divider

Archive



”ネイティブ”なはずなのに…

/ 0 Comments

どうも、柚子です。

いつもは11時半、遅くとも12時には寝る私ですが、最近は11時半まで宿題をやる日々が続いています。(これでも大学生にしては大分寝るのが早いみたいですが…)お蔭様で(?)もう机の上はぐちゃぐちゃ….。この写真の左側にあるベットの上も机の延長として使ってしまう始末です。

 

必要の無いものばかり出てる…お母さんに怒られそう….。

 

大雪についてお知らせして、先日20℃まで気温が上がったと思いきや、今度はまた氷点下で風がピューピュー吹いたり…。今日は風が強いだけだけれど、明日は雪の予報ともう何だか分からない天気が続いています。そんなこともあってか先週は体調を崩しました。今回はそのときに感じた、言語の壁についてお伝えします。

 

私は4歳のときに渡米して英語漬けになり、6歳の頃には流暢に話せるようになった。学校の勉強も、友達との会話はもちろん、買い物に行ったときの店員の話など、理解するのに苦労することは無くなった。“Native speaker””幼い頃にその言語を取得した者”をさすらしいから、私は英語の”ネイティブ”だと言えると思う。実際レジュメにもそう書いてみた。家族には”弾丸トーク”と言われ、英語を(日本語も…)話すのが早すぎるから落ち着けといわれる。今はアメリカの大学に通い、日々名の知れた哲学者や科学者が書いた文章を英語で読み、授業ではその内容についてのディスカッションに積極的に参加している。

しかし、こんな私でも、未だに言語の壁を感じることがある。それは病院でのこと。

先日ちょっと具合が悪くなった。腹痛と頭痛があって熱っぽい。ルームメイトもインフルの病み上がり、ということもありBrown Health Servicesに電話してみた。Brown Health Services はキャンパス内にある診療所。アメリカにいると医療費が心配だが、大学の保険のプランに加入している私は少なくともここは医療費のことを心配せずに診察や治療を受けられることは分かっている。緊急時以外は予約を取ってから診察を受けるシステムになっている。

 

相手が電話を出て、何の症状で診察を受けたいのか聞いてきた。

私:”I have a stomachache”

(お腹が痛いんです)

相手:”OK, so you’re coming in with abdominal pain”

 (腹痛で診察を受けたいのね)

(私:アブドミ…はぁ???)

私:”Sorry?”

(すみません、今何と?)←電話越しで良く聞えなかったふり

相手:”Abdominal pain”

(腹痛でしょ?)

(私:abdomen=腹部、abdominal pain→腹痛、のはずだ!)

私:”Oh, yes”

(あ、はい。そうです。)

 

この会話のように、Health Services に電話するときは何度が聞えなかったふりして聞き返す。ブラウン生なら知って当たり前なのかもしれないけれど、滅多にアメリカで診察を受けず、身体の部位を学ぶような授業も取ったこと無い私には分からない言葉が多い。例えば去年腰を痛めた際、”どこが痛いの?○○は大丈夫?”など、いろんな身体や骨の部位の名前を言われたけれど、全然分からなかった。

 

私:”I have a headache and a bit of fever as well”

(頭痛と、ちょっと熱もあるんです)

相手:”OK, so you have a headache and a fever”

(なるほど、頭痛と熱があるのね)

(私:微熱って一体何て言えばいいんだろう…?)

相手:”Come in at 5pm”

(じゃあ5時に来てちょうだい)

何だか会話は腹痛よりも、頭痛と熱の方が中心かのような雰囲気で終わってしまった。

 

さあ、いざ診察へ…行く前に、いくつか考えなければいけないことがある。まずは熱。私が日本から持ってきた体温計は摂氏(℃)表示、だがアメリカでは華氏(°F)表示。スマホを使って37.5℃を99.5°Fに変換。アメリカは単位が違うから本当に困る。身長も体重も、スマホなければパッと答えることができない。

次に、痛みをどう表現するか考えてみた。思い浮かぶのは”キリキリ痛い”というどうしようもなく日本語的な表現。日本語は本当に擬態語、擬声語共に豊富だから、日常生活でもいろんな感触を表現しようと思うときに困る。”ズキズキする”だったら”throbbing”だろうし、もう本当に痛いなら”stabbing pain”だろうし….。そんなことを考えているうちにBrown Health Services に着いてしまった。

 

友達に急に誘われ、体調を崩す前はバスで20分ぐらいのところへハイクに行きました。”DANGER!”という標識を無視して急斜面を下りました…。

 

診察が始まった。電話で感じた予感は当たって

看護師:”So, you’re coming in for a headache?”

(頭痛があって今日は来たのよね?)

とまず聞かれた。一番最初の症状は腹痛だったし、熱もちょっとあるから

私:”Yes, but more because of the stomachache. And I also have a bit of fever. Around 99.5″

(はい、でも腹痛の方が辛くて…。そして99.5の熱がちょっとありました)

早速準備してきた情報を利用。

看護師:”OK. Well, it really isn’t a fever until 100.5, but I guess that’s enough to bother you”

(そう。まあ100.5まで熱とは言わないけれど、まあ具合が悪くなるには充分わね)

100.5°Fって一体どれぐらいだろう?”微熱”の表現こんなんで良いんかい。とか、いろいろ思いながら診察は進んだ。幸いなことに、看護師は質問をするたびに、いくつか選択肢をくれる。例えば、

看護師:”How often is you pain?”

(痛みはどれぐらいの頻度であるの?)

看護師:”Is it constant, or it kind of comes and goes, or it hurts when you do something or…”

(ずっとなの?それとも痛かったり痛くなかったり?それとも何かすると痛むとか…?)

こんな選択肢のおかげで、どうにか自分の症状は理解してもらえた。でもやっぱり、自分の言葉で伝えられなかった。選択肢をくれなかったら、私はきっと黙りこんでしまうのだろう。

 

 

看護師:”OK. So it doesn’t seem to be anything serious yet. I’ll say you take acetaminophen for now”

(今のところは何も深刻なものでは無さそうね。 acetaminophenを飲んで様子見てみて)

(私:アセタミノはぁ?)

私:”OK.”(はい)

看護師:”Do you know how much Tylenol to take?”

(どれぐらいタイラノール飲むべきか知ってる?)

(私:アセタミなんちゃらはタイラノールのことか…)

私:”No…” (いいえ)

看護師は特に驚きもせず、丁寧に薬の説明と飲み方の説明が書いてある紙を印刷してくれた。

 

環境学を高校生に教えるプログラムの遠足で、植物園へ行きました。この日の体感気温は-15℃。急いで温室のへ向かっている写真です。

 

アメリカの小学校に通っていたとき、具合が悪くなって早退したことがある。

そのときの私の英語力はまだまだで、先生に何をどうやって言うべきなのか分からなかった。プリントで自習して終わったら先生に確認してもらう、という時間だったので、とりあえず何も持たずに先生の確認を受ける列に並んだ。私の順番が来て、先生に”あれ、プリントは?”みたいな、顔をされたか、聞かれたか覚えていないけれど、そんな気がする。

何を言うかちょっと考えたけど、”気持ち悪い”という英語が分からなかったから、とにかく”I’m cold” と先生に繰り返した。どうにかそれは伝わって、先生に保健室に連れられたけど、保健室で言われたことは何も分からなかった。体温計の数字はもちろん、”ここに横になってなさい”という先生の言葉も何を意味するのかわからず、ベットに座って何かが起きるのを待った。今思うと母は電話越しに、よく”柚子が具合が悪くなって早退する必要があるから迎えに来て欲しい”、と理解できたなと思う。

 

あの頃から私、大して成長してないじゃないか。今でも自分がどう具合が悪いのか、自分の言葉で伝えられない。”どうせアメリカだけだから”って°Fを今でもあまり理解していないけれど、アメリカで生活すつ上でこういうのは大事だと思う。はぁ…もっと医学用語とか、少なくとも病院でよく使うことば、身体の部位、基本の薬ぐらいは覚えないとな…。いくら”英語ができる”と言っても、まだ生活経験が少ないことを改めて思い知らされた。

考えてみれば私の英語力がまだまだなところ、他にもある。例えば数字。10万の桁からよくわからなくなる。日本の人口は120 millionってのは知っているけれど、他の場所の人口など、日本語では知っていても英語で言えない。自分なりに変換したつもりで口に出してみると、大体は多すぎるか少なすぎるかで驚かれる。

なんだか、普段はあまり使わなそうだけれど、とっても大事な英語。今の自分の英語力に満足せずに、これからも日々向上させていかなければ。学問で使う英語、友達との会話で使う英語、ビジネスで使う英語、生活する上で使う英語。いろいろあって違うんだな、と改めて気づかされた出来事でした。

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


Hey,ティーチャー!~メールのエチケット~

/ 0 Comments

Hey みんな!柚子だよー!

 

…あれ?今ちょっと引きました?そうですよね、いきなり会ったことも無い人にHey!なんて言われたら”何この人、急になれなれしく”と思ってしまいますよね。

このように、挨拶って一番始めに言うことなので良い印象を持ってもらうのにも大切です。特にブログやメールなど顔の見えない場合は言葉の選び方がとても重要になります。どう言えば、相手の気分を害すことなく、相手への尊敬の意味も込められるだろう?日本語の場合それほど難しくありません、敬語を使えば良いのです。敬語を使うことで相手と私の立場が違うことを理解しているということを伝えられます。

では英語の場合はどうでしょう?”敬語”というものはありません。丁寧にしようとしたら、”Please””Thank you”をつけるぐらい。友達と話すときも教授と話すときも同じ言葉を使います。メールを書くとなったら….どうしたらフランクになりすぎないのでしょう?

先日、Email Etiquette(メールのエチケット)というワークショップに参加してきました。これはWriting Center という、エッセーの添削をしてくれる施設主催のEnglish Language Learning(英語教育)のプログラムの一環で行われています。英語の文法とかよりは、英語の実用的なことや文化的なこと(こういう時にこういう言葉は使わないなど)を教えてくれます。このように、いくらブラウンに入学するのに英語ができるのが前提と言っても、あまり英語が得意で無い人へのサポートはちゃんとあります。このワークショップでは、教授にメールを書くときのエチケットを教えてくれました。英語での丁寧な表現は大学だけでなく社会に出てからも役に立つスキルなので、今日はこのワークショップで学んだことを紹介したいと思います!

 

a

 

1.メールする前に考える!

そもそも、何について教授にメールしたいのだろう?メールする必要はあるのだろうか?そして大切なのは、このメールの返事をするのに相手にどれぐらい時間がかかるだろう?と考えること。とても長い質問になって、教授に長い時間を費やしてもらうことになるならば、office hours (教授のオフィスを自由に訪ねて良い時間)に行くか、会う約束をしましょう。

 

2.件名はなるべく詳しく!

教授は一日に一体何件のメールを受信すると思いますか?件名からメールの内容がはっきりわかって、後から受信ボックスを見てもすぐにそのメールが見つけられるようにしましょう。例えば

“Question on Short Paper 1”

ではなく、

“ENGN130 Tu,Thu 10-11: Question on Short paper due 10/11”

のように、詳しければ詳しいほど良いそうです。

ちなみに、件名なしはNGです。

 

3.挨拶と冒頭

もちろん、教授にHey! はNGです。(その教授ともうすでに良い関係を築いているならば別ですが)使うならばHello又はDearを使いましょう。そして教授の場合はProfessor,Doctorと呼びましょう。Mr.Mrs.Ms.は、特に女性にとっては結婚しているかしていないかが基準なのでNGなんだとか。相手の立場がわからない場合は、とりあえずDoctorと呼ぶのが一番安全な道です。ワークショップの企画者はDoctorではないけれど、メールでDoctorと呼ばれる度にうれしくなるんだとか(笑)

次に冒頭。まずは自分は誰なのか、そしてメールをしている理由を言いましょう。

ここで一点、みなさんは”I am”を間違って使っていませんか?“I am”は初めて会う時に自分を紹介する時に使って、二回目以降は使いません。日本語ではいつでも”○○です”と紹介するのでわかりにくいかもしれませんが、二回目以降は”This is”等を使いましょう。

 

4.質問はmodal verbsを使おう!

質問は聞き方によっては相手に何かを押し付けたり強く要求しているように聞えてしまいますよね。それを防ぐためにはmodal verbs(助動詞)のcould, would, canを使いましょう!そして、相手に返事をする時間を充分にあげましょう。例えば、その晩締め切りの課題についての質問をその日の夕方にしているのでは遅すぎます。更に、分からないことを質問する前に自分が何を理解したのか言いましょう。ちゃんと授業を聞いて、教科書も読んだけどそれでもわからない、ということをはっきりと伝えましょう。

会う約束をするのであれば、いくつか自分の都合の良い時間を提案した上で”I am flexible to meet at your convenience”等と付けたしましょう。

 

5. やりすぎには気をつけよう!

丁寧にするのは良いのですが、やりすぎるとわざとらしく聞えてしまいます。日本語でも同じですね。例えば、

“I really enjoy your wonderful and amazing classes”

は言い過ぎなので形容詞は一つ、それか両方削って

“I enjoy your classes”

ぐらいにしましょう。

 

6.締め!

最後の文章では

“Thank you for your time”のように相手に感謝の気持ちを表したり

“I hope you will have a great weekend” のような表現を使いましょう。

そして最後は

Sincerely, Best, Yours Truly, Thanks, 等をつけて名前を書きましょう。

ちなみにBest, が一番なんでもなくて、オールマイティな表現だそうです。そして、ここはコンマですからね!間違えてピリオドにしないように。

 

7.サインの仕方

よくあるメールに自動的に付くように設定できるサインです。連絡先やオフィスの住所、役職などが書いてあります。教授だと必ず付けていますが生徒だとあまり利用している人がいないと思います。しかし、特に下の名前を使うアメリカでは同じ名前の人がいることも多く、例えばSaraと言ってもどのSaraなのか判断するためにこのサインはとても重要だそうです。生徒の場合は卒業年を書くのが良いとか。

 

dsc09511

新しいオブジェ。UntitledですがBluenoがあだ名かな?注意書きを無視して生徒が上るので、フェンスで囲われ、泥を落とす修復作業中です。回復を願うメモと、更にはお花まで添えられて、思ってたより生徒に愛されていたのかな?

 

ワークショップでは以上の点を教えてもらいました。英語は敬語が無いから誰とでもフランクに話せて楽!と思うことが多いですが、そんな英語にもやはり目上や初対面の人へのメールのエチケットってあるんですね。”これはやらないように注意”と言われた点で自分がやっていたこともあったので今後、改善させていきたいと思います。

 

新企画の”多様性”についての議論いかがでしたでしょうか?まだビデオを見ていない方はこちらをクリック!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


言語の苦悩

/ 2 Comments

こんにちは、巴基です。

 

最近だんだんと寒くなってきました。ブーツを履くのに慣れず、普通の靴で寮を出てから初めて「あっ」と気づいて戻って履き替えるというのが何度か起こっています^_^;

 

IMG_3749IMG_3750

この温度差。。。

 

寒さに慣れていないというのもカリフォルニア育ちの一つの難点ですが、今日は違う難点について。

 

 

日本語、英語、中国語。

 

それぞれの言語力においてほかの人に劣っている。

 

 

前から思っていた事ですが、ブラウン大学でほかの日本人と知り合ってから改めて気づかされました。これからいくつか例を挙げていきたいと思います:

 

1.敬語が使えない

アメリカでは先輩後輩という概念がない上に父や母以外に日本語を話す相手がほとんどいないので、子供のころから使っていた言葉をほとんどそのまま使い続けた結果敬語が使えなくなってしまいました。先輩に敬語を使い始めるとなぜかアメリカの”先輩後輩関係の皆無”が影響してすぐに普通の喋り方に戻ってしまいます。言語の悩みにおいては断トツで一番です。。。

 

2.カタカナ語が多くなってしまう

高校4年生の時、祖母と電話で話していた時の事。

僕:「最近大学のアプリケーションとかイングリッシュ英語の授業のエッセイが大変で。。。」

大学のアプリケーション → 大学受験の書類の準備

エッセイ → 自分の経験などについて書く文章

最近は少し注意して話すようになりましたが、依然としてたまに不必要にカタカナ語を使ってしまいます。直さなければ。

 

3.ボキャブラリー(いきなりまたカタカナ語。。。苦笑)の無さ

最近は少しづつ方式が変わりつつあるようですが、少なくとも僕が高校生の時はSAT=ボキャブラリーに関する問題とトリッキーな問題が豊富なテスト、ACT=時間がないテストという風に感じました。なので、英語のボキャブラリーに全く自信がない僕は真っ先にACTを選びました。日本語や英語の文章を読んでいるときに何度もグーグルに頼っている自分がいるとたまに自分が情けなく見えてきます。

 

4.全体的に作文力がない

これは特に日本語に関して言えることです。僕の記事を読み続けてくださっている方は気づいているかもしれませんが、保温ポットの弁当を”ホカ弁”と呼んだり、父と母の事を”お父さん、お母さん”と書いたり。日本語の作文をしっかりと学ばなかった上に日本に住んでいない事によって生まれる誤解があったりするので最近はブログを書いている時には特に間違えがないように神経をとがらせてます。

 

5.漢字の読み間違い

夏休みに日本に帰って山手線に乗っていた時の事。

僕:「へぇー、今週のばんぴんだって!結構美味しそう。」

母:「?それ逸品だよ?」

 

download (1)

”はんじょうてんのばんぴん”ではない^_^;

 

中学生の時、数学の話をしていた時の事。

僕:「今日へいほうねとか色々なことがワークブックに出てきた。」

父と母:「それ平方根だよ、何へいほうねって(笑)」

 

このように漢字の読み間違いには何度も親に指摘されては内心ガクッと落ち込みました。

 

6.日本語の漢字、中国語の漢字

これに関してはほかのアメリカ人よりも断然楽をしているのであまり文句は言えないのですが、例えば真実の”真”の字。

 

いきなりですが、間違え探しタイム!

次の二つの字の異なるところを探せ!!

downloadIt-真

僕は個人的にいやらしいとしか思えない。何、この微妙な違い。左が日本語、右が中国語です。

 

実は祖母への手紙を書いているときにうっかりして中国語の”真”を書いてしまい、ペンで書いていたのでそのままやむなく送ったという苦い経験をこの冬休みにしました。。。日本語と中国語が両方できる方で共感してくれる方はいませんか?;-;

 

僕の悩みは以上ですが、皆さんはどうでしょうか?2つ以上の言語ができるからこその悩み、ありますか?或いは「そんな悩みがあるなんてずるい!」と思われているのでしょうか?^_^;

 

最後に日本語が上手な皆さんへ。自分が日本語を上手に話せる、そして書けるという事を誇りに思いましょう。

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


音楽と言語

/ 0 Comments

どーも健太です。

少し投稿が遅れました。

 

IMG_3684最近行ったコーヒーショップ。Light Up Coffee

説明会ツアーが相変わらず続いていますが、説明会を行う度に必ず行うのが、質疑応答です。そんな質疑応答で聞かれることが多いのが、「英語しゃべれなくて苦労したことありますか?」「英語はどうやったら喋れるようになりますか?」というもの。

まあ僕も正直言って、海外に出てからまだ3年しか経ってませんし、高二でカナダに行った当初は英語で相当苦労しました。でも、いざどうやって英語が喋れるようになったかと聞かれると、考え込んでしまいます。

ところが最近、英語とは全く関係ないあることをきっかけに、英語が喋れるようになった理由がわかった気がします。

 

05_DSC3329(Photo)

説明会ツアーの合間を縫って、先週ジャズのライブに行ってきました。あんまり考えもせずブルーノート東京という日本で一番有名な(?)ジャズクラブに行ったのですが、運の良いことにマイク・スターンという有名なギタリストのバンドが来日中だったので、演奏を聴くことができました。

 

01_DSC1566(Photo)

最終日の最終公演だったこともあり、マイク自身はかなりリラックス気味でしたが、そんなマイクをそっちのけに、めちゃくちゃかっこいいソロを決めてた人がいました笑

victor-wooten-2.jpg?w=949(Photo)

 

それがこの人、ビクター・ウッテン。グラミーなんかを獲りまくってる、超一流の(世界一といっても過言では無い)ベーシストです。彼の演奏には、だいぶしびれました。

そしてライブも終わり、マイクの演奏というよりはビクターの演奏にしびれ、興奮冷めやらぬ中、ビクターのことを調べていると、こんな動画を発見しました。

 

 

Music as a languageというTEDトーク

なんだかいかにも胡散臭いタイトルですが、観てみるとその内容は非常に興味深いものでした。

ビクターは音楽一家に産まれました。両親も兄弟も全員無類の音楽好きでした。そして彼はこう言います。

 

「僕は一番最初、楽器の弾き方を習ったんじゃない。どうやって音楽を楽しむかを肌で感じたんだ。そう、赤ん坊が言語を習得するみたいにね。」

 

そして楽器の演奏の仕方や、スケールやフレーズ(音楽の文法のようなもの)を最初に教えようとする、音楽の先生達を彼は批判します。

 

「音楽の先生は、子供が『音楽』を理解する前に『楽器の弾き方』を教えてしまう」

 

そして彼はこう続けます。

 

「でも僕は違ったんだ。僕は先に音楽を学んだ。そしてその後、その音楽を楽器を通して表現する方法を学んだんだ。」

「言語を話す時に楽器を気にする人なんていないでしょ?そんなことより、何を話すかの方が重要ですよね。」

 

そして彼は自分が音楽と言語を同じようにして学んだと言っています。

これを聞いて僕はハッとしました。

 

maxresdefault-4

 

ビクターは、言語を学ぶ時、楽器を気にする人はいないと言っていました。でも日本の英語教育では気にするのです。少なくとも僕が受けた日本の英語教育は、文法や発音と言った「楽器」を一番気にしていた気がします。それこそビクターが批判している音楽の先生のような教え方をされました。

『言いたいこと』がないのに、『文法や発音』を教えてしまう。

そんな英語教育だった気がします。

 

そしてそんな「楽器の弾き方」だけ教わった僕は、カナダに行き、壁にぶち当たりました。もちろん基礎的な英語力も足りませんでしたが、何より言いたいことを英語で表現できずに苦しみました。「英語をうまく使う方法」だけを勉強していた僕は、「自分の本当に言いたいことを英語で表現する方法」を知らなかったのです。

 

DSC01985

 

環境問題や日中関係や格差の問題。そのどれもに自分の言いたいことがあるのに、それを英語で表現できない。それを実感した時、生まれてはじめて「英語をうまく喋れるようになりたい!」と思いました。そしてそのモチベーションを得てからは、自然と英語が上達した気がします。

 

だから「英語がどうやったら喋れるようになりますか?」と聞かれたら、僕は「まず英語で喋りたいことを見つけてください」と答えます。至極単純ですが、喋りたいことが無い限り、真の意味で英語を喋れるようには絶対にならないと思います。

 

ビクターの動画にとっても説得力があるなと僕が思える理由は、彼が音楽家としてだけでなく、プレゼンターとしても一流だからです。彼が「僕は音楽と英語を同時に学んだ」と言っているように、プロの表現者はベースであっても、英語であっても、自分の伝えたいことを表現できるのだということをビクターは体現している気がします。

 

IMG_3696

 

そして余談といえば余談ですが、最近テナーサックスをレンタルしました。ものすごく昔にアルトをやっていたので、おぼろげな記憶を頼りに、少しずつ練習しています笑

それではまた来週!

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


separator