divider

Archive


卒業 ~Return of the Pink~

/ 1 Comments

image1

両親とパシャリ。

 

みなさん、こんにちは。

Takaです。

 

ついに卒業しました!

この日を迎えられて本当に嬉しいです!

 

あっという間の3年でしたが、

振り返ってみると、

ピンクばっかりの黒歴史から始まった僕のブログも、

学年が上がっていくにつれてだいぶまともになっていったみたいですね。

もはやこのブログがTakaの成長録といっても過言ではありませぬ。

 

まずは、僕の拙い記事にお付き合いいただいた読者の皆様に御礼申し上げます。

 

 

***

 

DSC_0967

いつものメンバーで。

 

僕にとっての留学は、サバイバルでした。

 

海外経験なし、英語も話せない。

そんな中、でっかいスーツケースを引きずりながら

携帯片手にプロビデンスのダウンタウンをうろうろしていたのが3年前。

 

そこから、授業にせソーシャルライフにせよ

がむしゃらに突っ走ってきた気がします。

それこそDead or Aliveの世界。

 

開けてみれば、成績も申し分なく、よい友人にも恵まれ、

納得のいく大学生活が送れたと思います。

 

そんな僕の留学生活を語る上で欠かせないのは、

やっぱり「ブラウンの熊たち」です。

というわけで、まずはブラ熊について書こうと思います。

 

 

もうみなさんも知ってるとおり、

ブラ熊って個性的な人の集まりなわけね。

 

こだわりが強い。

完璧主義。

いつも本気。

妥協って何?

人と同じじゃつまんない。

終わらないミーティング。

そもそもミーティングは戦争。

めぐりめぐっての原点回帰。

 

形容する言葉を挙げてくときりがないんだけども。

 

まぁざっくりいえば、「変わってる」のよねぇ。

日本の基準で言えばね。

僕も最初思ったもん。「こいつら変わってんなぁ。」って。

 

で、きっと他のメンバーは

「こいつ、つまんねぇなぁ。」と思っていたことでしょう。笑

 

そんなメンバーといっしょにブログを書き続けました。

ツアーを2年続けてやりました。

 

ブログとか説明会に出てくる言葉が、

まるでブーメランのごとく自分にぐさぐさ刺さってくるの。

 

 

そして3年経って、

ついに「植村君も変わってるね。」と言われるようにまでなりました。

 

光栄です。どうやら、ブラ熊色に染まったみたい。

まぁ「ブラ熊色」のなかに、僕の色も入ってるのだろうけど。

 

 

変わってるくらいが面白い人間だと思うよ、きっと。

取っ替え可能な人間じゃつまんないでしょ。

 

ブラ熊やれただけで、

ブラウンに来た価値があったと言ってもいいくらいよ。

 

僕は、感謝って言葉をめったに使わない。

すっげぇレア。もはや天変地異の勢い。

 

だって世の中「感謝のインフレ」が起こってて、

もはやチープな意味合いしか持ってないからねぇ。

 

そんな貴重な僕の「感謝」の切り札を、ブラ熊には使おうと思うね。

スペシャルサンクスtoブラ熊。

 

 

***

 

 

11147009_833514876733113_6220690578269210881_n

 熊さん久しぶりの登場。

 

 

さて、いよいよメッセージの部分。

Takaのラストとしてなにがふさわしいのか…

 

結局たどり着いたのは、いままでの記事のハイライト。

くどいようですがしばしお付き合いを。

 

 

「人生オールインしてなんぼ」

これがラストメッセージ。

 

もうどこにどう生まれたなんか気にしても仕方がねぇ。

自分の置かれた環境の中で、やれるだけやってみるしかない。

 

どうせやったところで無意味だ….

 

なんて、やってみなきゃ分かんなくない?

 

頑張ったって成功するとは限らんけど、

頑張んなきゃ絶対成功しないわけよ。

とりま、全力つぎ込んでみないと何も変わらない。

 

 

失敗したって、それで人生終わるわけではないしね。

 

どうしても諦められないなら、

周りとか環境なんて責めてないで、

ひたすら反省して頑張り続けるしかないし、

 

他の目標にシフトするのもありよ。

別に諦めたっていいじゃない。

そんなこだわんないとこに、変なプライドもって

時間やエネルギーを無駄にするのも変な話。

 

 

逆に、こだわり見つけられたら、それは貫けばいい

他人がなんと言おうが知っちゃこったない。

 

そんなこと知ってるよ!

なんて言うかもしれないけど、意外と周りは言ってくるよ?

 

ノーブレスオブレッジはどうした?

日本を変えるリーダーになるべきだ!

自分が受けた教育を社会に還元していくべきだ!

 

とかね。説得力はあるわけよ。

 

 

そりゃ還元できるに越したことはないよ。

でもさ、別に人間、人様のために生きてるわけじゃない。

 

ほとんどの人の本音は、

自分が1番可愛いくて、自分のために生きてる。

 

まぁそんなことを面と向かっては言えないわけですが。笑

 

 

他人に非難されたくらいで揺るがない覚悟をもてるか?

自分のやったことの結果を全身で受け止めることができるか?

 

 

自分で決めた道なら、いばらの道でも、

血まみれになりながら進めばいい。

 

 

と、言いつつも、

 

 

僕は、きっと上手に生きていくよ。笑

批判をうまく避けながら、それでも自分の道を進む感じ。

うまく場をまるーく収めつつ、自分の考えをするりと忍び込ませたり。

こういう外交的な生き方も悪くない。

 

 

裏と表をうまく使いこなすことも大事よ。

余計なとこで敵をつくってもめんどくさくなるだけだし。笑

残念ながら、常に正直でいると生きづらい世の中だからね。

 

 

まぁどういう生き方であれ、

後悔のない生き方であればいいでしょう。

 

 

***

 

DSC03119

いつものメンバー&その家族でパシャリ。

 

 

もっと学生にとってなじみのある話も書こう。

 

昔も書いたけども、勉強は自己投資。

投資しなきゃリターンはない。

 

きっと今の制度とかに不満がある人も多いと思うけど、

どうせ卒業するまでに大きく変わることはないだろうから、

 

あとあと幅広い選択肢をもっておくためにも、

いまは勉強しておいた方がいい。

 

勉強できて選択肢が狭まったって聞いたことないし。

 

 

あと、周りの言ってることが理不尽だと思うこともあるよねぇ。

 

ただ、経験上言えることは、

 

その感情は、無知からきてる可能性もある。

 

とりあえず、まずは耳を傾けよう。

で、しっかり相手の論点を理解しよう。

その上で、自分の思いをぶつけてやればいい。

 

要は、周囲の声を遮断するのではなく、

一回自分のフィルターを通すこと

それが大事。

 

この姿勢は、どんな偉い人の話を聞くときでも持っておくべき。

ある人の成功談が、そのままあなたに当てはまるなんて

ありえないこと。

 

自分にとって役立つところだけつまみ食いしちゃえ。

 

 

***

 

DSC03125

ディナーにて。 

 

そういえば、

On Loveの最終章を書こうとも思ってたんだった。

 

結局、どんな恋愛においても大事なのは、

「相手の立場にどれくらい想像力を馳せることができるか」

ということなんじゃない?

 

きっと、完璧に相手の経験していることを理解するなんて無理。

遠距離だったら、なおさらよ。

 

でも、それ言ってもどうにもならんわけ。

 

仮に、留学生が、日本の学生の相手に

「留学生の辛さは留学生にしか分からない!」と突き放したところで、

その相手にはどうしようもないわけね。

 

だから、お互いできるだけ想像しないと。

自分の常識を相手に押し付けちゃだめよ。

 

次の恋愛に活かしていこうと思います。

 

でも、次がなかなか来ないのはなにゆえ?

 

 

***

 

これで書ききったかな。

 

僕はあと2週間半くらいで社会人になります。

身が引き締まる思いです。

 

厳しい環境なのは百も承知。

そこで最善のアウトプットが出せるまで食らいついてきます。

 

 

最後に。

いままで僕の記事を読んでくださった皆様。

本当にありがとうございます。

ここまで書き続けられたのも、読者の皆様のおかげです

 

 

ブラ熊のことは嫌いになっても、

Takaのことは嫌いにならないでください。

 

 

嘘です。

 

 

ブラ熊のことも、Takaのことも、

今後とも応援よろしくお願いいたします。

 

 

それでは、またどこかで。

 

2015年5月28日

植村 昂央(Taka)

DSC03861

最後はおなじみのポーズで。

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

頑張ったからそれでいい….?

/ 3 Comments

みなさん、こんにちは。

Takaです。

 

卒業式を週末に控え、今日は部屋の撤収に追われていました。

明日はいよいよ両親がアメリカに初上陸。

ボストンの空港まで迎えにいってきます!

 

日本ではブラ熊のツアーがついにスタートしました。

僕は東京会場に顔を出そうと思っています。

メンバーの思いが少しでも多くの人に届くことを願っています!

 

 

ついでにこれが僕のラスト1つ前の記事です。

実質的に中身のあることを書けるのは最後だと思われます。

せっかくなので、先週に続き、

言いたいことを言おうかなぁと思います。

 

 

***

 

 

なんか日本では、福田萌さんの「学歴発言」が話題を呼んでいるようで。

「努力の証明書としての学歴」という旨の発言だったみたいです。

この発言に対する批判の一部には、

「努力しても失敗する人もいるのに。」

というのがあるようです。

 

 

この一連の流れをみて思い出したのが、陸上の為末大さんが以前

「努力すれば成功する、は間違ってる。」

という趣旨の発言をして、これまた炎上していた件です。

このときも、

「努力することに意義があるのだ。」

という批判が寄せられていました。

 

 

***

 

 

「努力しても失敗することはある。

だから努力することにこそ意義があるのだ。」

 

 

そうそう、そのとおり!

たとえ報われなくたって、

結果として表れなくたっていい。

努力してる姿をきっと誰かが見てる!

努力することが大事なんだ!

 

 

 

ほんとうに?

 

 

***

 

 

結果を出すために努力したんじゃないの?

それを結果が出なかったからといって、

努力そのものが目的だったみたいにすり替えてるだけじゃん。

 

以前にも記事で書いたけど、

努力そのものに価値はない。

 

努力はあくまで手段でしょ?

 

 

***

 

 

僕は高校のとき、バスケ部にいました。

受験校で、部活にあまり力を入れてなかったということもあり、

「負けちゃったけど、みんなで頑張ったからよかったね!」

みたいな雰囲気がありました。

 

 

いやいや、待てと。

部活でしょ?勝つためにやってるんでしょうが。

 

 

負けちゃったね。でも頑張ったからねーよしよし。

 

 

そんな甘ったれたことしたいなら、同好会にでもいっちまえ。

ここは部活だ。勝たなきゃどんなに頑張っても意味がねぇ。

 

このスタンスだったのが、僕(たちの代)でした。笑

 

 

頑張ったことに意味がある

ってのは、聞こえのいい言い訳みたいなもん。

 

 

結局、「勝てなかった」という事実から逃げてるだけ。

それじゃいつまで経っても負け続ける。弱いまま。

 

 

負けた試合でも、その試合をしっかり分析して、

次に向けて何をすべきかを明確にして、

次の試合で絶対勝つようにするのが大事。

 

 

引退したときに、やっと感傷に浸りました。

やりきった感はあったし、

なにより、もう次はないからね。

 

 

***

 

 

要は、「努力したからそれでいい」と思った瞬間に

もう成長はない。

 

頑張ったのにうまくいかなかった…

 

なにがいけなかったのか?

どうすべきだったのか?

 

結果を受け止めて反省してこそ次がある。

もっと言えば、

次の挑戦で自分の望む結果を出せてはじめて、

努力に、挫折に、意味が生まれるんじゃないでしょうか。

 

 

 

***

 

 

努力したのにうまくいかない。

なぜだろう?

 

僕は努力にはふたつの基準があると思います。

 

絶対的な努力量」と「相対的な努力量

 

よっしゃ、今日5時間も勉強した!

なのに、テストの得点は75点だった….

 

「あんなに頑張ったのに。なんでだ…」

 

答えは、シンプルよ。

隣のあの子は、10時間勉強したのよ。

だからその子は90点取れたわけ。

 

 

人によって努力の定義って違う。

いままで机にあまり向かったことのなかった人だったら、

きっと3時間も勉強したらかなりの成果よ。

これが絶対的な努力量。

 

 

でも、きっと成績いい人なんかは、

何十時間も勉強してる。

それと比べたら、3時間なんてかすんでしまうかもしれない。

これが相対的な努力量。

 

 

そういう意味で、

「努力すれば成功する」はたしかに間違ってるし、

 

入った大学を結果として評価する人・社会にとっては

(これの良し悪しはおいといて)

学歴は努力の証明書になりうるわけです。

 

 

どっちの努力が大事になってくるかは、目的次第。

 

もし、なにかのフィールドで1番になりたいなら、

ほかの誰よりも努力しなきゃいけない。

 

もし、常に「昨日の自分」に打ち勝ちたいなら、

「昨日の自分」よりも努力しなきゃいけない。

 

 

 

***

 

 

こう考えてくると、

入り口間違えると、努力は迷子になります。

 

どこに目標を設定するのか。

これがものすごい大事。

 

あまりに高い目標を立てても、キャパ超えして、

結局「頑張ったからいいよね」になる。

 

いま自分ができる全力でがんばったときに

届くか届かないかギリギリの目標を立てるのがおすすめ

 

 

***

 

ここまで書いて、ちょっとフォロー。

自分のやった努力を認めることは大事。

 

「自分はここまではできる。」

この認識が、次のチャレンジにつながるから。

 

でもその努力に満足してはいけない、ということ。

 

もちろん、才能だとか、親の経済力だとか、

そういうのも関係してくる。

 

でも、それ言ってさ何になるよ?

究極的になにも変わらんよ?

 

「あいつは才能があるから」

「あいつは親が金持ちだから」

 

そう言い聞かせて、自分の境遇に納得できるのならいいけどさ。

 

まぁそう言ってるうちは、成長はないだろうけど。

 

 

ひとつブラウンに来て気づいたこと。

 

ブラウンはたしかに裕福な家庭の人も多いし、

ようわからんレベルの才能をもった人も実際いる。

 

でも彼らは自分のもって生まれたものを活かすべく、

半端ない努力をしている。

 

だからこそ

周りが「あいつは恵まれてるから。」の一言で片付けてしまうと、

こっちが突っ込みたくなる。

 

 

***

 

 

まぁ長くなってしまったけども、

要は、僕はこれからも目標に向けて頑張りますよ!

っていうことです。笑

 

常に結果に向き合い、

改善すべく努力を怠らず、

最終的には望みの結果を手に入れる。

 

そんな男に、私はなりたい。

(この終わり方って、アメニモマケズだっけ?)

 

 

じゃあ、来週はいよいよ最終記事です。

乞うご期待。

ばーい!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

So what?

/ 1 Comments

みなさん、こんにちは。

Takaです。

 

久しぶりの投稿ですね。

難関の行動経済もパスし、無事に卒業が確定しました。

あと1週間ちょっとで卒業式です。

つまり、ブラ熊卒業もあと少しです….

でも、卒業前に1000いいねが来たので、思い残すことはありませぬ。笑

 

リクエストがあれば、ブラ熊FBかこのコメント欄にお願いします。

 

 

 

さて先日こんな質問が来ました。

 

 4年間振り返って1番悩んでた時期や辛かった時期と乗り切れた理由は?

 

もうひとりのの質問者は(要約すると)、

 

受験を通して、

生半可な夢を追うのでなく、

確実に出世払いができるようなキャリアを求めたくなってきてしまった。

知り合いには、「エリートに成り下がるな」と言われた。

純粋に、好きなことがしたいから!とアメリカ進学を決めたはずなのに、

考えが変わってしまった。

現実に目を向け未来を考えられるようになったのではなく、

個性を消してしまう金儲けのことを考えてしまう

エリート思考の人間に落ちぶれてしまったのか。

と悩んでいるようです。

 

 

 

で、実はこの2つの質問への答えは、ひとつの僕の考え方にたどり着きます。

(まぁいままでも似たようなことを言っていますが笑)

そんなわけで、今回は期末試験のストレスを解消すべく(嘘)、

毒を吐きつつ(?)書いていこうと思います。

 

 

***

 

 

振り返ってみると、アメリカに来てからも

悩んでた時期とか辛かった時期はありませんでした。

なんででしょ….

 

 

というか、そもそも留学生が悩むことってなんでしょ。

まぁホームシックとかはしょうがないよねぇ。全くなかったならなんも言えんし。

 

 

自分の思うようにいかない、とか?

そりゃそうよ、環境が違うんだもの。戸惑って当たり前じゃんね。

悩んでる暇があれば、精進、精進。

 

 

周りが優秀すぎて自分がちっちゃく感じる、とか?

(ハーバードの友達に聞きました。)

 

きっとこれだよね。もっぱら。

僕がこういう風に感じなかったのは、自分のことだけにフォーカスしてたから

 

 

 

人生は競争じゃない。

人それぞれゴールが違うから。

 

 

しかも、そもそも世の中は不公平なわけで、

天は平気で人の上とか下とか横とかに人を作るわけですよ。

てなわけで、スタートラインもまるでちがう。

 

 

そんななかで周りと比べたって無意味よ。

お隣さんとあなたは、育ったバックグラウンドも違えば、

持ってる才能も能力もなにもかもが違う。

 

 

だから、世の中、

みんなが平等に成功者!

なんてハッピーエンドはとうてい期待できないわけで、

 

 

そんな世界で他人自分を比べて、あー自分はだめだーとか、

自分すげーとか一喜一憂して、なんの意味があります?

 

 

じゃ、そんな世の中でどうやって幸せになるのかって話だけど、

結局は、自分が出した結果を満足できるかってところだと思うんよね。

 

周りがどうかは知らんけど、俺はやれることをやりきったと、

胸張って言い切れるかどうか。

 

 

 

そういう意味で、人生はほんと自分との戦い。

 

 

なのにさ、○○さんみたくなりたい。とか言う人いるでしょ。

○○さんみたくなったら、もうあなたがいる必要なくない?

 

スティーブジョブスみたくなりたいんだったら、

眼鏡かけてタートルネックのセーターを着ればいい。

あなたは、どうあがいたってスティーブジョブスには決してなれない。

てか、世の中にスティーブジョブスっぽい人間が何人もいる意味はない。

 

 

 

そもそも、自分の人生なわけで。

世間の成功とか幸せの軸にあわせたってしょうがないし、

もっといえば、

誰かに好かれるために生きてるわけじゃない。

エリートに成り下がるな?

成り下がり上等じゃないの。

自分で決めた道なら、

周りのノイズとか褒め言葉とか

そんなもんはマキシマムザホルモンでかき消して、

その道突き通せばいいんよ。

 

 

 

そのかわり、自己責任だけど、ね。

 

実はここがいちばん怖いとこなんよ。自己責任。

 

人間どっかで現実にぶち当たる。

やりたいことやって楽々食っていけるほど、

世の中は甘くないってことにどっかで気づく。

 

甲子園目指して一生懸命頑張ったって、プロ野球選手になれるのは一握り。

アーティスト目指したって、それで食っていけるのはこれまた一握り。

 

成功者にスポットライトがあたりがちだけど、

その陰には、同じ道目指して挫折していった人間がごまんといるわけ。

 

 

でっかい夢とか野望を語る人間が評価され、

いわゆる「普通の人生」を送る人がネガティブに捉えられがちだけど、

 

やりたいことを追求するってのは、相当の覚悟が必要だと思う。

どんな結果になろうとも、それを一身に受け止めなきゃならない。

これが自己責任。

その覚悟がない人間に、やりたいことを語る権利なんてない。

 

 

世の中は口を揃えて「やりたいことをやるべきだ!」なんて言うけど、

それは、ぶっちゃけ世の中は、あなたがやりたいことをやった結果、

食い扶持に困ろうが、路頭に迷おうが知ったこっちゃないから。

 

 

大学ってこう考えると大事な時期なわけで、

結果を被る部分を気にせずにやりたいことを追求できる場所なわけですよ。

そういう意味で、モラトリアムなわけ。

好き勝手やれるから、じゃない。

この時期に、いろんなこと試して、

自分はどこでなら、覚悟をもって生きていけるのかを見つけなきゃいけない。

 

 

そのプロセスの途中で、きっといろいろ気づく。

「あれ、これ意外とパッション感じられねぇ。」とか

「これやって死ねたら本望だ。」とか。

 

そのプロセスで、軌道修正するのはなんら悪いことじゃない。

むしろ、自己責任の部分までしっかり考えて決断できる人はすごいと僕は思います。

 

 

だからこそ、そんだけ決断ってのは重い。

ほんとに自分の頭でよく考えないと。

 

 

この質問者さんは、自分の思いとか考えを疑っちゃってる。

てか、自分で「生半可な夢」と言っている時点で、アウトよねぇ。

誰かになんか言われたくらいで揺らぐような夢なら、

もともと追い求める価値のあるものじゃないよ、きっと。

 

 

個性を消してしまうエリート?

留学しよう!

学生団体やろう!

リーダーになろう!

ギャップイヤーとろう!

そういう「個性的になろう!」みたいな風潮の方が、個性を消してる気がしますけどねぇ。

 

 

もちろん、他人に相談するのはいいことだけど、

他人なんて、所詮他人です。

どんなに仲の良い友達だって、

自分の人生を代わりに生きてくれない、って意味では、

やっぱり他人です。

 

 

だから、僕は、自分ひとりで冷静に考えなおすことをお勧めします。

決断ってのは究極に孤独の中で下されるべきだと思います。

 

 

自分が、自分の幸せとか自分が何を欲しているのか、とか

そういうのをとことん突き詰めたときに、どういう道を選ぶのか。

そうやって選んだ道に正しいとか間違ってるとかはないと思います。

 

 

ほんとの友達なら、親切面して自分の考えを押し付けるのではなく、

その決断を尊重してくれるとは思いますが、

それでもごちゃごちゃ言ってくるやつには、

So what? It’s my life.

と言ってやればいい。

ぐだぐだ書いたけど、要はそういうこと。

そういえるくらいになったら、留学先でも悩まないよ、きっと。

 

 

***

 

 

これ読んで「なるほどー」とか思っちゃったあなた。

鵜呑みにしないで、自分でしっかり咀嚼してね。笑

 

ではまた来週。

 

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

 ↑ クリックお願いします〜!

———————————————–

『ブラウンの熊たち』は今年の夏、全国を巡ります。
説明会のご支援をして下さる方は、こちらからお願いいたします。

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

キャリアに関する質問に答えてみました。

/ 3 Comments

みなさん、こんにちは。

Takaです。

 

ちょっと前の話になりますが、無事に卒論は提出しました。

提出後、1週間半くらいダラダラと過ごせましたが、

期末にリサーチが2つにプレゼンが1つあるので、またやることの多い日々です。

 

ブラ熊の世代交代に関しては、もういいよね?笑

 

さて、今日も読者の方の質問に答えてみようと思います。

今回もなかなか鋭い質問でした笑

 

***

 

ひとつ目の質問を要約すると、

「国際機関で教育に携わりたいという目標から、

働いて稼いで好きなことしたいという方向に変わったのはなぜか。

それは、自分の力では政策は変えられないという諦めからなのか?」

というもので、

ふたつ目は、

「なぜ安定した生活を送ることのできる公務員にならずに、

いつ解雇されるかも分からない外資系金融機関に就職するのか?」

というものでした。

 

順に答えていこうと思います。

 

***

 

まず、最初の質問に関して明らかにしておくことは、

教育関係の国際機関で働く、というのはキャリアに関する目標であり、

働いて稼いで好きなことをする、というのは人生における目標である、ということです。

そして僕にとって、キャリアというのは、

人生における目標を達成するための手段に他なりません。

 

ブラウンにきた当初、国際機関で働きたいと言っていたのには、特に理由はありません。

高校以来、漠然と国際公務員ってかっこいいなぁという憧れがあって、それがずっと残っていました。

 

そしていざブラウンに来て、

とりま自分のやりたいことやってみー、という環境に放り込まれて、

いろいろ自分を見つめ直してみたところ、

僕は、自分で稼いだお金で好きなことをするという、

ある意味で「普通」の生活を望んでいることが分かりました。笑

でも、ここで「普通」と言ったけども、意外とこれって難しいんじゃない?

だって、これをやるためにはあれを我慢する、みたいなことってけっこうあるでしょ?

 

結局、お金なんですか?とも言われますけども、

お金がないと世の中大変なのもまた事実なのです….

きれいごとじゃ動かないからね、残念ながら。

「お金がなくても幸せです。」ていう表現自体に、

「お金があったらもっと幸せなのに。」ってのが含まれてる気がしてなりません。

「お金がないから幸せです。」ってのは聞かないものねぇ。

 

まぁとにかく、こういう風に言うと、

わぁTakaは稼いだお金を下品に使いまくるのかーと思われてしまいそうですが、

僕がほんとに将来「やりたいこと」は、もちろん多少は贅沢したいって思いもあるけども

やっぱり大学で教えること

あとは、教育系のプロジェクトに「物言う投資家」的な感じで投資すること、です。

特に、教授とかじゃなくて講師でもいいんですよ。だって、お金気にしなくていいから。

この人の授業めっちゃ行きたい!って思ってくれるような授業作れたら素敵じゃない?

(これはかのとも話してました。)

つまりね、国際機関で働くってのは、ほぼほぼ選択肢として消えたけど、

教育に対する思い入れってのはバリバリ残ってます。

 

政策はなかなか変えられない。この認識はたしかにあります。

というか、勉強すればするほど、この認識はどんどん強くなります。

じゃ、これが諦めか?と言われると、それはそれで違う気もします。

 

ちょっと受験勉強の例で考えてみて。

数学がめっちゃ苦手で、これ以上点数は挙げられない。でも英語は得意。

志望校に合格するために、数学を捨てて、得意の英語でカバーしよう。

これは、まぁ数学は諦めたことになりますが、志望校を諦めたことにはならないでしょ?

それと同じ。

政策は無理かもだけど、教える立場でなら、自分の教育への思いを表現できる。

というわけで、教育を諦めたわけではありませぬ

 

だから、

多少遠回りするけども、投資銀行でバリバリ働いて成功を収めることができれば、

将来心配しなくてもいいくらいのお金を稼ぐことができるだろうし、

その実績をもって講師として呼ばれることもあり得ます。

これ、ほんとに実現させたい。

 

***

 

ふたつ目について。なぜ公務員ではなく、外資系金融機関か。

まず押さえておきたいのは、

公務員の「安定」は、

「これから先、どれだけのお金が入ってくるが分かる」って意味であって、

「お金に困らない生活」を必ずしも意味しません。

ましてや、子供が留学するけど奨学金がもらえない、なんてことになったら、

年収の75%-80%とかぶっ飛びます。

これって、みなさんがイメージする「お金に困らない生活」ではないですよね?

 

これをふまえた上で、それでも公務員じゃない理由は、

まず第一に、上で書いたような野望(?)を実現できないから。

 

次に、僕の給料に対する考え方があります。

例えば、A社はあなたに300万の年収を出すと言ってきました。

一方、B社はあなたに1000万の年収を出すと言ってきました。

みなさんは、これをどう捉えますか?

 

僕は、A社には「あなたには300万くらいのアウトプットしか期待してないよ。」

と言われており、

B社には「あなたは1000万に相当するアウトプット出してくれるよね?

てか出さないとどうなるか分かってるよね?」

と言われているのだと判断します。

 

公務員は(ほぼ)年功序列で階級も給料も上がっていきます。

上がると言っても上げ幅は決まっています。

要は「年取ったらまぁ能力もつくよね?でもだいたいこのくらいしか伸びないでしょ?」

と同じことだと思ってしまいます。

 

外資系金融機関はどうか?実績次第では、もうようわからん額のボーナスもあり得ます。

外資系金融機関の方が、アウトプットに応じて正しく評価してくれるのだと思います。

加えて、いちおう解雇されないだけの能力はつけてきたつもりだし、

これからさらにつけていくつもりです。

これでクビになったらしょうがないよね。

それは、自分が至らなかった(もしくは運が悪かった)ってことです。

まぁ今までの人生で、

努力が目に見える結果で評価されることがモチベーションになってたのだから、

外資系金融機関のほうがあってるでしょう。

 

こう書いてると、公務員を軽視してるみたいに聞こえますが、そんなことはありません。

東大時代の友人には、この4月から公務員になった人がけっこういます。

彼らは、やっぱり報酬とか安定とか、そんなもん通り越して、

「社会のために働く」っていう強い意思があるし、そこにやりがいを感じているし、

公のために働いているっていうそのやりがいが、金銭的な報酬を上回っています。

僕とは逆のベクトルですが、彼らは彼らで突き抜けた魅力を持っています。

 

要は、僕の目指すところと考え方が、

公務員ではなく、外資金融に合っていた、というただそれだけです。

 

***

 

長くなりましたが、以上です。

また質問があれば、いつでも投げてください。できる範囲で答えます。

ばーい!

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

もしもKaiがミスターコンに出たら….

/ 1 Comments

みなさん、こんにちは。
Takaです。

いつかのトモチーニのバーチャルお見合いの記事が面白かったので、
僕も便乗しようと思います!

さて、今回紹介するのは、
僕の1年目のルームメイト、かつ、ブラウンでのbest friendsの1人、
Kaiくんです。

左がKaiで右はAlisaです。

僕の記事にもしばしば登場する彼ですが、
今回改めて紹介します!

ドイツ出身の23歳で、彼も同じく編入生です。
Royal Hollowayで1年間過ごしたあと、
ブラウン大学に来ました。
専攻は、免疫学と神経科学のダブルメジャーです。
免疫学でHonor Candidateであります。
さらにイギリス英語を話します。

ひゅー

さて、今回はそんな彼に「ミスターコン」での質問に答えてもらいました。
それでは、いってみよう!
ときどき、僕のコメント付きです!

***

趣味
I don’t have any time for hobbies. But I want to do rowing.
(趣味の時間なんてない。でもローイングをしたい。)

だよねぇ。最終学期に5クラス取って論文書いてたら、そりゃ時間はない。

所属サークル
The world of Sarcasm and Irony.
(サーカズムとアイロニーの世界)

うん、納得です。笑

よく行くエリア・スポット
Hyde Park Court – London
(ロンドンのハイドパークコート)

なるほど。きれいなところですね。

ついでに、僕はロンドンの「South Kensington」出身とハッタリかましたことがあります。そうです、ロンドン随一のお金持ちエリアです。笑
そもそも、ロンドンに行ったこと自体ありません。

コーヒー派?紅茶派?
Tea, but Brown forces me to drink coffee to stay awake.
(紅茶派だけど、ブラウンが過酷なせいで、起き続けるためにはコーヒーを飲まざるを得ない。)

一回、コーヒー飲みすぎてカフェイン切れたときに手震えてたよ、彼。←


休日の過ごし方

Research, Reading books (Neuroscience, History, Classics, Satire), 
Spend time with my sister cooking together, and being lazy.
(研究、神経科学や歴史、古典、風刺の本を読む、妹と一緒に料理をしたり、だらだらする。)

妹に関する答えが出始めたときから、少し彼が人間っぽく見えてきました。笑

よく読む雑誌
Science Journal (Newton)
(科学雑誌のニュートン)

無人島に1つだけ持っていくもの
Scoop, so that if someone finds me, he can bury me, unless he needs my corps for fire.
(スコップ。誰かが見つけてくれたときに埋めてくれるように。もちろん、火をおこすために死体を焼く必要がなければの話。)

うん、実にKaiらしい!文句無しっ!!

マイブーム:Idea of leaving Brown. (ブラウンを離れることを考えること)

最近一番言っている言葉
Do you want to have coffee?
(コーヒー飲まない?)

週に2~3回、僕の部屋に来て、この言葉を言います。
というわけで、1時間くらいコーヒー飲みながら散歩したら話をしたりするのです。

好きな男性有名人:いないそうです…..

好きな芸人:Jimmy Carr, Frankie Boyle, Alan Carr

前の2人は、ものすごいOffensive Jokes(きわどいブラックジョーク)で有名です。
僕もこの2人は好きです。ただし、真ん中のフランキーボイルはスコットランド訛りがきつくてよくわかりません。
最後のアランカーはものすごい、なんていうか、フェミニンに感じの男性です笑

好きな映画
Green Mile, The Nun’s Story, Twelve Angry Men, Jungle Child
(グリーンマイル、尼僧物語、12人の怒れる男、ジャングルチャイルド(ドイツ映画))

グリーンマイル以外は見たことありません…..

好きな歌手

聞き忘れた….
でも、けっこうJason Mraz, Ed Sheeran, Paulo Nutini, Amy Winehouse
とか聴いてる気がする。
少なくとも、あんまりロックとかポップって感じではない。


好きな言葉
:We live until we die.
(死ぬまで生きる、かな?)


ドキッとする異性の仕草
:とくにないそうです。

理想の告白シチュエーション
It’s ready when it’s ready. I say whenever it needs to be said.
(準備できたときがそのとき。言うべきときに言う。)

つまり、理想もなにも、来るべきときに言う、ということみたい。
ドンと構えております。
えーと、海辺の小さな協会でー、みたいに妄想を膨らませる僕も見習わねば。

自己流モテるテクニック
I don’t have recipes.
(そんなレシピは持ち合わせていない。)

…….ですよね。そんなテクニックなんてないですよね…..。

友達が異性に変わる瞬間
That never happens. Friendship is the price you pay for love.
(絶対に起きない。友情は、恋愛の対価として支払うもの。)

きっと、うまく訳せてないです。
要は、相手と恋愛関係になっても、
そのあとその関係が終わってしまったら、友人には戻れないってことでしょうか。
友人としての関係を保ちたいから、友人とは恋愛はしない、ということでしょう。

学生生活を一言で振り返ると:Stressful (ストレス)

今まで一番泣いたこと
Yesterday – it was too cold.
(昨日。寒すぎたから。)

なんかKaiは寒いと涙がとまらなくなります。観察済みです。

今まで一番嬉しかったプレゼント:My dog

これにまつわるエピソードを1つ。
実家に帰ったら誰に会いたい?みたいな質問をしたときに、彼は「犬」と答えました。
彼曰く、親や妹とはスカイプで話せるけども、犬とは話せないから、だそうです。


100万円あったらどうする?
:Buy my sister a car(妹に車を買う。)

できすぎです。けっこう仲の良い兄妹っていう印象を受けます。
ちなみにKaiと妹さんは双子です。数分差で彼が兄だそうです。

将来の夢:I don’t have time for dreaming. (夢を見てる時間なんてない。)

アピールポイント
My kidney if she knows my blood type. My eyes.
(僕の血液型を知ってるなら、腎臓。目。

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

シグナリングの話。

/ 0 Comments

みなさん、こんにちは。
Takaです。

最後の学期のスケジュールはこんな感じ。

ECON1820 行動経済学
EDUC1150 学校、経済、学校改革(4年生向けセミナー)
EDUC1630 学校制度における戦略的マネジメント(4年生向けセミナー)

あとここには出てませんが、Honor Thesis の準備クラスがあります。
計4科目です。
けっこう教育系の科目がメインです。

見ての通り、月水金には授業がありません。

この空いた時間を使って、論文を書いたり、仕事の準備をします。
なんせ、職場からどっさりと添削教材などが送られてきたもので。
これも仕事でスタートダッシュを切るため。がんばります。

***

ブラウンに戻ってくる前に、2015年に働き始める人たちが集まるパーティーに行ってきました。

集まったのは、外銀(外資系投資銀行)やコンサル、商社、日系証券会社などで働く人たち。

総勢70人以上集まり、日本であまり同期の知り合いがいない僕にとっては、
いろんな人と知り合ういい機会でした。とても楽しかったです!

そこで改めて気づいたことは、上で書いた業界で働く人って、
ほとんどが、東大、早慶の人たちなんです。
とくに外銀だと、最近では院卒の人がかなり多いです。
これまた東大、早慶の院が多い。

俗にいう「学歴フィルター」なるものが存在しているのでしょうか…..

実は、この現象、教育経済のある立場からすると、あまり不思議ではないんです。

人を雇う立場からすると、
たかが数回(多くても10回以下でしょう)会ったところで、
応募者の本質を知ることはできません。

まぁ知られてたまるかって話ですよね笑
そんな薄っぺらい男ではないはずです、僕。(にや

応募者からすれば、だいたい自分の実力ってこんなもんだろう、ってのはわかるだろうけども、それは、雇う側には見えませんよね?
ってことで、雇う側は、なんとかして雇う人の質を担保しようとします。

雇う側の目にも見える基準ってなんだろう?
あっ、学歴だ!

というわけで、学歴がひとつの大きな基準になるわけです。

この背景には、

優秀な人ほど、そういった難易度の高い大学に行くコスト
(お金、必要な努力の量などなど)が小さくて済むはずだから、
そういった大学に行くだろう!

といったロジックがあります。(昔に勉強したからうろ覚え。間違ってたら許して….)

優秀な人は、そういった「難易度の高い大学」に行って、自分の価値を雇用者に伝える。
シグナリング理論といいます。

この理論では、
大学で何を学んだかなんて関係ねぇ!そこを出たってことが大事なんじゃい!
ってことになります。

日本の現行の受験システムを考えると、
ここまで極端とは言わないまでも、このシグナリングで多かれ少なかれあてはまりそうです。

難しい大学に入った=基礎学力、情報処理能力、コミットメント力が高い
ってことをシグナルするんでしょう。

で、きっとこういったスキルってのが、はじめに述べたような業界には必要となってくるから、出身大学が偏るっていう現象が起こっているのだと考えられます。

もちろん、会った人からは伝わってきましたが、
ただ「難易度の高い大学」を出ただけではだめで、
なにかユニークというか、うまく言えませんが「面白い」人である必要があるのだと思います。

この「面白さ」ってのは、やっぱり大学も含め人生で何を経験したかにもよるので、
そういう意味で、大学で何をしたか?何を学んだか?も、もちろん大切です。

ただ、今後、受験システムが変わり評価基準が多様化したあかつきには、
きっとこのシグナリング作用派少しずつ小さくなるんじゃないでしょうか。

雇う側からすれば、「A」という能力の高い人が欲しいとして、

いままでのシステムでは、「A」に基づいて大学の選抜をしていたのに、
この評価基準が「A, B, C, D, …. 」と多様化すると、
必ずしも、いままで「難易度の高い大学」とされていた大学に
「A」が高い人だけが行くとが限らなくなります。
「A」が低くても、他の「B」や「C」が高くて入る可能性も出てくるからです。

そして、その逆もしかり。
「A」が高くても、「B」や「C」が低いという理由で、
いままで「難易度の高い大学」とされていた大学に入れなくなることもあります。

こうなってくると、雇う側としては、もっと幅広いプールの大学を見なきゃいけなくなります。この状況では、より一層「何を学んだか?」「何をしてきたか?」が求められるようになるのでしょう。

いま中高生の読者のみなさんが就職するときにどうなってるか、
どんな感じになっているのでしょう??

***

ちょっとまじめな記事でした。

そういえば、トモチーニのバーチャルお見合い面白かったので、
僕も今度、友人の紹介やってみようと思います。
彼も、なかなかのハイスペックなので。笑

最近、またback numberを聴いています。
ヒロイン、好きです。

残念ながら、こっちで降った雪はドカ雪で、
雪がきれいね、なんて言えないほどでした。
道民なので慣れっこです。笑

では、また来週。
ばーい。

Honor Thesisの資料とメモ

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

1クリックよろしくお願いします!

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

ブラウンに戻る前に。

/ 0 Comments

みなさん、こんにちは。
Takaです。

東京にいます。
これから鍋パです。短めに書きます。

今日は、卒業後に働くオフィスを訪問してきました。
貴重な時間を割いていただき、
いろいろとざっくばらんな話を聞くことができました。

今日のレッスンは、

「なぜその仕事をやっているのかを常に考えること」

です。

若手のうちは、どうしても上司から与えられた課題を終わらせるのに
いっぱいいっぱいになってしまい、
どうしても、その仕事の裏にある意図をつかむことが難しい。

その中でも、
どうしてその仕事が必要とするのかを意識することで、
指示されている以上のアウトプット、すなわち、
求められているレベル以上の価値を生み出すことができる、
ということでした。

こういう姿勢は、勉強においても同じだと思います。

授業で、ある課題が出たときに、

その課題でなにが求められているのか?

を意識すれば、的外れな回答を避け、
的確なアウトプットを出せるのではないでしょうか。

忙しい中でこそ、
しっかりと時間管理プライオリティ管理をすることで、
ひとつひとつの仕事に対して、
十分な「考える時間」を与えることができるのではないでしょうか。

そんなことを意識しながら、
来学期を生き抜こうと思います。

来週はアメリカから書きます!

最後になりますが、
日曜に足を運んでいただいた方、
ありがとうございました!

では、また来週。
ばーい。

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

1クリックよろしくお願いします!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

近況+質問への答え。

/ 1 Comments

みなさん、こんにちは。
Takaです。

稚内生活も1週間が経ちました。

これといって差し迫ってやらなきゃいけないこともないので、
のんびりと生活しています。

新年早々、復讐ドラマにはまりました。
Revengeっていうドラマです。かなりおすすめ。
3日で1シーズン22話見てしまいました。

加えて、なんと本も読み始めました。(よほど暇ってことです←)
「世紀の空売り」って本。読破できるか….

インターステラーを見てから、
相対性理論についてもっと知りたくなったので、
ドキュメンタリーなど簡単に解説してくれている動画とかも見てます。
(数式云々はまったくわからないけども)

あまりに時間があるので、頭の体操として、
数学の入試問題も1日何題か解いています。
数学に関しては、永遠の片思いなのです。

そういえば、父の職場の新年会にも参戦しました。笑
楽しかった記憶はあるのですが、あまり記憶が残っておりませぬ。
社会人になったら気をつけねば、と心に誓ったのでした。
今週末は、その職場の方とカラオケにいってきます。

てなわけで、外出はあまりしておりませぬ。
といっても、そもそも稚内はあまり天気がよくない….
あんまり日光がでないんですねー
でも思ったほどは寒くないです。最低でもマイナス4℃とかです。
そいえば、昨日は吹雪でした。窓の外が見えないというね。
軽自動車がかるーく埋まりかけてました。
風速20メートルとかそんな感じ。

***

そんな中、宣言通り、料理関連のことをしています。
2日に1回くらい。

今日まででやったことは、

お米をとぐ(手が冷たい….)
おにぎり作る(意外とやってみたことがなかった…)
炒め物を作る(けっこうおいしかった!)
皿洗い

明日は、チャーハンを作ります。
パスタも今度作ります。
でも、トモチーニとは違って、麺は作れません。←

両親曰く、
こんなんでひーひー言ってられないそうで。

社会人になったら、他にも….

部屋の掃除
トイレ掃除
洗面所の掃除
風呂掃除
買い出し
洗濯・アイロンがけ

などなどあるわけで、
もちろん寮生活ではなじみのあるものもあるけども、
これらを、週80時間労働ともいわれる状況でやりきると考えると….

あーこわいこわい。
まぁやるしかないんですけど。

こんな感じで、いまのところゆっくりしつつ、
東京暮らしに向けた修行をしておりまする。

***

最後に、先日の記事に質問が来てたのでそれにお答えします。
(maiさんからでした。質問ありがとうございます。)

Q 睡眠時間が比較的多い方だと思うのですが、
授業時間外での勉強はどのようにされてるんですか?
課題とかはちゃちゃっと仕上げる感じですか?
あと英語力を上達するために、何か特別に行っていることはありますか?

たしかに今学期は睡眠時間は長めでした(10時間くらい寝てた気がする)。
ただし、今学期は特殊です。普段は8時間くらいです。
それをふまえて答えていきます。

授業時間外の勉強は、基本的に予習か宿題だと思うんだけども、
宿題だったら、普通の難易度で1時間くらい、
難しいやつだと3時間くらい(重めのProblem Setとか。)
かかるので、だいたい期限の2日前くらいに済ませます。
予習は、論文を読むコツを押さえてから、時間がかからなくなりました。
40分から1時間くらいかけてるかなぁ。

そういう意味ではちゃちゃっと済ませているのかもしれません。

慣れないうちは気が張って時間がかかると思います。
慣れてくるといい意味でも悪い意味でも「抜きどころ」が見えてきます。
そこまで頑張ってくださいね!

最後に英語力を上達させるためにやっていることは、
やっぱり英語を使う場に身をおくことですよね。
特別ではないですが….
友達と話したり、教授と話したり、うんぬん。

実感ですが、ドラマを見ていることも役に立つことがあります。
台詞で使われていた言い回しとか表現とかって使えます。

はじめは思ったよりわからなかったり、通じなかったりで、
聞き直したり、聞き直されたり、
話に入っていけないこともあると思いますが、
そこで臆さないメンタルも大事になってきます。

そういう意味で、
1人でいいので仲の良い英語圏の友人ができるといいですね。
僕の場合は、1年目のルームメイトに非常に助けられました。
似非イギリス英語も身に付きました←
今でもお互い1人部屋に住んでますが、
1日1時間くらいは話してる気がしますw

***

来週は、東京に戻ってオフィス訪問をしたりと
外出イベント盛りだくさんです。

いまのうちにぬくぬくしておきます笑

では、また来週。
ばーい。

***

今週末は、ブラ熊新世代による説明会です!
興味のある方はぜひ足を運んでください!

予約はこちらから。
https://www.agos.co.jp/onlineservices/modules/agendax/?op=view&id=3401&on=20150111

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

1クリックよろしくお願いします!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

いろいろ変わった1年。

/ 0 Comments

あけましておめでとうございます。
Takaです。

今年もFacebookやらTwitterが、
2014年の総括や2015年の抱負で埋まっていましたね。

僕も、せっかくブログという媒体があるので、
この場で総括と抱負を記したいと思います。

今年は、自分の人生において大きな意味をもつ一年でした。

まずは、ブラ熊ツアー。
全国10都市をまわりながら、今年もたくさんの人と交流しました。

僕は、知らない人と会って、その人と話すのが好きなので、
かなりの強行日程にも関わらず、楽しむことができました。
僕らのツアーによって、
誰かの人生になんらかのプラスの変化があれば嬉しいです。

そこから間髪いれずに、インターンへ。
たしか東京での交流会の翌日には香港にいました。笑

このインターンがほんとに大きな転換点でした。

社会人の入り口に足を突っ込んできたときに感じたことは、
はやく社会に出て働きたいっていうことでした。

精神的にも身体的にもきついなかで、高いハードルを課された仕事をして、
それが充実感や達成感という形でも、報酬という形でも報われる様子を、
身をもってひしひしと感じられたことは大きな収穫でした。

残念ながら、そこからは内定は出ませんでしたが、
そこから持ち帰った感覚だとか教訓だとかが、
その後の就活にいきてきました。

そして、ボスキャリ。
自分の留学生活を振り返るきっかけとなりました。

ありきたりな言葉だけども、
自分が留学を通してどう成長したのか。
自分の軸は何なのか。
出願時のエッセイの再来のようでした笑
ありのーままのー姿(+上品さ・礼儀正しさ)で勝負した結果、
無事に自分の進む道が決めることができました。

ただ、ここからが問題。
勉強に対してモチベーションが迷子になってしまいました
就職が決まった以上、誰も4年次の成績なんて見ません。
燃え尽きたのか、なんなのか。
自分の中でもわからいのですが、勉強が手に着かない日々が続きました。
しかし、単純にBを取るのが自分の中で許せない、というただそれ一点だけで、
期末は勉強しました。
(おかげで成績は申し分無しでした。)

自分の中で、もう「勉強したい!」という思いが消えつつあります。
別になにかを学びきったとも思わないんだけども、
(そもそもそんな日なんて一生来ないだろうし笑)
とにかく「自分で生活したい!」という思いがとにかく強くなっています。
まぁそういうお年頃なんでしょうか?笑

生活面でも経済面でも、もちろん精神面でも自立してこそ、
自分のほんとうにやりたいことを思う存分にできると考えています。
ただ、残りの一学期は、全力で取り組もうと思います。

「教育のことを語っていたころが懐かしい」とも言われましたが、
自分の中でもなつかしいーって感じですね笑

でも、これは教育に対して関心を失ったわけではありません。

進路を選ぶときに考えていたことは、

(仮に「正しい」ことがあったとして)
「正しい」ことを「これが正しいんだ!」って主張したところで
それがなかなか通らないのが現実なのかなぁということです。

教育関連の論文を読んでみれば、
効果的であると繰り返し示されている施策があります。
じゃそれが実現されてるか、ときかれると、それはまた別問題です。
まぁいろんな問題があるんです…..

でもそれは誰かが悪いってわけではないのです。
人間、インセンティブがないと行動しません。

だからこそ、
プロジェクトや組織が持続的に・効率的に動くには、
そこにしっかりと「お金」が流れるようにする必要があるのでしょう。
善意で物事を進めるのには限界がありますから。
(熊さんとこの点についてよく話したなぁ)

こう感じたとき、自分がいきたいところは、
政策や研究の道ではないなぁと感じました。
「こう主張したのに実現しませんでした…」と後から嘆くのも嫌なので笑

教育に関しては、
僕はプロジェクトにファイナンスする側になれればと思っています。
そうすれば、僕の思うところを反映させることもできるでしょう。

そういった意味で、
今年は、いままでもっていた将来のビジョンが
すっかり見えなくなってしまった年でもありました。

昔は、「なんで留学したんですか?」と聞かれれば、明確な答えを持っていたのですが、
今となっては、わかっているのは卒業後の仕事だけです。笑
でも、たかが数年働いただけで、その業界を分かった気になるのも嫌なので、
これから働く場所でできる限り上を目指していきたいと考えています。

いやぁ人間って一年でこうも変わるものなんですね笑
まぁこれも留学の醍醐味ってことですかね!

2015年は、まずは大学生活で有終の美を飾りたいと思います。
そのあとはいよいよ社会人生活です。
仕事以外の面のほうが心配です…..
家事をあまりしたことがなかったので…..
冬休みは、料理とアイロンがけを覚えます。

それでは、みなさん今年も頑張っていきましょう!

最後に、

アメリカ出願が終わった方、おつかれさまでした。
日本受験の方、センター試験の追い込み頑張ってください。

では、また来週。
ばーい。

*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

1クリックよろしくお願いします!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

もしもミスターコンに出たら….

/ 1 Comments

みなさん、こんにちは。
Takaです。

いやぁ今学期もあと1本ペーパーを書ききれば終わりです。
いま合間にブログを書いています。休憩です笑

休憩といえば、僕はだいたい休むときには、
ドラマを観るか、Youtubeを観るか、昼寝をするか、筋トレをするか、
ってのが相場なのですが、

先日は、各大学の今年のミスコンの結果を見ながら、
パソコンで疲れた目を癒しておりました。←

期末ってのもあって、これを書きたい!っていうネタもないので、

Takaがミスターコンに出たら!って設定で、

ミスターコンで聞かれるような質問に、完全にノリで答えていきます!

Takaの新たな一面が知れるかも!?←

じゃはじまりはじまりー

***

趣味
海外ドラマを見ること。最近はCastleを見てます。

所属サークル:ブラ熊!

よく行くエリア・スポット
アメリカ:ジム、ベッド、Joe’s (ブラウンのカフェテリアの一つ)
日本:
かのの家、渋谷(人多すぎて嫌いだけど…)、居酒屋!
そういえば、自由が丘で迷子になりました。
札幌だったら札幌駅周辺ねぇ

コーヒー派?紅茶は?
コーヒーはブラック飲めません。紅茶もストレート飲めません。
初デート(?)のときに、
アイスコーヒーに砂糖溶かそうとして、あれっ溶けねぇってなりました。

休日の過ごし方
1人で過ごすなら、基本引きこもり←
ときどき映画見に行くとか?買い物はあんましない。本屋けっこういくかも。
友達だったら、カラオケ、ご飯食べにいく。
デートとかなら、けっこう相手次第かも。
相手が外出好きだったら、どっか行きたいとこ考える。

よく読む雑誌
そもそも活字をあんまり読みません。
最後に読みきった本は、ハリーポッターの死の秘宝と世界史の教科書です。

無人島に1つだけ持っていくもの
Macって書こうとして、wifi飛んでないことに気づいた。
よゐこの濱口さん

マイブーム:シャワーで歌う!

最近一番言っている言葉:早く日本帰りたい。

好きな男性有名人:沢村一樹とか?イケメンなのに、ね笑

好きな芸人:アンジャッシュ、サンドイッチマン

好きな映画
男と女の不都合な真実
Mr. & Mrs. Smith
TED
あとスティーブカレルが出てる映画全般。

好んでは見ないけど、グロは大丈夫。ジャパニーズホラーはぜったい無理。
小4で着信アリ見て寝れなくなった。
中学か高校で、呪怨のパッケージだけで寝れなくなった。

好きな歌手
洋楽:Maroon 5, Paramore, Fall Out Boy, Rixton, Ed Sheeran
邦楽:Acid Black Cherry, Back Number, 阿部真央
とかかなぁ
でもアーティストにこだわらず、いいと思った曲は誰のでも聞く。
そういえば、ボカロの曲もけっこう好きです。←
でも「歌ってみた」シリーズのほうが好きです。

好きな言葉:ないなー。強いて言えば、今を生きろ、かなぁ。

ドキッとする異性の仕草
はにかんだとき。ツンデレでデレられたとき。
(ただし、タイプの女性に限る)

理想の告白シチュエーション:サプライズっしょ。

自己流モテるテクニック
とりま笑わせたもん勝ち!でもしゃべらなかったらイケメンとも言われる。

友達が異性に変わる瞬間
いいなぁとはじめに思った人は、他の女友達と違うくくりの友達になる。
自分と波長が合うと感じたとき?

学生生活を一言で振り返ると:よく生きた、自分。

今まで一番泣いたこと:部活の引退試合。

今まで一番嬉しかったプレゼント:この前のサプライズ誕生日パーティー嬉しかったぜい!

100万円あったらどうする?:とりま貯金しそう….海外旅行もいい。

将来の夢:幸せになりたい。切実。

アピールポイント:笑顔かしらねぇ。あとは、一途っす(照れ

特技:二度寝!夜更かし!

よく使うアプリ:Facebookって入る?

自分を色に例えると?:ピンク。脳内ぴんく。嘘です。ロイヤルブルー!(好きな色)

平均睡眠時間:今学期は8-10時間。そう、社会人生活に向けて寝だめしているのだ!

旅行で行きたいところ:西ヨーロッパ。

ストレス解消法:なんもしないでぼーっとする。枕を投げる。

最近買った一番高いもの:ラルフローレンのセーター!(しかし65%offで買った!)

尊敬する人:いない…

好きな女性有名人
トリンドル、マギー、桐谷美鈴、平愛梨、長谷川潤とか?
AKB系列だったら、山本彩とか白石麻衣かな

好きなテレビ番組
アメリカ:Castle, House, Bones, Burn Notice, How I met your mother
日本:リーガルハイ、結婚できない男(もう何回見たか数えられん)

好きな本:あんまり読まない。

好きなスイーツ:断然、ティラミス!

一番かけられて嬉しい言葉:自分ががんばってることをほめてくれる言葉。

こんな異性に惹かれます
18歳から24歳の間で、身長は自分と同じか低め、色白、髪は明るすぎない茶色、
目が魅力的で、モデル体型、スマートでユーモアにあふれ、お酒好き、
社交的で、適度なおしゃべり、どちらかというと男っぽい性格、
なにより笑顔が素敵な女性。
あと、なにかに打ち込んでる人。自信を持ってる人。
「私、可愛いから」くらい言い切っちゃう人←笑
ツンデレはやられます。

いま恋してますか?:どうでしょうねぇ

もし一目惚れしたらどうアプローチする?:とりま相手の視界に入る。笑わせる。

理想の結婚相手:好きになった人。

今まで一番笑ったこと:もう笑いすぎていつかわかりません。

今まで一番疲れたこと:インターン!まちがいねぇ…

今まで一番美味しかった飲食店:むずいなぁ。少なくともアメリカではない。

1つだけ願い事が叶うとしたら?:誰かペーパーの残り書いてください。

座右の銘:自分で考えて、やるべきと思うことをする。メリハリをつける!

頑張ろうと思ってること:魅力的な人間になります。これ以上があるならな。ふっ←

***

ざっとこんな感じ。質問は今年実際にProfileで聞かれてることね。
これ、意外と面白いかも笑

じゃペーパーに戻ります。
いや、寝るかも。テンション次第。

来週は日本から!21日に日本につきます。
まだ飛行機乗るの地味にこわいんだよねぇ…

ばーい!

*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

1クリックよろしくお願いします!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 ... 10 11

separator