divider

Archive



日本人として知っておくべきこと

/ 0 Comments

とにかく遊ぶ!と決めた冬休み。そんな日本での日々ももう残すところ…4日!?

結局一度も開かなかったフランス語のテキスト、探さなかったインターン。予定を入れすぎたからだろうか、未だに治りきっていないようにも感じる風邪…。もっとやるべきことはあった気もするけれど、いろんな人と会って、話して、とても充実した冬休みを過ごしています。

 

”で、トランプさんはどうなの?”

人に会う度にこう聞かれた。秋学期中はあれだけ学校内で騒いで、友達と話して、いろいろ意見を交わしていたはずなのに、私は上手く答えられなかった。聞かれる度に自分が見てきたブラウンの大統領選へ対する様子は限られていて、もっと学ぶべきことはあるのだと痛感させられた。

そもそもなぜ、経済も政治も国際関係も勉強していない私に、こんな質問をするのだろうか?それはきっとただ単に”アメリカにいたから”だと思う。”ブラウンという限られた場所にいたから”という言い訳は通用しない。日本にいる身からすれば、アメリカはどこにいても”アメリカ”で違わないんだから。

 

”ゆうこちゃんに見せたいものがある”

こう祖父に冬休みの始めに言われ、先日ようやく遊びに行く暇ができた。すぐ隣の駅に住んでいるのだけれども…。

”日本人として、これについては海外の人にも伝えられるように知っておかなくてはならない”

そう言って差し出したのは、2011年3月12日の朝刊だった。そう、東日本大震災の翌日の新聞。

”震災のとき、どこにいた?”

どうやら、もうそのときは留学していて、震災を経験していなかったと思っていたらしい。日本の学校にいたことを話すと、それなら話が早い、という風になり、全部は読まなくとも見出しだけでも読んでみなと言った。

その新聞は、さずがに少しヨレッっとしていたけれど、当時の緊迫感がしみじみと伝わってきた。こんなに見出しを大きくできるのか、と思うぐらいの大きい見出し。内容は”助けて””今どこ”など、あまりにもシンプルすぎる。後で賞を受賞した写真に、今はあまり見られなくなった生々しい被害の様子の写真。確認できている死者は当時はまだ千人程度。原発の状況も、まだ分かっていない。

 

”こんなの、どこにも無いと思うよ。”

続けて夕刊、そして13、14、15日の朝刊・夕刊を差し出す祖父。祖父はあの日からずっと新聞を保管し続けて、さすがに今ではだいぶ処分したけれど、今でも2011年3月11日から6月まではすべて取っておいてあるらしい。その後は切り抜きが残っている。

祖父は昔から詩を書いていて、そのほかに文章や絵も描きます。私がまだアメリカに住んでいた頃に一緒に行ったカナディアンロッキーの旅は10年以上もかけて記録をまとめて文章にして、誰よりも詳細を覚えている、そんな祖父です。彼は福島出身なこともあって、東日本大震災には強く影響を受けました。

 

”あの日から、詩はピタっとやめたんだ。”

このような出来事は、詩では表しきれない、だから今度は小説を書いているとのこと。そして正確な出来事を書くために、過去の新聞を見て、事実を確認しているところだとか。

 

”短歌が、一番この出来事を表現するのに適している。”

そういって、祖父の小説の冒頭に引用されている短歌を見せてくれた。俳句は身近すぎず、詩は長すぎる。だから、不思議なことに、短歌が一番思いが詰まっていて、かつシンプルで、良いんだとか。確かにそこに引用されている短歌は力強かった。しかし、震災の背景を良く知らない後世に伝えるには、詩の方がより説明が多く、分かりやすいのでは?と私は思った。

 

いつも自分の作品を見せて、いろんな話をしてくれる祖父。手で飛んでいる鳥を捕まえた話や卵を守るキジの羽を後ろからなでた時の話など、一見くだらない話に思えてそうでない話をしてくれる祖父。私はアメリカに行ってから、考え方が成長したと言う。それを評価しながらも、日本人の考えを孫の私に教えてくれているのだろうと思う。”日本人として知っておくべきこと”を学びに行ったはずが、それ以上のことを学んできた気がする。

 

”今は固定概念は通用しない世界だからな。”

そういう祖父も、その証拠の一つとなっている気がする。よく、”昔の人は考えが古い”とか言うけれど、祖父からはなぜかブラウンの人たちと似たようなものを感じることがある。

 

アメリカに戻ったら、日本について、どんなこと聞かれるだろうか?そのときに、しっかりと答えることはできるだろうか?そもそも、外国人は日本について関心を持ってくれるのか?もしそうでなければ、どうやったらもっと関心を持ってもらえるだろうか?

さあそろそろ、勉強モードに切り替えようか。

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

「時の流れ」のワンシーン集

/ 0 Comments

遅ればせながら…明けましておめでとうございます!

久しぶりの投稿となってしまい、申し訳ございません。メイです。

 

早いことに冬休みも残り一週間を切りました!そして1月も早々に終わろうとしていますね。ちなみに前回の投稿の答え合わせは、群馬県の伊香保です!とても良き旅だったので、また改めて報告できればなと思っています。3週間何も投稿せずに年末年始何をしていたのかと言いますと、バイトしたり、友人や家族に会ったり、母校へと出向き中高時代お世話になった先生方にご挨拶したり…今までの一時帰国と打って変わらないことをして過ごしていました。

 

一つ変わった事と言えば、今回は大学生になって初めての日本滞在ということ。細かいことを言うと、昨年の夏休み(日本一時帰国中)は高校こそ卒業していたものの、未だアメリカでは大学生ではなかったので、現に12/21に成田に着陸した時点で、わたしは初めて「大学生」として日本に足を踏み入れたわけです。

 

1914805_737147326420715_841733253022520749_n

 

だから何だよ、って感じですが(笑)

 

実はこの冬休みの間、やっていることや会っている人は昨年の夏と大して変わっていないにも関わらず、「時の流れ」を身に染みて感じる事が多かったのです。その原因が、自分は大学生になったからではないかと私はふんでいます。

 

***

 

そもそも「『時の流れ』を感じる」とはどういう意味かと言いますと、身の回りの出来事や人々との交流を経て、自分がこれまで過ごしてきた時間とこれから過ごすであろう時間が垣間見えることがあるのです。

 

バイト先(塾講師)の生徒とのワンシーン。

学校帰りなどでクタクタになりながら塾に足を運んで、宿題を持ちながら帰っていく生徒たちを目の当たりにし、自分にもただひたすら勉強・部活・睡眠食事を繰り返した生活があって、その平凡さに嫌気がさすこともあった中高時代を思い出す。不思議なことに数年前あんなに思い悩んでいたはずの事も、今となっては思い出しすらできなかったりする。

 

偶然道端で再会した同級生とのワンシーン。

その時は同じ時間、同じ場所、同じ空間にいるものの、学校を卒業して進路がバラバラになってからその人はどのような経験をしてきたのか。同じ年数生きていても私の知らない全く別の世界で暮らしているのか。小さい頃のあどけなさが残っていたりするのに、やけに後ろ姿は遠く見えたりするもの。

 

12573009_737148343087280_2052793225246036358_n

 

バイト先(塾講師)の先輩とのワンシーン。

近い将来自分はどこでどのような生活をしているのか。今やりたいと思っていることはできているのだろうか。バイト先で未だお世話になっているのか、逆に二度と今一緒に仕事をしている人と会うことのない大人になっているのか。

 

本屋さんでたまたま会ったおじいちゃんとのワンシーン。

人気のない、店内でも一番はじっこにある俳句の本が置いてある棚を熱心に探るおじいちゃんを見て、自分もいつか学校やら仕事やらすべてやり遂げて、今までやったことのないようなものに熱中し、今の自分には全く想像のつかない生き方をすることがあるのだろうか。

 

こう見ていくと、一見いつも通りの冬休みだとしても、周りの人との些細な出来事にいろいろ考えさせられることがあります。

 

***

 

初めて大学生として帰ってきた時、もう10年ほど慣れ親しんでいるはずの街並みは少し変わっているように見えました。というよりも、いつもと変わらぬ街並みをわたしが今までとは違う見方で見ている、と言った方が正しいのでしょうか。

 

ブラウンにいると、良い意味でも悪い意味でも大学生である自分につい集中してしまいます。周りは面白い大学生や教授で溢れ返っているし、様々な活動が行われている分、ブラウンで、ブラウン生としてできる事ややりたい事をしようと意気込むなど。おそらく四六時中ブラウンで「今」に一学期間集中していた分、日本に帰ってきて「時間」においての自分の視野の狭さに驚いたのでしょう。不思議といつも見ている景色や会っている人が、不変なものだと今更ながら身に染みて実感しました。

 

実際、留学をしたい理由として良く出てくるのが、「世界観や視野を広げたいから」という理由ですが、今回の冬休みを通して必ずしも留学だけが視野を広げさせてくれるものではないと、わたしは思いました。

 

いくら留学していたって、一つの場所にお決まりの人といたらどこにいても視野は狭まってしまうのです。大切なのは、日本から出ていくのではなく、日本を出入りすること。もしかすると日本を一回も出なくても自分のcomfort zone(長い間そこにいて居心地が良い場所)さえ出入りすることができれば、何か新しい発見があるのかもしれません。

 

***

 

12552536_737149679753813_7916275301155524934_n

 

今日もまた歩き慣れた道を進む。

聞き慣れた声を耳にする。

見慣れた景色をただただ見つめる。

 

当たり前だけど、当たり前ではない「今まで」と「これから」。

 

そんな、後一歩のところで掴めそうな「時の流れ」をこの季節が終わっても追い続けていきたいです。

 

次回はブラウンからお送りします!いよいよ春学期の幕開けです…!

それではまた来週!

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


言語の学び方

/ 0 Comments

みなさん、明けましておめでとうございます!

今年は申年ということで、年末は家族で地獄谷温泉のを見てきました!

DSC06802

なんとも言えぬこの表情

本当に温泉に浸かっていて、猿たちは全く人間を気にしない様子でとてもかわいかったです。飽きずにずっと観察してられるぐらいです。みなさんも申年の今年中に一度行ってみれば?

ちなみに、お隣中国では実はまだ申年ではないって知っていましたか?中国では2月の旧正月を祝うからです。

なので、私の中国人の友達には、同じ1996年生まれなのに私と干支が違うって子がいます。なんか面白いですよね。別の中国人の友達には、”Happy fake new year”(偽の新年おめでとう)と言われました(笑)

DSC06800

入浴姿見られて、恥ずかしかったかな?

 

あー何について書こう…ブラウンにいる頃は尽きることの無かったブログの話題が、冬休みになって途絶えました…。それだけブラウンでは毎日刺激的な生活を送っていて、ブログのネタも尽きること無いということでしょうかね?

刺激的な毎日を送りたい、それが今年の抱負のひとつでしょうか?

5週間とながーい冬休み中の”刺激”として、私は日々塾でのバイトに専念しております。小中学生の学習塾と、小学生向けの英語教室で講師をしています。夏休みも働いたところで、また短期で雇ってもらいました。自分が学生だということを言ってはいけないので、“先生、どこ行ってたの?”という質問には、“修行”とか、“自分探しの旅”とか“地球のどこか”と言って誤魔化しました。全く間違っても無いですけどね(笑)

日本の高校受験も大学受験も経験していない私が塾講師なんてして良いのかと思うことはしばしばありますが、それ以上に考えさせられるのは言語教育についてです。私が働いている二つの塾では全く違うアプローチや目的を持って英語教育をしています。幼い頃に英語を学んだ私にとっては講師としての経験は言語を学ぶということの難しさに改めて気がつかされるきっかけとなりました。

学習塾の方は学校での学習のサポートということで、日本の学校で学ぶと同じように英語の文法と読み書きを学習していきます。中には英語の構造だけ覚えていて、単語は発音も意味も分からないという子もいます。単語テストをすると何も答えられないのに、問題を解くと全問正解、単語は見た目で覚えているからwant/wentやshe/theを混同する…私にはすごく不思議に思えます。逆にどうやったら外枠だけを理解できるのかが私にはわかりません。

小学生の英語教室では生徒はそれぞれテキストを使って読み書きはもちろん、聞く、話すも練習します。どの綴りはどういう音になるのか、フォニックスが中心で、発展のテキストになると文法の学習が始まります。授業のはじめには英語でのゲームなどのイントロをやり、生徒には基本英語のみで話しかけます。

新しく出てきた単語の読み方の検討もつかない中学生を見ると、フォニックスを幼い頃から丁寧に学習していくことの大切さに気がつかされます。しかし、なぜ英語を勉強するのか理解せずに親に通わされてただテキストを進める小学生を見ると、やっぱり中学生ぐらいから英語をなぜ勉強するのか理解して勉強に励むのも望ましいなと思います。

 

DSC06864

お正月に作ったcake。 cakeのスペリングがなぜkakeでもcaceでもないのか、そもそも最後に何でeが付くのか、小学生には大の謎の単語です。

 

“先生はネイティブ並みだから、英語で話しているだけで子供たちのためになる。基本日本語なしでお願いします”と英語教室のほうで私は言われました。イントロは冬休み何したかなどのトークで盛り上がろうとしても、単語と短い文しか学習していない小学生には理解してもらえず、意味が分かっても生徒は英語でちゃんと答えるほどの英語力を持っていません。英語を英語で理解させるのは本当に難しいです。繰り返し言ったり、指さしたり、ジェスチャーしたり。理解できてなくても、話かけるだけで生徒たちには利益になっているのだろうか?

”先生の発音良すぎてなんて言っているか分からないです”と学習塾での生徒には言われました。いわゆる日本での”きれいな発音”のアメリカ英語をお手本として示すべきなのか、それともなるべく生徒が理解しやすいように、発音を真似しやすいように日本語訛りのはっきりした発音をするべきなのか?そもそも、英語をぺらぺらに話せるようになろうなんて目標は無く、発音は分からないけど文法の問題は問題なく解ける子にフォニックスを一から復習するように促す必要はあるのか?テストで点数取れればそれで良いのでは?

いろいろ考えてしまいます。

 

DSC03941

関係ありませんが、去年は未年ということでせっかく撮ったのに年賀状に不採用となった羊とのselfie。あ、中国ではまだ未年か!

 

言語を学ぶって本当に奇妙なことだと思います。子供の頃は文法なんて理解しなくても、周りの環境によってその言語をいつの間にか解釈し、自分のものとしてしまう。だからむしろ自分の母国語の文法のルールとか知らないで、感覚で正しいとか間違っているとかわかります。でも大きくなると、いくら文法を丁寧に学習してもなかなか自分のものにならない…。フランス語を始めてからようやく私も言語を学ぶことの難しさを体感しました。

中学生に実はあまり自分も理解していない英語の文法を教えながら、”ああ、私これフランス語だったらこんなことできてたかな…”と心の中では思っています。

私の個人的な意見ですが、言語を学ぶのであれば、それを使えるようにならないと意味が無いと思います。言語は意思疎通の手段です。言語の構造の知識だけもったところで、何の役にも立ちません。だから実用できるようになるまでは、いくら単語や文法が分かってもその言語は0だと思います。(←これ日本語になってないですね。言いたいことわかりますでしょうか?)

ではそれを実現するためにはどう教育すべきなのか?とにかく幼い頃から教室に通わせて、多言語に触れさせるべきなのか?

私の家族が始めてアメリカに引っ越したとき、母は”英語の環境にぶち込めば、子供たちは自然と英語を覚えるだろう”と思ったそうです。そして私たち兄弟三人は現地校に入りました。しかし、一年後母は”やっぱりそう簡単ではない。ちゃんと教えてもらわないといけない”と気づいたとのこと。やはり言語の習得は言語に触れるのと文法を学習することの組み合わせのバランスなのでしょうか?

なんかどんどんまとまりの無い文章になってきましたが、私が一番重要だと思うのは”必要性”です。言語でもどんな勉強でもそうですが、それが”必要”だと判断できれば興味や関心も湧いてきますし、自然とやる気もでます。いくらお金かけて幼い子供を英語教室に通わせても、その子が英語の必要性を感じず、興味も湧かなければ何も定着しません。テキストのページだけ進んでいくだけで、英語力なんてあんまり身につきません。親たちはそういうことに気がつくのでしょうか?そして気がついたとしたらそのとき親はどうするのでしょうか?英語がなぜ重要か理解させようと努力するか、無理やりでも英語に通わせ続けるか、それともやめさせるか。気になります。

日本の英語教育はいろいろと批判されていますが、日本での生活に英語がもっと必要とならない限り、日本人の英語力は大きく伸びることは無いと思います。日本はある意味恵まれています。日本語でいろんな教科の学習ができますし、独自の文化も発展している。だから他の言語にたよる必要なんて無いんです。英語とかの語学力は外に出たい人たちだけが身に着ければ良い、そんな考えですよね。

日本人の英語力向上には、もっと多様化した日本が必要なのでは?

新年早々、なんか終わりの見えない考え事でした。

本年もよろしくお願いいたします。

 

P.S. ブラウンの熊たちは2016年、アメリカ留学ブログランキング1位スタートとなりました!みなさまご愛読ありがとうございます。

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


separator