、試験なのか、ディスカッションなのか、全部なのか

・ 成績の付け方

  

などなど色々確認します。

   

ショッピング中も授業はどんどん進み、課題もわんさか出ます。

今日も早速、経済学のクラスで19時までに提出の宿題がありました。

   

 
ただ、この期間中どういった授業も見にいけるので、

「本当に面白いんかいな」っていうような怪しげなクラスでも

いってみたら好きになっちゃった・・ということがおこる絶好の機会です。

     

食わず嫌いはよろしくないということですね。

なので明日「錬金術の歴史」という授業を見にいきたいと思います。

いやー楽しみです。胡散臭いけど。

     

   

< おまけ >

『プロビデンスは今』
~ 何となく雪の写真集 ~

降っとるでー降っとるでー
 
 

寒くても踊ります、頑張ります。
 
 

頭にのっているのが可愛い…(ω-)

 おっとこの雪はニセモノです。

泡みたいなのを機械で降らせていました。しかも場所は原宿

 

  

はい。

  

 

えー

文章の締め方が未だに分からない、貴亜でした。

  

また来週~

  

 ※ 『ブラウンの熊たち』Facebookページのカバー写真も更新されました!

愉快な写真が盛りだくさんのアルバム「最近のブラ熊②」も新たに公開していますー
Facebook ページは コチラ からどうぞ。

ついでにいいねも是非( – v -)

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

1クリックよろしくお願いします!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

テレビにちょいと出てしまったわ いひひ

/ 0 Comments

こんにちは。きあです。

先週から体調を崩していたのですが今日は特にひどいです。あたま痛し。

明日飛行機でアメリカに帰るのに.. うぅ

  

  

ところで!

高3の時からボランティアしているとこに取材が来ました!
  

「カルチャーセンター・YANESEN」では
外国人に日本の文化を知ってもらおう! 
  

 
茶道、書道、和食作り、俳句…

などなーど様々な体験プログラムが用意されています。

   
それぞれのプログラムを指導する師匠のような人がいて、
私は横で外国人のお客さんに通訳をするってな感じです。

お客さんに便乗して茶道ではお茶菓子がもらえたり、
和食作りでは天ぷらを食べられたりできるので非常によいボランティアです(^v^)

   

生パックンに会いました!きゃー  一緒に!私が!!映っているよ!!!(うしろ) 

 
 
 

今回は「俳句」のプログラム。パックンと!話しちゃったよ!!身振り手振り!!!
  
 
流れは:
そこら辺の外国人を捕まえてくる→ 何か思ったことを英語で言ってもらう
→ 私などボランティアが和訳 → 先生が俳句を作る

     

なぜか私も、最後に先生から一句頂きました。

  
  
お茶室の
障子明かりの
余白かな 
  

即興で作り上げてしまうのがすごいです
よく分からんけど貴亜句になってる… 笑
掛け軸ももらったから寮の部屋に飾ろうかしら。どうかしら。一躍人気者になれそう。

 

色々もらえるのももちろんよいですが、
「茶室のにじり口って英語でなんて言えばいいんだ・・!」
とか日本人としてひじょーに勉強になります。 

    

   
  
んでそもそもこのカルチャーセンターがある「ヤネセン」ってのは

谷中、根津、千駄木のエリアのことです。頭文字をとって谷根千。

東京の下町で、特に谷中銀座という商店街はもー本当に雰囲気が良くて素敵だす。

80円のコロッケとかが売られていますよー。THE NIHON って感じ。

 

猫もいっぱいいます。可愛いーーー! ちなみに私は犬派です。

  
 
 
1月18日(日)BS朝日 『いま世界は』午後6時-9時 

うっかり録画していた!という人は是非みてくださいいー

  

  

 
はい。
一時帰国した留学生はどのように過ごしているんだろう??
今回はボランティアを取り上げましたが、基本はグダグダしていました。
では次週はブラウンから。さようなら。


^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

1クリックよろしくお願いします!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

ギャップタームの過ごし方

/ 7 Comments

6ヶ月間、自由に使っていいよ

さあどうぞ。

  

と言われたとき人は何をするのでしょうか。

  

旅に出る、バイトをする、映画を見まくる…

どう時間を使うかで性格出ますよね、きっと。

   

私は日本の高校に通っていたので

卒業する3月から大学に入学する8月末までの半年間、暇でした。

いわゆるギャップタームですね。ギャップの期間でギャップターム。

  

私はというとその期間、大学の授業に潜り込んだり、ボランティアしたり。

教えるのがすごく苦手だと知りつつ塾の講師をやったら、

本当に嫌いだと気付いて数週間で辞めたり:D

    

いろーんなことをしましたが

中でも印象的だったベスト3を紹介します。そうします。

  

   

 3位

外資系コンサルタントのサマーインターン(2日間)

まあ無理だろうと思いながら一次試験を受けたら通ってしまいました。

  

参加者はほぼ東大生。ほぼ男性。そしてほぼ大学3年生か大学院生。

多様性はどこにいった、という世界です。

「筆記テストだけでとるとほぼ東大生になっちゃうんだよね」らしいです。

   

インターン中、森タワーのうんじゅう何階にあるオフィスから六本木を見下ろし、

数分の距離をタクシーで移動し、

麻布十番にてごちそうになったフレンチのフルコースで、三大珍味のうち2つを目の前にし、私の出した結論は
  
 

コンサルタント楽しそうだけど

こういう働き方は別に好きじゃないな、でした。

  
 

森タワーのエスカレーター前でIDカードをピッとかざしてウィーンとドアが開くのはめちゃくちゃかっこよかったけれども、2日目になってしまえばもう感動はありゃせんでした。

 

もらった物シリーズ

この違和感はなんだ、なんなんだ。

  

それは「ワークライフバランス?そんなものは無いよ」という
ばりばり仕事できそうな、独身女性社員の話を聞いたからかもしれないし

夜10時頃、帰宅する時、電車の窓に映る自分の疲れきった顔を見たからかもしれない。

   

   

他にも大手の新聞社でインターンという名の雑用をしました。

ここでもピってやるだけで開く自動ドアはやっぱりかっこ良かったけど、

この職場で働きたい!!とは到底思えませんでした。

   

  

なーんか結局わたしは「六本木でインターンしちゃっている自分」とか

「大手町で、ビルに囲まれてすたすた歩いちゃってる自分」に惹かれていただけ。

中身は空っぽ。

なんもない。
 
と気付いてしまいました。あれま。

   

2位

旅館の住み込みバイト

  

10日間だけ、日光の旅館でバイト。
ダニがいそうな社員寮に泊まりました。というか多分いました、ダニ。

 
最も印象的だったのは

すごく人気の旅館なのに働いてみて分かる、ずさんな経営….

 
経営者がバイトを募集しすぎたせいで、毎日1時間くらい何もしなくも良い時間があったり。(まあ働かずに給料がもらえるのでいいんだけれども。)

突然「うん、明日は働かなくていいよ」って言われたり。

いやー短期の住み込みバイトで休みをもらうことほど辛いものは無いっす。

 

それよりなにより

そこの旅館で初めて私はお皿を洗うという経験をし、布団のたたみ方を学びました。

  

し、色んな人と会いました。

狭くて汚い厨房で、従業員に「まずいんだよ」と悪口を言われながら
油っぽいまかない料理を作り続ける腰の曲がった料理人。

 
さっきまで料理人の悪口を言っていたくせに、英語の出来る私には「外国人のお客さんが来るとき、助かるわ。内緒だよ」と売店のチョコレートをくれる副支配人。

  
  

トイレ掃除を一緒にしたおっちゃんには「君だったら将来こんな仕事は一生しないだろうね」と言われた。 
 

自分でもそう思ってしまった。そうだろうなぁ、と。
頭は全く使わない。ただスプレーをして、表面を拭いて、「抗菌済み」の紙を便器にはさむだけ。現に数日前に来たバイトにだって出来てしまう。
   
  

一緒にこっそり天ぷらをつまみ食いした、同い年の正社員もそう。

高校を卒業してそのまま働くという進路があるんだ、と初めて気付かされた。

 

こんな世界があったんだ。
 
 
知っていたつもりだったけどその現実はすごく驚きで、すごく刺激的だった。

六本木とはまた違った世界を垣間見た気がした。

  

   

1位

出版・編集プロダクションでバイト & ラジオパーソナリティのインターン

 

週に1度、仕事の前にダーツをやって社員に景品を配っ
たり、ヨガをやったりしている会社。

一言で言ってしまえばよく分からん会社だったのですが、

  

たかがバイトに対してすんごく丁寧に教えてくれる。

会社のイベントに呼んでくれる。

なにより社長がぶっ飛んでて面白い。

  

こんな職場もあるんだなと良い経験になりました。

 

ちなみに新刊を紹介する動画がYoutubeに何個かアップロードされていまっす。

ぐだぐだな司会っぷりに注目!! (^ω^)ノ

最初の1分だけでもどうぞー。

 
 


 
ラジオのインターンは

FMの番組で「なんだかすごい学生」を紹介するというコーナーをやっていました。

キャスティングから打ち合わせ、台本作りからパーソナリティまで全部自分たちでやんなきゃいけないのですが、

同い年で色んな面白い学生と会う口実になるので楽しかったですねー。

  

6ヶ月間 自由に使っていいよと言われたら何をしますか?

   

ギャップイヤーといって、大学在学中に一回学業からお休みをとるという選択肢もあります。

   

何してもいいよと言われた時、

そこで本当に好きなものとか見つかるんじゃないでしょーか。

  

どーでしょーか。どーなのでしょーか

眠いんで寝ます  

きあでした。


*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

1クリックよろしくお願いします!

 

  

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

「忙しい」って本当かいね

/ 2 Comments

世の中には2種類の人間がいるらしいっす

コツコツやる人と、締切り間際に詰め込む人。

 

私は圧倒的に後者です。それはもう、圧倒的に。

普段はそれでも良いと思ってしまいます。

追い込まれた時の集中力は自分でも驚くくらいで、作業効率はざっと普段の5倍です。

 電子レンジ一回分のエネルギーを作り出せるんじゃないかってくらい頭がフル回転します。
 

「明日できることは今日するな」という言葉のように、

最初からコツコツなんてできんわと潔く諦めて、短期集中で乗り越えるのもありなのでしょう。

 

ただ、嫌になる時もあります。

 

例えば「映画観に行こう」と課題の締切り間近に言われた時とか。

お誘いなんていうのはだいたい唐突にやってくるもんで、

人生ギリギリ人間をやっていると臨機応変に対応が出来ない…

で断るわけです。 

「ごめん、課題があるから忙しい。」

と。

 
 

 

これはアメリカの大学の “College Triangle”といわれているものです。

 

・良い成績

・ 十分な睡眠

・   人付き合い

 

「3つの要素から2つ選べ」

 と書いてあります。

つまりまー全部を全力でのぞむことは出来ないってことですね。

  

 

どれか一つの要素は時間がないからおろそかになってしまう。
 
 

んんんー

でもなんか引っかかる。

「時間がない」って言葉たしか、誰かが言っていました。前に。 

***

 

 

高校3年の時、学校から最寄り駅までのバス。

私以外に乗客は2人で、そのうち1人の男子生徒がまさにその言葉をぼそりと呟きました。

   

「あー時間がない。」と。
  
   

期末テスト前だったので彼は友達と一緒にノートを広げていました。

  
 
盗み聞きしてしまいちょっと申し訳ないと思いつつ、

「ほんと、あともう1日あればなー」とひそかに共感していたら

  

  

もう1人のやつが

 

「いやいや、違うよ」、と。

 

 

 

「時間はないとかじゃない。作るんだ。」

 

 

 

さっと耳に入ってきた言葉。

しかも誰もが言いそうな言葉。

 

 

でもその時私はひどく感動したのを覚えています。

 

 

なるほど。

作るのか。

 

 

その時の自分はというと時間に追われている気がして

過去の自分は一体何してたんだよおい
と毎度 焦っていました。

  

  

ただまー考えてみれば過去は過去でどーしよーもない。

1週間前の自分は一体何をしてたんだよと責める時間があれば、

今からどーにかすりゃーいい話ですね。

  

  

今は変えられるし

たとえば「5分後の自分」も自分で決められる。

5分後、「図書館で勉強をする」という選択もできるし「ゲームをする」という選択も出来る。

  

 

  

「忙しい」

とか

「テスト前だからごめん」

とか

「時間ない」

とかって無意識のうちに言ってしまいがちだけど、
なーんかそれって機会とか、大事なものを失っている気がします。
「忙しい」=かっこいい ってのもちょいと違う。

   

   

今、何をやらねばならんのだろう?


今しか出来ないことって何だろう?

  

 

本当に大切だと思うことのために、時間を作る。

   

   

時間はそこにあるのだから、
どう使うかなのでしょう。
 

あーまとまっていない。
きあでした。

 ----------–

そんなこんなで
冬休みの間、1218日から120日まで日本にいます。

お会いできる方は是非お会いしましょう!関東圏内ならがんばれます

 

 

そして早期出願で合格された方、

おめでとうございます。

 

ブラウンでお待ちしておりまっす。

 *^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

1クリックよろしくお願いします!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

教授・サンクス・映画鑑賞会

/ 0 Comments

 
きあです
ゆうとかぶっていますが語っちゃいますよ、わたすぃのサンクスギビング。

 
   
私はブラウンに残ったのですが、多くの人は家に帰るのでキャンパスは空っぽです。

残るのは海外からきたインターナショナルの生徒か

カリフォルニアに実家がある人たちくらいですね。あとはアラスカとか。
 

雪、積もりました。美しい…!

  
  

さて、初・本場のサンクスギビングは教授の家でごちそうになりました。

私がとっているFirst Year Seminar の教授でっす。

(First Year Seminar ってのは少人数制の1年生用セミナーで

ディスカッション中心に授業が進みます)

   
     

食事がこれまた豪華でした。

前菜にクラッカー、チーズ、果物。
メインはターキーを含む3・4種類の肉類。

色とりどりの野菜、香ばしいパン的なもの。

   

満腹になったところでやはりデザートが登場します。

アップルパイ・ピーカンパイ・チーズケーキ・アイスクリーム…

ホイップクリームも、もちろんあります。

   

さすがこの量、期待を裏切りません。

1日でざっと8000カロリーくらい摂取したんじゃないでしょうか。

   
 

  

よくよく考えたら生徒が教授の家に招かれる、って日本ではなかなか無いですね。

教授と生徒の境界があまりないのがアメリカの大学の良きところでしょう。

   
うーむ
確実に食べ過ぎた。
 
 

**  

  

他の日はというと映画を観ていました。
パソコンでみるのもいいけど大画面で楽しみたい・・!
そういうときは Smith-Buonanno (愛称:Smitty-B)という講堂だす。

寮から歩いて30秒!

教室は自由に使っていい・・はず・・です。


友人がなにやら設定をしている中、優雅に傍観
 

  

夜10時にプレッツェルをぼりぼり頬張りながら観ました。
 

本来は図書館でDVDが借りられます。もちろん無料!

しかーしサンクスギビング中は図書館が閉まっていました。

この期間は勉強するなというメッセージですね、きっと(^v^)

 

 

あとはNetflix にお世話になっております。

 
 
月額 $8で映画見放題のアレです。

最初の1ヶ月は無料なので登録しちゃいましたよ。皆さんも是非どうぞ。

アメリカ文化を理解するには映画やテレビドラマは必要不可欠ですもんね!!

  

 
 

と、まあここ数日間は久しぶりの休みなので調子に乗っていましたが

サンクスギビングが明けて少し経てばFinals、期末期間です。

  

  

すでに課題が山積みです HAHAHA

 
 

気合いだー おー… 

 
  

*おまけ
サンクスと言えば日本の友達から届きました!
なぜにくまモン・・?って若干思ったけど、こういうのほんと嬉しいです。
ありがとよぅ(;ω;)


*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

1クリックよろしくお願いします!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

和の心 – Kenta’s Kitchen –

/ 0 Comments

 

ども、きあです!

早速ですが新シリーズ

皆さんがきっと疑問に思っていることにお答えしましょう第一弾!

 まずは食に関してです。


Q.日本食、恋しくなりますか?

    . 

→ 個人的にあんまならないです。

   . 

日本にいるときは3食 白米 & 母のめちゃくちゃ美味しいご飯で育ってきたので絶対に日本食が恋しくなるだろうと思っていました。
 . 
しかーし同時に小さい頃から現地校で紫色のカップケーキなどアメリカンな食べ物にも慣れ親しんでいたせいか案外大丈夫です。それより今シーフードが食べたいです。

.  

Q. 恋しくなったらどうするのよ?

→ レストラン or 自炊

  . 

近くにけっこー日本食レストランはあります。

自炊する場合は材料をもっている他の日本人のところに会いにいきます。

  . 

自炊といえばけんた。けんたといえば自炊。

そうです、以前の記事【インタビュー記事】「切なさ」と「ビューティー」
で紹介された変人の彼です。

 . 

では行ってみまひょう。

kitchen

1年生寮 Keeney の5階にある素敵キッチン

  . 

.   

写真に写っているけんた & りさこと作りましたー

  . 

   . 

基本的にキッチンに置いてあるまな板、鍋、洗剤など自由に使えます。

名前が書かれていなければ誰でも使っていいのねというスタンスですねー。

chomiryo

日本の調味料が勢揃い。ここのセクションは彼が占領しています。

   . 

   . 
今回はー

鍋を作りますよーわふーい

kentatofu

頻繁に自炊をするそうです。全米の主婦も驚く、鮮やかな手さばき。

cutting

同じく日本人のりさこ。鳥もも肉でテンション上がってます。

.  
.  

. .    

材料は近くのマーケットで買えます。

バスで10分くらいのところかな。

しいたけとか豆腐とか売ってますよ~。

ちなみにブラウンの学生は無料でバスに乗れます

kome

カリフォルニア産のコシヒカリだと自慢されました。アマゾンで購入したそうです。

mogumogu

煮込んで待っている最中、白菜をむしゃむしゃ。生だよねこれ・・。

 . 

まだかしらー
まだかしらー

nabe

じゃーん!

  . 

   .  
 . 
  

ポン酢とゴマだれも完備です。

懐かしい味がするわ・・。おふふ

日本食、恋しくならないと言いつつも
やはり久しぶりに食べるとほっこりします。

時折くちの中でじゃりじゃりと音がするのはきっと気のせいでしょう。
   

食後にコーヒーとジンジャーエールを振る舞ってくれました。

Kenta自家製です。

gingerale

丁寧に注ぎます。

 . 

ジンジャーエールですが、もーびっくりするくらい美味しい。

目からうっかりコンタクトが落ちてしまうくらい美味しい。

    . 

これは飲んでみてとしか言いようがないです。

そこらへんのジンジャーエールが飲めなくなります。

炭酸飲料は嫌いですがついおかわりをしてしまいました。

   
 . 

きあ「これ・・どうしたのほんと?」

   . 

けんた「炭酸水とジンジャーシロップを混ぜるだけだから簡単だよ」

.  

きあ「ジンジャーシロップはどこで買えるの?」

.  

けんた「作った。」

 . 

  . 

・・(x)

.   

 . 

けんた:「しょうがに砂糖を加えたらだんだん水が出てくる。

     そこにレモンを入れて弱火でスパイスが飛ばないように煮込んで

     一日待って味がしみ込んだら・・」

 . 

 .  

.  

すごいです、ほんと。

gochi

食後にパシャリ。

 

けんた:「自分で作った方が絶対安いしおいしい。」

 . 

きあ:「いやまあそうだけど、時間と労力を考えるとそのこだわりすごいよ。。

   いつから自炊とか始めたの?」

.  

  .

けんた:「カナダのUWCに行ってからかな。
日本の味が恋しくなったら自分で作るしかないしね。
簡単に出来て、こだわれるものにこだわるのが好きかもしれない。
コーヒーとかジンジャーエールとか。
しょうがシロップは時間かけた感じになるしね。」

 . 

.   

うーん。すごい。


 . 

私みたいにめんどうだから食堂でいいやという人もいれば
ほぼ自炊という人もいます。

 . 

こだわりの男けんたですが今後ブログで登場する・・かもしれません。
ジンジャーエールもそのうち路上販売する・・かもしれません。

 . 
乞うご期待!

 . 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

1クリックよろしくお願いします!

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

かるちゃーしょっく

/ 2 Comments

ども、きあです。

最近色んなことが楽しくて仕方がないです。ほほ

 .

 .

気付いてしまったのですが1学期がもう少しで終わってしまう…!

あと1ヶ月。12ページのペーパー2つ、10ページが1つ、6ページが2つありまっす。

期末テストも2つあります。あれまーやらないと。

 .  

  . 

ではではタイトルの通りカルチャーショックについて。

   .

  .

小学生の頃、少しだけアメリカに住んでいたので

アメリカのことは知っていたつもりでした。

が、6年ぶりに来てみて気付かされることは案外たくさん。

    .

   .

果たして「アメリカならでは」なのか「ブラウン大学ならでは」なのかは分かりませんがとりあえずここに来て驚いたことを紹介していきます。

   .

   .

< 無意味な “What’s Up” >

   .

知り合いとすれ違うと “hi” の後に よく”what’s up” と聞かれます。

「最近どうよ」的な意味合いですね。

   .

主な返答2パターンは

   .

“Nothing much”

「特になんもないわ」 か

   .

“Tired”

「いやーもー疲れたわ」

  .

   .

それに対してどう答えるかというと大概

“Yeah.. me too”

「ああうん、わいも。」

   .

  .

 . 

5秒で会話終了。

そのまますれ違います。

   .

 なんやねん。なんのために聞くねん。

とか思いながら自分もよく “What’s up” って言っちゃいます  てへ



< Jaywalk > 

いわゆる信号無視です。

これは渡米前から知ってはいましたが改めておーと思いました。

歩行者の信号が赤でもむしろ車が止まってくれるというよう分からん文化が根付いています。

人をひいたらややこしいことになるからという理由もきっとあるのでしょうが
それにしてもすごいです。

神奈川県藤沢市の、車が全く通らないところでも赤信号で待っていた私からするとこれは驚きでした。

 . 

 . 

< 共感の指鳴らし >

講演を聞いている時など、話に共感すると指を鳴らします。

最初見たときはびっくらこきました。

拍手よりうるさくない方法で共感・感動を示すという意味で便利ですが

例えば食事中に話している時もやってきたりするので静かに動揺します。

私は指が鳴らせないので日々悔しい思いをしています。

   .

   .

< やっぱりリス >

リスはいつでもどこにでもいます。

ゴミ箱のぞきリスちゃん。なんて愛くるしいんだ!!
  .

トモチーニさん曰く今年は特にリスが多いみたいです、リス年だから。
流石 空気読んでますね。
 

 . 
< 私物とか安全とか > 

 .   

最初パスポートは肌身離さず持ち歩くのかしらと思っていましたがセキュリティボックスが部屋にあったのでそこにいれっぱなしです。(ついていない部屋もあります)

    .

他に関して今はもうテキトーです。

たとえば私の場合、内緒ですが部屋の鍵は開けっ放しです。

ただやっぱり調子に乗ってはいけないと思います。

結局は自己責任なので一応お財布は目につかないところに置いたり、
いちごのポッキーはクローゼットの奥深くにしまったりとそれなりの対策を講じます。
  .

 .   

あと図書館で勉強していて
ほんの一瞬席を外す場合でもパソコンを置いていくことはありません。
面倒でも一緒に持っていくか、見てもらえないか誰かに頼みます。
     .

私はやたら知らない人にパソコンを見守ってもらえないか頼まれます。

くそー盗まないとでも思うなよー盗まないけど。 

    . 

他に面白いなと思ったのはどこか遊びにいった場合夜、一人で帰らないのが共通認識として存在していることです。やむをえず途中で別れなくてはならない時は「部屋に着いたらメッセージして」とか言ってくれます。 

    .
  .

 < 時間に案外ルーズじゃない・・? >

   .

思っていたよりも時間にルーズじゃないかもしれんです。

交通機関が遅れる事はしょっちゅうですが、授業やミーティングは結構時間通り始まります。 

地域や学校によっても違うと思いますが私のとっている授業は少なくとも全て時間ぴったりに始まります。

むしろ5分前に多くの生徒は着席していたりします。

アメリカ=時間にルーズ っていうのは一概に言えないです。

     .

< やたらドアを開けてくれる >

    .

これはアメリカに来て一番最初に気付いた点です。

前の人は本当にしっかりと後ろの人の為にドアをおさえてくれます。

団体で歩いていると最後の人が通るまでずっとドアをもっておいてくれる人もいます。嬉しいです。

今ではむしろ開けてくれないと え?ってなります。

   .

   .

 . 

「あーはいはいアメリカっぽいね」と思うシーンはいくつか経験しましたが、
アメリカ人だから主張しまくりで、自慢しまくりで、時間にルーズで・・とか多くは勝手に「アメリカ人」像を作っているだけでした。
色んな人と会う内に「あらら?これは偏見だったのか」と少しずつ気付くのが分かります。

  .

 .  

小学校の頃のアメリカと大学のアメリカは全然違うしそのイメージをそのままもってくるのはよろしくないですね、当たり前だけど。

固定観念って恐ろしいですね。知っているつもりが一番怖い。

    .

   .

質問・コメントなんでもどうぞ~!

ではアディオス:)

  ^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

1クリックよろしくお願いします!

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

去年の今頃

/ 1 Comments

ちょうど今日ブラ熊の他のメンバーはボスキャリが終わった頃ですかねい。

いやー大変そう・・。

  

  

さて。

最近、受験生と接することが多いので

去年の今頃、一体何を考えていたのか振り返ろうと思います。

  

写真は内容と全く関係ないです

 
   

高校3年生。

  

成績が普通だからどうにかして伸ばさなくてはならない。

席替えは参加せずに、クラスでは皆が嫌がる一番前の席で1年間。

  

そんでもってどうやらトップ大学の合格者9割以上は

高校の学年順位で最低でも上位10%以内に入っているらしい。

母校では順位を公表しないため、学年で頭が良いだろうという人の成績を聞き回った。

  

  

高3 秋

  

やることがいっぱい。何から手をつけていいのか分からない。

SATの勉強、エッセイ、課外活動、大会、大学のリサーチ、学校の勉強

自分でさえ手探り状態なのに学校の先生に推薦状の提出方法など伝えなければならない。

あーもー誰か他の人やってくんないかなとか思う。

 

   

そして文化祭。

クラスの皆が劇の練習をする中、一人バスに揺られて帰宅。

単語帳を握って、いーなーとか思いながら。

   

  

 

受験が終わったらしたいことリストはびっしり埋まった。

大学巡りをした際にもらった各大学のグッズは机の上に飾った。

めげそうになったとき、それを見て立ち上がり「よーし待ってろよぉ」と小声で叫ぶ午前3時。

     

    

高校3年生。

  

  

出願する全部の大学に受かるんじゃないかと思いつつ、

全部落ちるような気もした。

  

   

努力が報われるかも分からない。

今のこの時期、辛いし不安だった。

   

   

でもやっぱ全体図を見るからいけないのであって。

ひとつ、ひとつ、こなすだけ。

  

大学のホームページも最初はやたら分かりにくいと思っていたけど

リサーチしていくうちに「色」がある程度分かってくる。

  

SATの単語も
単語帳をめくった回数の分だけ、覚えたものが増えていく。

   

成長が目に見える、高3秋。

   

  

高3 冬

 

エッセイ、エッセイ、そしてエッセイ。

 

12月中旬から恐怖の毎朝4時寝、7時起き生活が始まる。

ただこの頃になると一つ山を超えた感覚で、余計なことは何も考えずにすんだ。

  

常にエッセイのトピックが頭の中で回転する。

  

自分は何が好きなんだ

何が特別なんだ

なぜこの大学に行きたいんだ

 

クリスマスもお正月も

リビングで父を巻き添えにしてパソコンと向き合った。

 

自分は誰だ

誰なんだ

 

 

ぎゃーー

 

 

改めて振り返ると頑張ったなって思います。

  

高校2年から3年にかけて私は人生で一番成長したんじゃないかな。

今でも本を読んでいてSATの単語が出てくるとおほーいってなります

結果はどうであっても受験して良かったなって全ての出願を終えた1月に思いました。

最後の1月のSATを終えたあの日の達成感というか喜びというかあれはもう今でも忘れません。一人で元町歩きながら泣いてました笑 軽く変態ですね

  

  

てなわけで。

 

 

あともう少し

もう少しの踏ん張りですね

  
 

ドラマ『仁』で坂本龍馬も確か言ってました。

  
 

明けない夜はないぜよ

  
  


*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

1クリックよろしくお願いします!

 

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

たこ焼き会@はーばーど

/ 3 Comments

今日Daylight Saving Time が終わり、日本との時差は13時間から14時間になりました。

というわけでもうすぐ冬ですね。
今朝一瞬、雪が降りましたよ。
 
 
 
どうも、きあです。

 先週の雰囲気とはうってかわって楽しくいきます!

金曜日の夕方、ハーバードに行ってきました。わふーい

   
  

片道$11のAmtrakという新幹線的な乗り物を使いました。

ブラウンからは50分で着きます。

結構揺れるので勉強をしていたら若干おえっとなりました。しかもやたら遅い。
 

   

 プロビデンスからボストンは1時間以内で着きます。

ニューヨークまでは4時間かかります。

  

ハーバードに着いたら今回の旅の目的、たこ焼きの会に早速参加しました。
 
   

この雰囲気でまさかのたこ焼き。

   

     

宿泊場所は友人の寮です。

部屋にはルームメイトと共有するリビングのようなコモン・スペースと
それぞれの個室に加えてゲストルームがありました…

信じられません。広すぎです。

   

 

泊めてもらいました。ありがとうございます 😀
 
 

  

ゲストルーム。とってもステキです。

 
  
   

「ハーバードっぽい格好して」と言ったら全力でやってくれるのがステファン。

  

   

    

  

 元祖Facebookのサイトもみせてもらいました。

公開する情報の範囲は自分で決められるそうですが、

ハーバード生だったらお互いの顔写真や住所、電話番号などが見られます。

   

  

   

  

やっぱ改めて、ハーバードはハーバードです。

なんかこう圧倒される感じ。

伝統がすごい。

 

かの有名なAnnenberg Hall。1年生のための食堂です。ご飯は「クソまずい」だそうです。

 
 

 サンデルさんの場所です。映画 The Great Debaters の撮影場所でもあります!

 

 

 

 

 

 

こんなのもありました

学校に関するクイズがたくさん。めちゃくちゃマニアックな質問ばかりです。

   
 

行ってみて改めてブラウンとの違いに気付かされました。

   
 

1.お金

   

さすがハーバードは世界の大学で一番寄付金をもっているだけあってリソースが豊富です。

半端ない教授もたくさんいるし、図書館もすごいです。見てないけど。

食事は1日5食の計算でいつでも自由にとれるそうです。ゲストも自由に食べられます。

   

ブラウンでの食事はというと
Meal Planといって選択肢が用意されていてそこから好きなプランを選びます。私は1日3食のプランに入っています。

ブラウンはアイビーリーグの中で一番びんぼーな大学なので経済力の違いは明らかです。

   
 

2.学部生 vs 大学院生

 

ブラウン

学部生:約6000人

大学院生&医学生:約2500人

“Facts About Brown” http://www.brown.edu/about/facts

 

ハーバード

学部生:約6700人

大学院生:約14500人

 

“Harvard at a Glance” http://www.harvard.edu/harvard-glance

  

  

ブラウンはGraduate (大学院)の生徒よりUndergraduate(学部生)の方が多く、学部生の教育に重点を置いています。だからなのか総合大学にも関わらず比較的アットホームな雰囲気です。敷地もきゅっとしているため、歩いているととりあえず一人は知り合いとすれ違います。競争はなく、変な人が多くて、パーティーも勉強も両方楽しんでいるイメージです。

   

これはあくまでも一般的に言われているイメージに過ぎないので
鵜呑みにしないで下さい!

   

一方でハーバードは大学院生が多くをしめていて、設備も充実しています。    

ハーバードについて色々教えてもらいましたが一番印象的だったステファンの言葉が:
  
 
  

“If you drown don’t blame us.

 If you survive don’t forget back to the school’s endowment.”

   
 
  

溺れたとしても大学のせいにしないでね。

生き残れたら大学に寄付するのを忘れずに♡

    

    

これに関しては度合いの問題で、どこの大学でもそうだと思います。
成績が悪ければ落とされるだけ。

とりあえず何でも用意してあるから、さーご自由にどうぞの世界です。
それが魅力でもありますね。

       

       

  
ちなみに
今回の記事はなるべく客観的に書きましたが、確実に偏っていると思うので
全体的にふーんそうなんだ程度でお願いします。
   
   

でもやっぱ大学によって色があるので面白いです!

他大学を訪れると改めて母校の特徴に気付けるので良いですね(-ω-)
  

質問、コメントあれば是非!
ではまた来週~

 
 *^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^


1クリックよろしくお願いします!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

Pages: 1 2 3 4 5 6 7

separator