divider

Archive


[ お知らせ ] お食事会のご招待!

/ 6 Comments

こんにちは、もう12月ですねー

.

冬といえば、ブラ熊メンバーが帰国します。

というわけで…

.

.

ブラ熊と一緒に、ご飯を食べませんか??

 .

.

今度こそ、詳細です!

.

日時

12/27(日) 17:30- 19:00

.

参加費

お食事代 3000円

.

参加対象

学生でも社会人でも、どなたでも!

.

集合場所

17:20 に 渋谷ハチ公前 

.

.

卒業生も来る……かも?

健太くんのコーヒーも飲める……かも?

.

メンバーとご飯が食べたい方、留学について聞きたい方、どしどしご参加下さい!

お申し込みはこちらから!

.

コメント・ご質問あればどうぞ!

皆さんとお会いできるのを、楽しみにしております(・v・)/

.

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

[お知らせ] 冬の晩餐会!

/ 0 Comments

いやー寒くなってきましたねー。って言ってもまだまだ東京は暖かそうですね。うらやましい。

 

それはさて置き、お知らせです!

 

年末にブラウンの熊たち晩餐会を開催します!詳細はこちら。

 

日時:12月27日 日曜日 17時~

場所:渋谷、目黒、中目黒、自由が丘のどこか

参加費:未定

対象者:ブラ熊とご飯が食べたい人なら誰でも。

 

ということで、詳細はこちらと言っておきながら、あまり詳細が決まっておりませんが、決まり次第、追ってお知らせします!

ブラ熊のメンバーと話してみたい人、留学に関して質問がある人、何かよくわからないけどご飯を一緒に食べたい人… などなど。どなたでも大歓迎!

 

もしかしたら、卒業生のあの人もゲストで来るかも… ?

それは始まってからのお楽しみ笑

 

取り急ぎ、お知らせでしたー。

 

 

 

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


【ゲスト投稿?】名無しのリスさんのケース(Tomokiの日常) & お知らせ

/ 0 Comments

皆さんにお知らせです!!


 

同じトモで気づかなかった人も多いでしょう。そうです、火曜日担当はトモチーニではなく、新入生のトモキ君になりました。2012年の9月から約3年間書き続けてきたブラウンの熊たち。しかし、4年生に突入した今、可愛い後輩達にバトンタッチすることを決意しました。 その理由と最後のメッセージを、ビデオブログで今学期のどこかで投稿致します。んじゃ、それまでバイバイキーン!


 

というわけで新しく火曜日担当になった巴基ですが、いきなり”ほかの方”に書いてもらうという図々しいことをしちゃいます。それではリスさん、お願いします!


IMG_3302

吾輩はリスである。名前はまだない。

名前が無いことにはずいぶん悩んだものである。最初のうちはリス同士、話さなくても全然うまくやっていけたが、人間と接触するとやたらといろいろな事を考えてしまうのだ。名前のほかにもなぜ人間は遊んでも逃げてもいないのに猛スピードで歩いたり走ったりするのか、なぜ人間は細かく時間を気にするのか、なぜ人間は色々と食べ物の味を変えたがるのか。そのほとんどがいまだに吾輩は理解できぬ。しかし音楽は一度体感しただけでかなり夢中になってしまった。最近持ち木から離れて遠くの音楽系の建物がある方に走って行くのが当たり前になってきてしまっていて、家族によく怒られる。が、やはりこれは譲れない。

そもそも巴基と会ったのもあの奴のピアノを聞いていたのがきっかけである。あいつはピアノはまあまあ上手いが、どうも腹が立つ。せっかくの人生なのにしょっちゅうあれをやらなきゃこれをやらなきゃと愚痴をこぼしている。そんな暇があったらさっさと終わらせて遊べばいいと思うのだが。やはり人間は不可思議である。

さて、そろそろ本題に入らないと流石にあとで巴基にうるさく言われそうなので雑談はここまでにしておく。今回の記事は巴基のとある月曜日に付き合った時の事である。

 

まず9時に教室の近くで待ち合わせをしていたのだが、待てど暮らせどあいつは来ない。まだかまだかと待っていると5分も遅れて来やがった。何でも連日3時に寝ているから寝不足とのことである。そんなに眠いなら寝ればいいと思うがあいつはやる事が多すぎる日が続いているせいで寝たくても体が寝てくれないという。少なくとも吾輩にはそんな気持ちは分からないしそもそも授業に遅れ約束に遅れるという人間の間でのタブーを犯している。困った奴だ。

そんな訳でAPMA0350に遅刻した巴基であるが、運がいいのか最初の5分は前回の授業のおさらいだったらしい。まったく悪運が強すぎるとつくづく思う。ちなみにこのクラスは健太もとっているが、巴基と健太のこのクラスの観点の違いのせいか一度もまだこの2人、一度も一緒に座ったことがない。”楽しくはないけど取らないと前に進めないクラス”と言っている健太に対して巴基は”少し線形代数学”を自習してでもとりたい”というこの意見の違いは何なのか。そして、そんなに好きな授業を遅刻できる奴は何のか。吾輩にはさっぱりわからない。ちなみに肝心の内容であるが、応用数学の入門クラスである。微分積分を高校の数学で取った人はその延長線と考えてもらえればお分かりになるかと思う。取ってない人には単に難しい数学と理解してもらえればいい。

次のCS0170というコンピューターサイエンス(プログラミング)の基本のクラスにすぐ行くのかと思ったら朝ごはんを食べていないから一度寮に戻るとかほざいてパンを口に突っ込んだまま講義に数分遅れで到着。いつもあいつはダメだと思っているが、この日は特別ダメだったと今振り返ってみて思う。ちなみに講義の内部と外部はこんな感じである:

image25

image24

講義のあと、巴基は学校の中心部にあるスペースで水を汲んだのちに勉強していたらしい。ちなみにブラウンの浄水や水道水は全国屈指の質らしい。炭酸が苦手な巴基はいつも水が美味しいことに喜びを感じているらしい。

image22

巴基からの一言:こういう浄水を水筒に入れられる機械がブラウンにあるのでかなり便利。ただ僕は場所は1つしか知らない(笑)ので複数あるかどうかも微妙。

 

昼ご飯はAndrewsという”高いけどうまい”とよく巴基がいう食堂で定番のPhoを食ったらしい。人間は違うものを食べたがるというが、巴基のここだけは評価する。やはり食べなれた味が一番である。

image6

吾輩はその間木のみ片手にのんびりとスズメと雑談をした。人間がコンピューターの画面をじっと見つめているところや食べ物を食べる所を見てもなにも得しないからな。

午後はまずHIST0218、東アジアとやらの地域の現代史の授業。こじんまりとした場所で明以降の歴史を学び、毎週1日は語り合う授業である。ブラウンの唯一の義務である”作文が絡んだ授業を2個取る”を半分クリアできてうれしいとか言っていた。あんなに読み物が多いことを愚痴ってるくせに。まったく人間というものはやはり分からん。それと更に突っ込むが巴基の奴、このクラスの途中にウトウトしてやがった。ちゃんと寝ろと思う。

次の授業はCHIN0100、中国語である。何でも高校での中国語の授業があまりにも悪かったせいで今一番低いレベルを取っているとのことである。吾輩にはペースがかなり速いように見えるからどちらにしてもあいつは同じクラスを取っていたと思うが。

ちなみに授業がある建物は小さい教室がたくさんあるが、要は教会である。

image5

IMG_3087

巴基からの一言:ちなみに下のほうの写真はオリエンテーション期間のMidnight Organ Concertというイベントで撮った写真。

 

メインのでかい部屋ではあいつは剣道クラブをやるらしい。肖像画、オルガン、さらにステンドグラスに囲まれながら剣道をするのは不思議だとあいつが言っていたが同感である。しかし、あいつ宿題が多いくせに合気道もやっていて合わせて週に晩を5つもつぶすとか全くもってきちがいである。

この後は月曜だけにあるコンピューターサイエンスのLabである。Labではプログラミングの練習をさせられるらしい。

image4

普段は5時まであるのが4時頃終わってほっとした顔をした巴基が印象的だった。今度はあいつのその顔を写真に撮っておこう。

この後はようやく吾輩が待っていたピアノの練習の時間である。

image21

 

FullSizeRender (2)

 

巴基からの一言:こちらSteinway & Sonsというナンバーワンブランドのピアノ。AMPというブラウンの個人レッスンプログラムに受かった人のみ使える練習用ピアノの一つ。

 

まだあいつが曲を弾き始めたばかりでそこまで上手に聞こえないが、一応は楽しめた。

練習の後は楽譜を借りるために図書館に行ったわけだがなんと少しの差で先に取られてしまったらしい。諸君、図書館から借りるときは早いのが一番である。

ここからは別行動である。吾輩は晩御飯の木の実を食べに行った。あいつはRattyという”おいしいものを選ぶのがブラウン内で一番大変”な食堂でマカロニ&チーズとサラダを食ったらしい。サラダはいつも大丈夫だがやはりメインは難しい、今日は初めて選ぶのを失敗したとか言っていた。

image20

上記:吾輩が木の実を食べているところ

image2

その後あいつはコンピューターサイエンスのTA(Teacher’s Assistant、生徒で教授の助手)のOffice Hours(会って質問できる時間)に行ったりやる事をやっていたらしい。吾輩は疲れ切ったので木に戻って寝た。あいつもさっさと寝る習慣をつけてくれればいいものだが。

というわけであるが吾輩の初めてのブログはどうであっただろうか?ちなみに余談であるが吾輩の名前をコメントに書いてくれると実に喜ばしい。ぜひお願いしたい。


という訳でかなり変なブログを書いてしまいました^^; ちなみに僕の場合月曜日にすべてのクラスとCSのLabがあるので一番忙しい日です。火曜日や木曜日は授業が1つか2つしかないのでブラウン学生は一日中授業を取っていると思い込まないでください(宿題はその分たんまりあるけど笑)。

ではまた来週。

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


Gとお化けの違い & お知らせ

/ 1 Comments

まずはみなさんにお知らせです!


こんにちは、カナです。 ケンタが事前に発表してくれましたが、私は今学期、ブラ熊をお休みする事にしました。

かなり急なお知らせになってしまい、申し訳ありません。 私は調子に乗って様々な事に手を出し、全ての事を中途半端にしてしまう所があります。去年は「とにかく何かやらないと」と自分にプレッーシャーをかけ、色々な活動に手を出し、結局いつものように全ての活動を中途半端にしていました。その結果、達成感や純粋な楽しさを感じる事が出来ずに1年目を終えてしまったため、今学期はこの反省を活かし、ブラ熊を含め、いくつかの活動を一旦休止する事にしました。こちらの勝手な都合で申し訳ありません。 来学期のスケージュール次第、また是非戻ってきたいと思います!

今日から、毎週水曜、新ブラ熊のメイちゃんが担当します!メイちゃん、よろしくお願いします!


ということで、改めましてこんにちは!メイです。頑張って水曜日を盛り上げていきます!よろしくお願いします。

さっき、何気なく自分の20歳の誕生日が何曜日にあたるか気になったので見てみたら、まさかの13日の金曜日でした。自分ドンマイケル。不運なことと言えばもう一つ。

先日部屋に出ました。あやつが。みんなを困らせる、あやつ。

…G(もどき)。ゴッキーさん(もどき)!!!ガッキーじゃないですよ。それもそれでビビります(笑)

正確には他の虫だったと思いますが存在感はゴキブリでした。とにかくびっくりしました。

だがしかしbut、わたしはGが出るとテンションが上がります

…え?

(何この子大丈夫かしら精神科紹介してあげようかしら)

と聞こえて来るのはさておき。安心して下さい!(はいてますよ。)私は人並みにGが嫌いです。もう超やばいGメッチャかわゆす~っていう感じではありません。人並みに苦手です。でも出たら出たで、「よっしゃキタ!!!」ってなります。G退治が好きなわけでもなく、いつもお父さんにやってもらっています。自分でもこの胸の高鳴りはどこから来ているのだろうと思っていたところ数か月前、ついに答えが。

あ、今更ですが虫が苦手な方がいらっしゃったらすみません(苦笑)

IMG_0776

遡ること数か月前、夏休みのバイト先の先輩方や同輩とこのような話になりました:

「夏はセミがうるさいよね~。」

「○○さんセミ苦手だもんね~。」

「セミとかGとか無理だね~。」

「え、でもG出たら楽しくなりませんか?」← わたし。

言うまでもなくこの問題発言をした瞬間ざわめきが。ときめきじゃなく、ざわめき。なんでなんで(笑)、ならないならない(笑)と言われる中、ある面白い質問をされました。

「ホラーも大丈夫なの?」

………。だいじょばないですね。苦手すぎてここ10年ほどホラー映画もお化け屋敷も避けてきました。肝試しなんて以ての外。仮装人間であろうと本物であろうと、出てきたら自分までもがあの世行きする勢いで心臓にきます。

ですがよくよく考えると自分にとってのGも世間一般にとってのお化けも原理は同じ事に気付きました。

要はスリルなんだと。

怖いのは分かっているけど、目を隠している指の隙間から映画スクリーンをちらり。そんな時ありませんか?嫌なはずなのにどうしても目で追ってしまうというか。気になってしまうというか。わたしにとってGとはそのような存在です。好きじゃないけど嫌いじゃない。Gに対して何ツンデレになっているんだとツッコまれそうですが、このテンションの上がり様はそのような関係性から生み出されているのだと思います。

ならば自分にとってどうしてGは良くてお化けはダメなのかと分析してみたところ、勝ち目の問題だと発覚しました。Gは確かにすばしっこくて見た目もブッキーだけど、結局はただの虫。キンチョールには敵いません。というか絶対向こうから見た私たち人間の方が恐ろしいはず。お化けは違います。出たら絶体絶命とまでは言いませんが、なかなかの一騎打ちとなるでしょう。簡単に勝てる相手ではありません。このように、スリルはスリルでも勝ち目の有無で自分の心境が大きく左右されます。

そしてなぜわざわざGとお化けというドン引きされそうな組み合わせについて延々と話してきたかと言いますと、この話を通して自分の改善すべき点が見えてきたからです。

IMG_0209

まず一つ目は、自分は勝ち目があると思っていることにしか挑戦しない点。

例えば、今まさにしているアメリカ留学。英語が話せるから何とかなるでしょと心のどこかで思いながら踏み出しました。この点についてはブラウンを選んだ理由を含めまた別の機会にお話しできればと思っていますが、今までのスリルの例え話で薄々この点に気づかれた方もいらっしゃると思います(汗)

今回追求したいのは二つ目:

自分の思考回路が論理的ではない。

「Gが良くて、お化けがダメな理由を説明せよ。」ってお題でもし論文を書かせられたとしたら、確実に不合格だろうっていうぐらい自分の考え方が甘いことに気付きました。それは、今学期とっているPHIL1590: Philosophy of Science (科学哲学)の授業中に食らった衝撃。

IMG_0225

先生:「今日は “Induction” (帰納的結論)について話そう。想像してほしい。生まれて今まで青リンゴしか見たことのない人がいたとする。一昨日見たのは青リンゴ。昨日見たのも青リンゴ。いつ見ても青リンゴ。なら今日リンゴを見つけたとしたら絶対に青いだろう、この世には青いリンゴしかないのだから、と信じ込むはず。だがその人が見たことがないだけで現実には赤いリンゴもある。同じように、私たちは毎日太陽が昇って朝が来ると思い込んでいるが、ある日突然太陽が昇らないという可能性だってある。逆に太陽が毎日必ず上るという根拠は今までの経験上での推測を除くと何もない。今まで何回もAがあったからと言って、次もAが起きるとは限らない。」

あわわわわ。

もうその一言でした。なぜ今まで自分の考え方を疑問に思わなかったのだろうっていうぐらい納得してしまいました。毎回キンチョールでお父さんがGに勝っているからと言って次勝てるとは限らない。油断してテンション上げている場合ではない!こうなって来ると何でもかんでも予測不能となってしまいそうでこわいですね。帰納的結論の正当化について話し出すと無限ループとなって答えがなかなか出ないので深くは追究しないものの、結局のところ帰納的結論で今のところ世界はどうにかなっている、という程度らしいです。答えがハッキリしなくてムズムズさせる哲学さん、嫌いじゃない(笑)

そしてお化けに至っては、まだ科学的に証明されてないのになんで怖がるの!ってつっこまれますよね。その通りでございます、論理性皆無でございます。

結論:論理的にGと向き合おう。

長くなりましたが、論理性の欠ける物理好きの生徒がブラウンで学ぶとこんなにもGに対して熱く語れると言うことをお見せできたところでお別れです。

それではまた来週!

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


separator