divider

separator


”ハーフ”になりたかった帰国子女の私

/ 0 Comments /

昨日はブラウンのearly decisionの合格発表で、695人の合格者が発表されました。今までで一番多い人数だとか。まだ2年生になったばっかりな気がするのに、もう新しい後輩の3分の1が決まったなんて、何だか信じられません。もし読者の方の中に合格者がいれば、おめでとうございます!

 

news-from-brown

https://news.brown.edu/articles/2016/12/early

 

さて先週のことですが、“HAFU/ハーフ”という映画を見ました。これは日本に住むハーフ、又はミックスルーツの方々についてのドキュメンタリーです。日本という一般的には”単一民族国家”として知られる国でハーフとして生きるとは、どのようなことを意味するかを描いてます。学校でいじめられたり、ハーフだけど日本語が話せなかったり、見た目が違うから”お前何者?”と聞かれたり、ハーフならではの悩みをリアルに映し出していて、とても印象的でした。

 

hafu_poster_small

 

現在、日本で生まれる新生児の49人に1人は日本人と外国人の間に生まれる。

え?そんなに?日本って日本人ばっかじゃなかったっけ?

そういえば、私の周りにも。3年生のクラスにいた学年で一人の白人の男の子。彼はインターナショナルスクールに転校してしまった。学校で一人いた、黒人の女の子。違う学年だったからたまに見かけるぐらいで、”あの子一体何なんだろう?”と思ってたっけ。この夏見かけた、肌の色が違うけど日本語で話す親子。最近良く近所で見かける”外国人”。

日本も、どんどん変わってきていて、最近はそれをよく感じます。

 

”ハーフ”はもともと動物に使われていた言葉だから、”ミックスルーツ”や”ダブル”なんて言い方も考えている。

なるほど、”ダブル”って言うと、”半分何か”じゃなくて”2つ持ってる”と思える。言葉を変えるだけで、見方が全く変わってくる。

人は何で一つのものに断定しないと落ち着かないのでしょう?中途半端だとなんだか信用できなくて、不安な気持ちは理解できますが、両方あったほうがお得、というか強い!とも考えられると思います。例えば、私が好きな漫画の話の多くでは主人公が敵と味方、両方の力をもっていて、途中”自分はどっちなんだ”って葛藤しますが、両方理解できるから強いんです。両方の力があるから、強いんです。みなさんが知ってそうなもので言えば、”進撃の巨人”のエレンは人間だけどなぜか巨人にもなれたり、”寄生獣”では新一は右手だけ寄生獣だったり。他にもいろいろあります。

漫画の世界では両方の力をもった者が強くて、特別で、読者はそれを認められるのに、現実社会になるとなかなか難しいのでしょうか…。

私が好きな漫画の主人公の多くがある意味”ハーフ”だと気づいて、はっとしました。

 

15585338_1505170172831891_7944508815958453643_o

クリスマスが近いのでGingerbread houseを作りました!

 

いろいろ考えさせられた映画でしたが、一番強く思ったのは、帰国子女として私にも共感できることが多くあったことです。アメリカに帰りたいと強く思ったり、何か自分は違うなと思ったり…。

”ハーフなの?”

最近はあまり無いけど、英語が話せるだけでこう聞かれたことが何度かあります。その度に私は違うけど、アメリカに住んでいたことを説明しました。

 

正直、”自分がハーフだったら良かったのに”と思ったことがあります。ハーフがうらやましかった、というか。帰国子女って、何だかとても中途半端で。ただアメリカに住んだことあって、英語話せるだけで、堂々とアメリカの文化を主張することもできなければ、なんだか日本人とは違うと思われる。というか、自分でも”私は他の人とは違うんだ”と思ってた。でも日本人の血しか流れて無いから、”私は違う!”とも言い切れなくて。ハーフだったら堂々と、”私は半分アメリカ人なんだ!”って言えるんじゃないかって。

このドキュメンタリーを観ていろいろ共感できて、私もこういう話に参加したいなーって思ったけれど、待て自分。私、”ハーフ”でも”ミックスルーツ”でも無いじゃないか。

久しぶりに、”やっぱりハーフに生まれたかったな”とちょっと思ってしまいました。

 

そもそも”帰国子女”って何なんでしょうね?最近はなんか帰国子女がエリートのように思われていますが、それは例えば”バイリンガルである”こととかを推測して思っていませんか?それに、異文化を経験したことが同じなら、留学経験者も”帰国子女”になるのでしょうか?帰国子女についても是非ドキュメンタリーを作ってほしいなと思いました。異文化を経験したけど、それを”自分のもの”とは主張しきれず、かと言って自分の文化とは何か違う、”中途半端”な私達の思いも知って欲しいです。

 

いつか”ハーフがうらやましい”とか、”ハーフだと思われた”話を母にした時だっただろうか、とても印象に残った母の言葉があります。

”福島と神奈川、文化すごく違うからハーフ同然よ!”

こう冗談で言った母。でも私にとっては冗談じゃなくて、なんだか私を楽にしてくれた言葉でした。

 

日本人は日本人でも、地域によって全然違う、だから私も”ハーフ”。一般的に”ハーフ”だと言われる人は、たまたまその片方が外国だっただけで、違う環境で育った二人の間の”ハーフ”なのは同じなんだ、って思えた。私が思う”ハーフ”や”日本人”の定義が覆った。だから最近は”ハーフなの?”って聞かれたら”福島と神奈川のハーフ(笑)”って答えてます。友達にはちょっと”へぇ?”って顔されるけど(笑)

 

映画”ハーフ”皆さんも是非観てみてください

ウェブサイトリンク:http://hafufilm.com/

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!


separator

No comments so far!

separator

Leave a Comment


separator