divider

Archive



アメリカの現状

/ 0 Comments

どうも、月曜日にブラウンに戻ってきた柚子です。先学期末だいぶ必死なメールを送ったのにも関わらず、寮では相変わらず、上の階では巨人が万歩計ダッシュしているのでは無いか?と思わせるような音に悩まされています。

東京を夕方18時近くに出て、ボストンには20時前に着くなんて、なんと近い!人生の中で、とーても長い2時間でした(笑)到着した翌日は雨風強く、とても”良い”とは言えない天気でしたが、授業初日の今日はパッと晴れてなんとも爽やかな一日でした。

朝、寮を出たときの風景。青い!!

 

先日、日本でのトランプ氏の大統領就任式の報道で、”あれ?”と疑問に思うことがありました。それは”トランプ氏に対する大規模なデモが各地で行われている”という報道。それに使われている映像はどう見ても”Women’s March”(女性の権利を主張する運動)の様子だった。フェイスブックで世界各地のイベントに参加している友達の写真やCNNの報道を見ていたから、私にはすぐ分かった。それに持っているサインはどれも女性の権利に関するものふが書かれていた。確かに、今回の選挙を受けて大規模になったとは言えるかもしれないけれど…。”また、Women’s Marchの日程が重なったこともあり…”日本のニュースでは、まるでトランプ氏に対する大規模なデモに、偶然Women’s Marchが重なって更に大きくなったかのような報道だった。

ブラウンに来てから、Women’s Marchに参加したという教授にこのことを話してみた。すると、”え?そもそもWomen’s Marchは就任式の’翌日’で日程は重なっていなかったよ。”と言われた。日本にいて時差もあったから気がつかなかったけど、確かに別の日だった。こんな間違った報道をして良いのか?ショックだった。そして特に遠いところのニュースはすぐ鵜呑みにせず、自分で信憑性を確かめる必要があるのだなと改めて思った。

 

帰ってきてまず目に入ったものは、ルームメイトからの成人のお祝い。素敵なルームメイトに恵まれました。

 

その一方、アメリカの現状を良く表現しているとても面白いテレビ番組も日本で見ました。NHKのBS1の”ザ・リアル・ボイス~ダイナーからアメリカの本音が聞える”という番組。その名の通り、アメリカ各地の”ダイナー”を回って、アメリカ人が今回の選挙戦について本当はどう思っているのか、”生の声”を聞くというものでした。

チェック柄の床に、日本だったら2人前以上の大きなハンバーガー。ソーダが注がれた背の高いコップ。それぞれの地元で愛されているダイナーに目を向けて、そこに来る人たちをインタビューする番組。メキシコとの国境に近い、雰囲気の全く違うメキシカン料理のダイナーを取材したり、大手自動車会社から解雇されることが決まっている人や、都市部の外国人、不法移民など、様々な声が聞えた。

”今日付けで解雇だから、自分にご褒美だ”と前向きになろうとしている常連客が頼んだのは店の看板メニューではなく、$7のハンバーガー。翌日は夕食をサービスしてくれることを願って一生懸命店の前を雪かきする彼。ご褒美はコーヒー一杯だった。”トランプ最高!”とはしゃぐ小学生ぐらいの兄弟。こんな小さいときから…。トランプに反対のサインを持ってブラウンで歩き回っていた坊や達を思い出す。今回の選挙結果に涙を流す人…。良いとか悪いとか決め付けるのではなく、バランス良くアメリカの”本音”を表現してくれていたと思う。

そして何よりも関心したのが、どんな人もちゃんと自分の意見を持っていたこと。小さい子供が政治について話していたことに驚いたのはもちろん、どんな人も今回の選挙でトランプさんを支持した理由、しない理由をもっていた。番組を作るにあたって、ちゃんと答えてくれた人を取り上げていることは確かだろうけれど、日本のファミレスや居酒屋を取材して同じような番組ができるとは思わない。

面白いことに、どこの地域に行っても意見は大体割れる。同じ地元に暮らす常連客なのは変わらないのにも関わらず。質問に答える人達の話を聞いていると、アメリカの現実が少しずつあらわになってきたように感じた。そして、冬休み中ずっと疑問には思っていたけれど、ブラウンでの意見がどれだけ偏っているのか、改めて気づかされた。

 

人で賑わう、ちょっとリニューアルした食堂。(しかしメニューは同じ…)

 

ブラウンのコミュニティは、大体みんな教養のある人達で、特に学生は”Politically Correct”、政治的に正しいこと、つまりは正論を言う。ある意味そういうことが言える余裕がある、とも言えると思う。周りがみんなそうだから、”トランプさんを支持する”なんてとても言えたことでは無いし、選挙についての講義は全部、そうで無ければ大抵、”トランプさんは良くない”ということが前提で行われていると思う。こんな恵まれた環境にいると、トランプさんを支持する必要のある人の存在なんて、忘れてしまう。

 

”糖尿病の上に、ホームレスなんだ。何か少し、手助けしてくれないか?”

そういえば、ブラウンのキャンパスの大通りにもいつもホームレスがいる。それもいつも同じ人じゃなくて、違う顔が、アイスクリーム屋さんの脇の階段や、本屋の前に座っている。今日は学期始めで、教科書を買うためにお金を持っている生徒が多いことを知っていたからか、2度も声かけられてしまった。しかし私は何もせず、通りすぎてしまった。

 

たった今、教科書を買うのに$100近く使ってきたのに、何で私はこんなに彼らに冷たくしてしまうんだろう?きっとこの人達は、数ドルでも助けになるだろうに、何で私は…。高校のときも、募金活動がある度にあまり協力的で無い私がいた。でもそのときは父に”それは自分で稼いだお金じゃなくて、パパからもらっているお金なんだから、使い道を良く考えなさい”と言われたからであった。今はバイトもしたし、自分で稼いだお金も持っているのに。

いつか、クラスメートが不意に”食堂って何時まで空いてる?”と聞いてきた。その子はいつも授業中に何だかパソコンをいじっていて、あまり真面目に授業をきいていないイメージのある子。そのときは3時だったので、”まだお昼食べて無いの?”と驚くと彼は”食堂でテイクアウトしたんだけど、途中でホームレスに声かけられて、お金は無かったからその代わりにテイクアウトをあげたんだ”と’あたり前じゃん’的な顔して言ってきた。私は去年、余った食品を回収するボランティアをしてたときに、どうせホームレスシェルターに配布される食べ物さえ、ホームレスの人にあげられずに通りすぎてしまったのに。

 

ホームレスを無視したところで、私の生活にはきっと何も影響は無い。ただ明日も、アイスクリーム屋の隣に違う顔が座っているだけ。でも本当にそうなのか。彼らを無視せずに、立ち止まって、存在を認めることで、何か見えてくるものがあるのではとも思う。今回の選挙で多くの生徒は初めて、思ったより進んでいないアメリカに気づかされてショックだったんだとも思う。でも私も、自分と違う立場にいる人達のこと、わざと無視して、見たいものだけ見てきたのかもしれない。こんなこと言っている自体、ブラウン大学の学生として正論を述べているだけかもしれないけれど。

教科書も買ったし、生活用品も揃ってるし、しばらくはお金を持ち歩くことは無さそうだ。それを言い訳に、今度も私はホームレスを無視してあの道を通るのだろう。

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

The Art of the Deal: ゴーストライターに聞くドナルド・トランプ

/ 0 Comments

明けましておめでとうございます!
大晦日は年越しそばではなくたこやきパーティーでした。京香です。

 

突然ですが「Tony Schwartz」という方をご存知ですか?
アメリカ人のジャーナリストで New York Times, News York Post, News Week, や Esquireなど、様々な媒体でライターとして活躍していた方です。

「僕は豚に口紅を塗ったんだ」

彼はこの一言をきっかけにとある億万長者に提訴されることになります。1月20日に米国大統領に就任するドナルド・トランプ氏です。

 

彼の話をする前に、ちょっとだけオックスフォードの話を。

オックスフォード大学ではオックスフォードユニオン (Oxford Union) という様々なトピックを議論する団体があります。年会費はまぁまぁお高いんですが、入会するとハリーポッターの「双子のウィーズリー」役のフェルプス兄弟や、理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士など、各分野の著名人によるスピーチをタダで聞きに行くことができます。

シュワルツさんもユニオンに招待されて大学でスピーチを行った方々の一人でした。そしてそのスピーチのタイトルが “The Man Who Made Trump (トランプを作った男)”。彼はトランプが「自分の一番偉大な功績」と語る自叙伝 The Art of the Deal (取引のコツ)のゴーストライターだったのです。

 

「お金の誘惑に負けて自叙伝を書くことになった」とスピーチの冒頭で語ったシュワルツさん。ゴーストライターになった成り行きと後の後悔を赤裸々に綴った New Yorker の記事で、「僕は豚に口紅を塗ったんだ」と語った彼は、後にこの自叙伝を書く決断を自分の人生の最大の汚点と呼ぶまでに。

当初は数時間ずつのインタビューを重ねて6−8ヶ月で本を完成させる予定だったのが、トランプとの初めてのインタビューで彼の予定は簡単に崩れてしまいます。10分以上同じ話題が続くとトランプの集中力はすぐに切れてしまい、「昔の話はもう嫌だ」とイライラしながら質問に答えることを拒否。まるで落ち着きのない幼稚園児のような態度に、質問を20分も続けられればいい方だった、とシュワルツさんは呆れていました。

 

トランプは低い集中力の他にも、大統領にふさわしくない3つの特徴があると、シュワルツさんは語りました。

①トランプは物事の真実にまったく興味がなく、そのことに対して全く罪悪感を抱いていない
②トランプの思考や行動はいつでも自己中心的で、自分の利益を優先している
③トランプはどんな時でも自分の間違いを決して認めない

シュワルツさんの描くトランプ像に思わずぞっとしました。

 

冷静な頭で世界中の様々な難題に向き合わなければいけない「米国大統領」という大事なポストに、10分以上座ってインタビューに答えることができない人が就任することになってしまいました。ああ、怖い。大統領選挙からの1ヶ月、トランプ政権の面々が発表されるごとに、これからのマイノリティーの安全と生活を思うと、ハラハラせざるを得ませんでした。

2017年からの4年間は各メディアの力が本当の意味で試される期間になると思います。トランプが「大統領」という肩書きを得ても妥協せず、間違っていることは間違っている、疑問に思うことはとことん問い詰めていくことが大切だと思います。

では、今回はこの辺で。

 

全編英語ですが、Oxford Unionの公式YouTubeに当日の動画が掲載されています。興味のある方は是非チェックしてみてください。
>> https://www.youtube.com/watch?v=qxF_CDDJ0YI

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


【クマタチの教室】女性が立ち向かう、ガラスの天井

/ 0 Comments

どうも、最近麻雀の面白さに気がついた柚子です。

水曜から感謝祭の休暇で、もう一人の友達とルームメイトの家に遊びに来ています。昨夜は感謝際ということで、七面鳥を食べ、今日は中華街へ食べに行ったり、おいしいものばかり食べて幸せです。こんな幸せな思いをしていたので、ブログ担当の昨日はどうも大統領選について考える気になれませんでした。

 

dsc09988

今日のお昼/夕飯の中華。昨夜の七面鳥は写真を撮り忘れました(笑)

 

さて、私が今回の選挙で一番印象に残ったことは、ヒラリー・クリントン氏の敗北宣言のスピーチです。特に最後の文章が印象に残りました。涙をこらえながら、力強く、彼女はこう言います。

“And to all the little girls who are watching this, never doubt that you are valuable, and powerful and deserving of every chance and opportunity in the world to pursue and achieve your own dreams.”

(そして、これを見ている全ての小さい女の子達へ、あなたには価値があって、力強くて、あなたの夢を叶えるための全てのチャンスと機会をもらう権利があることを疑ってはいけません。)

 

この選挙が、女性にとってどれ程意味を持っていたことか。

 

選挙の夜、開票前のイベント。そこでの女性の教授の言葉。

”私の母は女性に選挙権が与えられた年に生まれた。そして彼女は女性の大統領が誕生するまで死にたく無いと言う。これを聞いて、この選挙がどれ程女性にとって意味があるものなのか、改めて気づかされた。”

 

女性に選挙権が与えられてから96年、少しずつ、男尊主義の社会は崩され、女性は社会の中で認められるようになってきた。そして、大統領というアメリカを代表する役割が女性になったら….。もし、アメリカという世界でもっとも影響力のある国の大統領が女性になったら…。今回の選挙は、男女平等に至るまではまだまだ課題があることを示されたようだった。

もちろん、ヒラリーが女性だったからということだけが敗北の理由では無い。しかし、多くの人が彼女に投票し、また多くの人が彼女に投票しなかった理由が彼女が”女性だから”だったことは言えると思う。

 

dsc09971

Long Island Soundの浜をお散歩

 

“Hi, I’m Yuko and I go with she/ her/ hers.”

(こんにちは。私は柚子で、彼女・彼女の、で指してね)

ブラウンでは、見た目とジェンダーが違う人が多いから、he(彼)なのかshe(彼女)なのかthey(それ以外)なのか、自分が呼ばれたい人称を自己紹介で言うことが多い。

 

工学の授業で、いつも例を言う時の三人称はsheを使う教授。Heを使うと”技術者は大体、男”という固定概念を強化してしまうからだろうか。

 

中高女子校に通っていた私には、世界が男性によって支配されていることに気がつくのには時間がかかった。私が知っている”男子”は小学校の頃の女子に引っ張られている男子で、班長や部長や生徒会長とか、男にはとてもできないと思っていた。それよりも、女子校だと何でも女子がやるから男子が何かを指揮っている姿を見なかったし、想像すらできなかった。しかし、女子校を出てみるとそうでは無かった。多くの国のトップは男性だし、共学の学校の班長や生徒会長の多くは男ならしいと聞いた。

 

そもそも、男と女、違う生き物なのに”男女平等”を求めるべきなのか?時々そう思う。例えば、理系の女子が少ないのは、理系を選ぶ人が少ないからであって、”女にはふさわしくないからやらない”ではなくて”別にやりたくないからやらない”が理由ならば、理系の学部の男女比1:1を求める必要は無いのでは?と。

この考えに対してこう言われた。

”理系の学部が女子だけになってもまだ女子は’充分’では無いと思う。女性は男性とは気がつく点が違う。例えば、女性がもっと理系の学部にいれば、もっと女性が自分の身体に自身の持てるような服の形の研究とか、もっと女性に必要な研究が行われるかもしれない。”

 

もし、女性の大統領が誕生していたら…。”女の子だって、何でもできるんだよ。大統領にだって、ほら!”と、指をさせるお手本になる人が存在していた。何でも、初めてやるのは難しいけど、目標とする人がいれば少なくとも想像はできる。その目標とする人が自分と似ていたら、例えば同じ女性だったら、更に良い。

 

dsc09956

寮の近くで見つけたグラフィティ

 

クリントン氏は女性の象徴としていて責任を感じていたんだろう。だから、いくら彼女がこの選挙で敗北しても、別に女性の権利が否定された訳では無く、まだ少し課題が残っているだけだと言いたかったのだと思う。まだまだ、女性には力があると。

“Now, I know, I know we have still not shattered that highest and hardest glass ceiling but someday, someone will and hopefully sooner than we think right now.”

(まだ’あの’一番高くにあって硬いガラスの天井を砕けて無いのは分かってます。しかしいつか、それも私達が今思っているより近いいつか、誰かがそのガラスを砕くことでしょう。)

 

ヒビが入って、だんだんそのヒビが広がって来ているように見えるガラスの天井。私も女性として、そのガラスを砕くのに協力しなければと思った。

***

読者のみなさんからのご意見・ご質問も募集しています。今回の大統領選挙について、現地にいる私たちに聞きたいこと、ご自身の意見など、お寄せください!

応募はこちらから↓↓↓

https://goo.gl/forms/h0n1fm7wTPRHnWxC2

 

ブラ熊の公式 Instagram: burakuma_brown

フォローよろしくお願いします!

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

イギリスから見る大統領選挙

/ 0 Comments

ーイギリスから見る大統領選挙ー

 

ご無沙汰しております、京香です。

最後の記事はいつだったっけ?ってちょっと考えてしまうぐらい久しぶりの投稿となってしまいましたが、私は今イギリスのオックスフォード大学に留学しています。今年1年間はブラウンから少し離れた所からの投稿となりますが、改めてよろしくお願いします。

 

img_1918

私が所属するカレッジ、Lady Margaret Hallの正門

 

他のクマたち同様、私もCNNの中継を見ながら今回のアメリカ大統領選挙の結果が出るのを待っていました。ロンドン時間の夜10時から朝の6時まで生徒が40名ほどカレッジのバーに集まり、眠気と戦いながらアメリカの地図が徐々に赤く染まっていく様子を見守っていました。

途中から嫌な予感はしていましたが、結果はやはりクリントン氏の敗北、そしてトランプ氏の勝利に。涙を流しながら家族に電話する生徒もいれば、ただ静かに首を振る生徒もいて、その場を漂うショックと絶望感はとても重く感じました。

 

数日後、今学期とっている政治のクラスの教授が「2016年は Brexit の年になると思ってたけど、アメリカのおかげでトランプが勝利した年として歴史に残ることになりそうだね」と冗談を交えて語っていました。実際どっちの方がより深刻な現象なのか、現時点で判断するのは難しいですが、この2大事件の共通性は否定できません。

今回はアメリカの大統領選挙の結果と、今年の6月に決定したイギリスの欧州連合離脱(通称:Brexit)の共通点を幾つかまとめてみました。

 

*****

その1、高齢者が若者の将来を大きく左右する決断を下した

イギリスのEU離脱とトランプ氏の勝利で共通するのは、高齢者の支持層が圧倒的に多かったこと。イギリスでは投票した若者の75%がEU残留を支持し、アメリカでは若者の55%がクリントン氏に投票したと言われています(トランプを支持した若者は37%)。アメリカの場合、白人有権者の票を除いて計算するとクリントン氏を支持した若者の割合はさらに増えます。

ではなぜこのような結果になってしまったのか。Brexitの国民投票もアメリカの大統領選挙も、そもそも若者の投票率が低かった事が注目されました。イギリスでは「まさかBrexitを支持する人がこんなにいると思わなかったか」と言った声が多い中、アメリカでは「どうせ自分の州が誰に投票するか決まっている」と投票する意味がないと感じた若者が多い。自分の票に重みを感じない若者がこれほどいる事はとても残念な上、深刻な社会問題でもあると思います。

 

その2、外国人とグローバル化に対する強い嫌悪感

EU離脱派とトランプ支持者に共通する主張のひとつは移民や移住者に対する強い嫌悪感。他の国籍、人種、宗教を一括りにし社会に脅威を与える存在として捉え、人々の恐怖感を煽るキャンペーンが特に印象的でした。特にトランプ氏は「白人のナショナリズム」を経済的不安やテロに対する恐怖で正当化し、マイノリティーの人権に触れる差別的な政策案を提案してきました。

 

その3、建設的よりも破壊的な政策

医療費が高すぎる。じゃあ Affordable Care Act(医療費負担適正化法)を撤廃しよう。仕事がみつからない?なら不法滞在者から仕事を取り上げて国からも追い出そう。トランプの提案する政策は人々の抱える問題に正面から向き合い、新たな対処法を真剣に編み出すものではなく、今存在する組織やシステムを壊すことで「何かが変わるかもしれない」という一時的な錯覚を作り出すものばかり。彼の提唱するポリシーは、マイノリティーや社会的弱者から権利を取り上げることでしか自分の地位を守れない人たちによる自分よがりの政治。

EU離脱派の政治家もまた、人々の不満や不安を「移民」などの分かりやすい標的に向けることで支持層を広げ責任を逃れてきました。でも破壊的な政策は持続性が低いとともに、今ある制度で守るべき箇所を見逃してしまう恐れがあります。

*****

 

 

右翼派や人民主義への支持が目立つ今、12月4日に行われるイタリアの国民投票が注目されています。レンツィ首相が提案する憲法改正案は上院の定員を200人以上減らし、議決権を下院に集中させ、法律を変えやすくしようという試みです。現段階の世論調査では「反対」派が少し上回っているようですが、イギリスとアメリカでも事前の調査では、EU離脱およびトランプ氏勝利の可能性は低いと報道されていました。

イタリアの他にもオーストリア、オランダ、フランス、チェコ、そしてドイツが2017年末までに国民投票、または大規模な選挙を控えています。どれもが経済、政治、社会の面においてヨーロッパだけでなく国際社会の将来に大きく関わってくる投票になると思います。

 

2016年の2大事件、Brexitそしてアメリカの大統領選挙から学べるとがあるとすれば「投票することの大切さ」だと思います。自分の描く未来は自分にしか分からないし、自分の声は自分にしか発せない。これを機により多くの若者が一票一票の重みと責任を改めて認識することをできたらなと思います。

 

それではまた、次回まで。

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


separator