divider

Archive



よくある(答えにくい?)ご質問

/ 0 Comments

どうも、柚子です。

この間の三連休は”海の日”だったということで海にー!!

 

DSC00182

 

…行ってません。ということで、写真は3年前の鎌倉の海でした(笑)

海は行かなかったものの、とても充実した三連休を過ごしました。土曜日は兄と二人でソラマチに行き(兄と二人だけで出かけるなんて、小学生の時に一緒に英会話教室行った以来?買い物は初めてだったかもしれません)、日曜日はこの夏お手伝いしている地元の海外派遣事業の出発前最後の事前研修。そして月曜日はちょっとした留学説明会を行ってきました!

私は今まで留学の経験者として留学について話したり、後輩にアドバイスしたりはしたことありましたが、”説明会”という形でお話するのは初めてでした。内容は”そもそも留学って何なの?その意義って?”というところから始まり、”日米大学比較”や”奨学金について”、”大学生の一日”を紹介した後、大学の学部留学の話からはちょっと離れて”交換留学””高校留学”そして”海外経験を通して得られたこと”を話しました。4人でそれぞれ担当の部分を決めて行ったため、私にとっても他の方のプレゼンはとても勉強になりました。そして参加者のお子さんはまだ年齢が低い方が多かったため、アメリカ大学留学よりも、私はUWCの宣伝ができてうれしかったです。

説明会の後は懇談会を行って参加者の方といろいろお話をしたのですが、ここで思ったのは、やっぱりどこへ行っても留学について”よくある質問”があることです。そして、今日は特に”よく聞かれるけど、正直答え方に困る質問(と困る理由)”を取り上げてみたいと思います!

 

1.ブラウンに日本人ってどれぐらいいるんですか?

これは単純な質問に聞えるかもしれませんが、以外と難しいんです。なぜなら答えは”日本人”をどう定義するかによるからです。ずっと日本に住んでいて、人種も日本人の人?日本で教育を受けた人?アメリカ在住の日本人?日本人とのハーフは?人種的には日本人だけど、全く日本語を話せない人は?このように、質問した人が思っている”日本人”と私が思う”日本人”が違うのではといつも思っています。

なので私はこう答えます。

”結構いますよ。私の学年ではアメリカ育ちやハーフの人を含めて、日本語を話す人でグループチャットを作ったら、14人いました。”

と。

しかしこの中にはあまり自分の事を”日本人”だと意識していない人もいるだろうし、逆にまだ私が認識していないけど自分は”日本人”だと思っている人も他にもいるはずです。だから答えにくいんです、この質問。

 

DSC07837

ブラウンの近くで食べれる日本食

 

2.どんな人と一番仲が良いの?

一番仲良いの誰だっけ?と思うと、自分でもわからなくて”あれ、自分には本当に頼れる友達いないのかな?”なんて思えて悲しくなってしまいます。別に友達がいない訳ではありませんが、そんなにいつも一緒にいる友達がいるタイプでは無いので。それに、この質問にはきっと隠れた意味があるんです。それは、”どんな人種の人と仲が良いの?”という質問です。だから私の友達には中国人などのアジア系の人が多いことを明かしたらきっと”やっぱり、留学へ行ってもアジア人同士でくっつくんだ。やっぱ白人とはつるめないんだ”と思われる気がします。違いますか?

そもそも”留学に行ったら、いろんな肌の色の人と仲良くなれる!そしてなれたほうが成功だ!”という考えがおかしいと思います。なぜなら、一概に”アジア系の人”って言ったって特に中国系の人は2世や3世が多く、むしろ”アメリカ人”って人が多かったりするし、もちろん性格はそれぞれだし、見た目では判断できないからです。それに、大学のような人が多いコミュニティではサークルや授業など、同じ興味を持った人の集まりで友達ができます。だから似た文化の中で育った人が集まって仲良くなるのは自然なことではありませんか?それがアメリカみたいな多様性の富んだ場所だと人種に現れてくる、それだけです。

日本の大学に通っていたらきっと、”どこの人と仲が良いの?”と聞かれて、”サークルの人”とか”ゼミの人”と答えていた気がします。でも留学しているからこそ、質問は”どんな人と仲が良いの?”で求められる答えは”○○人”と、国名や人種になっています。

これからは”気が合う人”とでも答えようかな?

 

DSC07296

このグループはわりと多様な、周りの人がイメージする留学生活?

 

3.どれぐらいの成績が必要なんですか?

特にSATやTOFELの点数についてよく聞かれます。まず、TOFELについては私はそもそも受けたことが無いので答えられません。SATに関しては、”Ivy Leaguesに入るには2100以上は必要である”ときいたことがあるけれど、私はその点数に達していなかったし、成績がそこまで良く無い人でも他の項目(自己アピールのエッセーや課外活動など)が充実していればそれが評価されて合格したり、成績は文句なしでもそれだけでは合格できなかったり….正直なところ、私だって学校がどう学生を選考しているかなんて知りません。でもある程度優秀でなければ大学での勉強についていけないだろうし、良い成績を取って損することは無いと思います。ただ、”良い成績をとらなくては!”とばかり思って過度にSATやTOFELにストレスを感じたり、結果に絶望することは無いと思います。

 

4.英語力はどれぐらい必要ですか?

これは留学の種類によると思います。例えば語学留学に行くのであれば、英語は現地で学ぶのでそれほどの英語力は求められないかと思いますが、大学の学部留学となると話は違います。英語ができるのが前提で、できないと授業についていくのなんて無理でしょう。しかしどんな留学にしろ、現地で暮らしていく上で、英語力があって損することは無いと思います。私は帰国子女で留学時に大きな言語の壁にあたるという経験はしていないのでこれについてもあまり話せませんが、きっと間違ってはいないと思います。

 

5.UWCの選考に通るために、今からどのような準備をすれば良いですか?

”こんな人がUWCに受かる”という何か明らかに見える特徴が無いんで答えにくいです。しいて言えば、みんな何かUWC spiritを持っている?ってすごく曖昧な表現ですね。個人的な見解を申しますと、”UWCに受かるために”と思って何かをやった時点でアウトだと思います。だってそれでは偽りの自分作り上げていることになるから。”自分らしさ”を全面に出して、それがUWCに合うと選考の担当者が判断すれば合格、不合格だったら別に何かが足りない訳ではなくて、きっとUWCに合わないから間違って選ばれなくって良かった、と受け止めれば良いと思います。

ちなみに、私は選考試験の3ヶ月前にUWCについて知ったので何も準備するにもできませんでした。今までやってきたことを応募用紙に書いて、持っているものを選考に出しただけです。でも一つ言えるのは、人生の中でこんなにも”欲しい!”と思ったものは無い、と感じたことです。その”UWCに行きたい!”という強い気持ちが何かオーラでも発していたのでしょうか?

※UWCは私が行った高校留学のプログラムです

 

6.留学して一番苦労したことは?

”留学したから”というか、大学生としての一般的な悩みの方が大きいからです。一番苦労したこと…しいて言えば人間関係の形成ですかね?毎日一緒のクラスにいて毎日お互い会う高校生活と違って、大学では友達はできても、なかなか高校までのような密な関係は作れない気がします。この間、中高一緒だった友達と会ってきたのですが、2年近く会っていないのに良い意味で久しぶり感がありませんでした。こういう友達、大学でも作れるのかな?

 

7.日本の大学と比べて~?

”日本の大学と比べておそらくこうなのだろう”ということはいくらでも話せますが、実際日本の大学に通ったことは無いので自分は偉そうに語れる立場では無いと思っています。特に最近は日本の教育制度についても学んだり、友達の大学での話を聞いているうちに、自分が今まで日本の大学に対して思っていたことが間違っていたのではないかと感じる機会が多いです。日本の大学生は勉強しないだとか、課題がほとんどないだとか、授業はつまらない教授の一方的な講義だけだとか、今まできいてきた噂だけを元にアメリカの大学と比べるのは、日本の大学に失礼だなと思います。また、アメリカの大学についても、私は大学受験のときに対して調べた訳では無いし、他の大学に遊びに行ったことも無いので、私が答えられるのはあくまで”ブラウンのこと”限定になります。

 

DSC05685

 

 

8.どれぐらい忙しいんですか?

これは人によるからです。そもそもどれぐらいを”忙しい”と感じるか自体が人それぞれですし、大学生活では時間の管理は自分で行います。アメリカの大学は時間割自体はスカスカなのですが、その間の時間をどう使うかは自分次第です。高校生活とちがって授業以外に強制されるものって無くって、いくらでも暇も作れるし、いくらでも忙しくできる、そう思います。

 

今思いつくのはこんなもんですかね?みなさんも気になっている質問ありましたでしょうか?また留学されている方は、同じような質問を聞かれて答え方に困った経験はありますか?

答えに困ってしまうことも度々ありますが、今回の説明会を経験して改めて思ったのは経験者の話を直接きくほど貴重な情報源はないなということです。いくら留学のパンフレットや経験談を読んでも、直接話しをきいて、気になっているところを質問するには及びません。やっぱり実際に経験した人にしかわからないことってあると思います。だからいくら困る質問でも、私は私なりに答えていきたいと思います。時にはあくまで”自分の経験を元に”話すので間違ったことを言ってしまうかもしれないけれど、少しでも留学について知りたい人の役に立ちたいです。

 

来週、再来週はニュージーランドへ行くのでブログが更新できるかわかりません。ブラ熊に仲間入りしてから毎週欠かさず更新してきましたが、残念ながらその記録は途切れてしまいそうです。初めての海外研修を経験する中高生のサポートを精一杯やってきます。

日本の夏は暑いから、しばらく避暑地へ!…って、真冬のニュージーランドに行くって暑さ逃れすぎか(笑)凍えないように気をつけます。

北半球に留まるみなさんはくれぐれも熱中症などにはご注意を!

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


言葉拾い

/ 2 Comments

こんにちは、メイです。

 

昨日の夜にブラウンに到着し、朝からバリバリ授業に行ってきました!絶賛時差ボケ中です。今学期は取る予定のクラスや久しぶりのブラウン生活に思う事などありますが、未だ授業一日目ということで、あえて冬休みに体験したことについて今日は書きます。

 

***

 

「言葉は作るものではなく、拾うもの。」

 

かの有名な松尾芭蕉の言葉(らしい)です。もっぱら私にこの言葉を聞かせたのは芭蕉ではなく、俳句が趣味の祖母でしたが。

 

家族との慰安旅行の間、祖母は旅館の部屋で新聞やノートを広げて何かと熱心に言葉を「拾って」いました。彼女の解釈曰く、有名な俳人の言葉のレパートリーが広い理由は皆周りから拾っているからであって、真新しい言葉を作っているわけではないらしい。

 

12552906_740181522783962_3774931387126195567_n

 

何だか地道に言葉を「拾っている」祖母が(本人に言ったら笑われるかもしれないが)健気に見えた。

 

その時は、俳句の世界って奥深いなあ程度にしか思わなかった。

 

***

 

後日、わたしは祖母にランチに誘われ近所のデパートへと向かった。

 

いつも通り、祖母は小さめのノートと鉛筆を片手に言葉の宝探しをしていたようで、何か思いつけばノートにメモをしてその場で一句詠んだりした。

 

お昼を食べている時でも何かと周りを見渡しながらノートに書き書き。

 

(ブログを書くという意味で)同じネタ探し人間としてどうすればそんなに書くことが見つかるのかと聞くと、答えは実にシンプルだった。

 

「心を『ハッ』とさせられるようなことを見つければ良い。」

 

そう祖母は言った。私はその説明に「ハッ」とした。

 

12645041_740181536117294_3197210720769073583_n

 

私より何十年も多く世の中を渡り歩いてきた祖母が未だに「ハッ」とする出来事に日々出会えているということは、一体全体わたしがまだ見つけられていない「ハッ」とすることはどれぐらいあるのだろうと。

 

あとどれぐらいの言葉を拾いきれば、自分の言葉を作り出さざるを得ない日が来るのだろう。

 

そう思いながら、わたしはブラウンでの言葉拾いをすると決めました。

 

***

 

なんともまとまりもオチもない記事ですが、要は今現在ブログのネタを募集しております!ご質問、ご感想などございましたらぜひぜひお知らせ下さい!くだらない質問から、内容の深いものでも何でも募集中です(^^)

読者の皆様は、最近「ハッ」とするようなことはありましたでしょうか?

 

それではまた来週!

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


お気に入りの場所。

/ 0 Comments

どーもケンタです。

 

Processed with VSCOcam with c1 preset

 

秋でっせ。

寮を出ると、いつもこの主張の激しい木の横を通るので、常に秋を感じています。

 

さてさて。

引き伸ばしに引き伸ばした、質問回答ですが、最後に残った質問に答えたいと思います。お題は、

「大学で好きな場所を5カ所、写真付きで教えてください!」

というもの。

 

うーん…. 難しい笑

ということで、キャンパス周辺にまで枠を広げて、選ぶことにしました。それではいってみよー。

 

1. The Shop

Processed with VSCOcam with f2 preset

 

幾度となくこのブログに登場しているコーヒー屋さんです。コーヒーが美味しいのはもちろん、付け合わせのパンやクッキーも絶品です。こぢんまりした店内も、コーヒーの味も、オーナーの人柄の良さも、全部好きです。

 

Processed with VSCOcam with c1 preset

 

個人的には、冬の寒い朝に、ここに開店と同時に入って、メガネを曇らせながら頂くカプチーノと焼きたてパンが、ブラウン界隈で食べれる最高の朝ごはんだと思ってます。

 

 

2. Rockefeller Library 3F の隅のスペース

Processed with VSCOcam with b1 presetこの無駄のなさが逆にいいのです

ブラウンにはたくさん勉強スペースがありますが、余計なものがなく、自分が一番集中できるのが、このRockefeller Libraryの3階にある、窓際の勉強スペースの、一番端っこの席です。

ここならほとんど誰も来ませんし、この図書館は2時まで開いてるので、思う存分勉強できます。Science Library なら24時間開いてますが、逆に2時というタイムリミットがあった方が、個人的には勉強に身が入るので、論文や中間試験前で追い込むときは、ここで勉強します。

ちょっと勉強の合間に休憩したいときは、日本の小説コーナーを見て回って、「テスト終わったら、これ読もうかなー」なんて考えます。ちなみにこの図書館は、日本の現代小説に関しては、「直木賞、芥川賞、野間文芸新人賞を取った作品(もしくは候補作品)を入れる」という単純明快な基準で蔵書を増やしているので、日本で話題になった本が、結構たくさんあります。

 

IMG_4855

 

ご覧の通り。最近、西加奈子さんの「サラバ」が入ってきて、かのさんが「オーマイガー」と言ってました笑

 

 

3.  Providence Athenaeum Library

Processed with VSCOcam with m3 preset

 

図書館が続きますが、この図書館はちょっと毛色が違います。というのもブラウンの図書館ではなく、街の図書館です。欧米の図書館というと、歴史ある建物に、貴重な書物が山ほど詰まってるようなイメージがあると思います。実際アメリカの名だたる大学や、イギリスのオックスフォード大学やケンブリッジ大学などは、それはもう映画に出てくるような図書館がたくさんあります。

 

MuttBike2(Photo)

ちょっと話は逸れますが、僕がいちばん初めにアメリカの大学を見て回った時、最初に見てみたいと思ったのは、”インディー・ジョーンズ:クリスタルスカルの王国” で、ハリソン・フォードとシャイア・ラブーフが、バイクで図書館に突入するシーンに使われた、イェールの図書館です。実際はイェールにある食堂を改装して、図書館にして撮影を行ったそうですが、映画のシーンがとても印象に残っていたので、どうしても行ってみたいと思い、実際に見に行きました笑

ちなみに、ベタなハリウッド映画の中では、僕はバックトゥーザフューチャーに並んで、インディー・ジョーンズシリーズが大好きです笑

 

Processed with VSCOcam with m5 preset

 

話を元に戻すと、そんな映画に出てくるような図書館と比べて、この Providence Athenaeum Libraryを僕が好きな理由は、その「ちょうどよさ」です。

 

Providence Athenaeumこのちょうどいいサイズ。この写真で見えてる部分が、ほとんど図書館の全容です。

(Photo)

 

サイズは大きくもなく、小さくもない。中の装飾もやり過ぎてはないけど、殺風景でもない。ちょうどいいです笑

ちょっとだけ気分を変えて本を読みたいときや、勉強したいときは、ここに足を運びます。

 

4. Benefit Street

Processed with VSCOcam with c1 preset

 

好きなストリートはたくさんありますが、あえて(といっても何があえてなのかわからないかもしれませんが)Benefit Streetを選びました。Benefit Streetは、ブラウンがあるCollege Hill と、Downtownのちょうど間を南北に貫くストリートです。特に目立ったお店や、スポットがあるわけではないのですが、何となく雰囲気が好きなストリートです。とりわけ夕暮れ時は、西日が綺麗に道を照らすので、歩いていても、自転車に乗っていても、とても気持ちいいです。

 

5. Front Green (Van Wickle GatesとUniversity Hallの間)

Processed with VSCOcam with m3 preset

 

最後は、理由はないけど、ただ好きなスペース。大学の顔とも言える、Van Wickle Gatesを通ってすぐの場所です。「ザ・アメリカの大学」って感じのする場所ですが、常に人影もまばらで、落ち着いた空気の流れる不思議な空間です。

 

というわけで、お気に入りの場所たちでした。

 

それでは今週はこの辺で。また来週!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

 ↑ クリックお願いします〜!

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


いざ回答。

/ 0 Comments

ども。ケンタです。

 

週末は3連休だったので、比較的ゆったりできました。ふと今週末とかニューヨーク行こうかなと思ってみたり。

IMG_4690

さてさて。

 

先週の記事で、書くことがなくてお題を募集したところ、いくつか質問がきましたので(ありがとうございました!泣いて喜びました!)、順番に答えさせていただきます。

 

Q: コーヒーはどう始めれば良いですか?きっかけがほしいです。

A: 早速コーヒーの質問ですね!嬉しいです笑 コーヒーを始めるきっかけですか… 始めるというのが、コーヒーの抽出のことなのか、それとも飲んで楽しむことなのかわかりませんが、何れにしても、一つ器具を買ってみるのはいいかもしれません。価格的にも、淹れ方的にも、手軽なのはフレンチプレスだと思います。

Processed with VSCOcam with f2 preset フレンチプレス

お湯を入れて、4分待つだけでコーヒーが抽出できますからね。ちょっと手間がかかってでも、コーヒーを淹れるプロセスを味わいたいというのであれば、エアロプレスかドリップがオススメです。どちらも器具の値段はそんなに高くないので、気軽に買えると思います。

 

Processed with VSCOcam with m5 presetエアロプレス

そして器具を買いに行ったら、自家焙煎をやっているコーヒー屋さんに行って豆を買ってみましょう。コーヒー屋さんの選び方としては、自社で焙煎をしていて、最低限焙煎の日時が豆の袋に明記されていることを基準に選んでください。そして豆の購入時には、なるべく焙煎が1~5日以内のものを買うのがベストです。まだ好みのコーヒーがわからないようでしたら、とりあえず焙煎度合が違う(ダークロースト、ライトローストなど)豆をいくつか試してみて、自分が苦いコーヒーが好きなのか酸味が強いコーヒーが好きなのかを把握してみましょう。これがわかると、お店の人に「苦いコーヒーが好みなんですけど、オススメの豆はありますか?」といった形でオススメを聞くことができるので、自分にとって最高の豆にたどり着く近道になります。

もし複数の種類の豆を同時に試してみたい場合は、計り売りなどを行っている自家焙煎のお店などで、50g単位で何種類か買ってみるのもオススメです。

とにかく器具を買ってみて、見よう見まねでもコーヒーを淹れてみることから、始めるといいと思います!

 

Q: コーヒー初心者が中級者になるために必要なプロセスはなんだと思われますか。

A: またまたコーヒーの質問!いやあ嬉しいですね。

初心者が中級者になるために必要なプロセスですか。初心者がどのような基準か決めかねますが、とりあえず「いくつかの国で生産されたコーヒーを飲んだことがある」としましょう。それを前提に、中級者になるために僕が必要だと感じるのは、ズバリカッピングの技術です。カッピングとは、決められた方法で抽出されたコーヒーを飲み比べることで、スプーンですすって一口ずつ味わい、その豆の特性を理解するために行います。今ではパブリックカッピングといって、無料で何種類かの豆のカッピングができるコーヒー屋さんも増えているので、まずはお近くのパブリックカッピングを行っているお店に足を運ぶことをお勧めします。

 

IMG_3455

カッピングができると何がいいかというと、豆のフレーバーを正しく理解することができるという点です。よくお店に売っている豆に、「グレープフルーツのような柑橘系の酸味」といったフレーバーに関する記述があると思います。これらはもちろん、ドリップなどの普通の抽出方法でも感じれますし、理解ができますが、カッピングをしながら他のフレーバーを持った豆と飲み比べることで、より正しくその豆の特性を理解することができます。何よりカッピングをすることで、舌が肥えてきますので、コーヒーの味わい方も変わってくると思います。

僕が新しい豆を買って必ずやることといえば、カッピングです。自分でその豆をとりあえずカッピングしてみて、その豆がどんなフレーバーを持っているか、自分ならどんなフレーバーをこの豆から引き出したいか、などを考えます。そしてその考えに従って、抽出方法を選び、レシピを考えるようにしています。こんな感じで、カッピングが正しく行えると、コーヒーの楽しみ方も一層広がるのです。

是非、まず一度パブリックカッピングに足を運ぶことをお勧めします!

 
Q: トモチーニさんの近況が知りたいです。

A: みんな知りたいですよね笑

最近は忙しいのか、僕が働いているコーヒーショップにも顔を出してくれません….

今週中に近況を調査して、写真と共に来週の記事で報告することをお約束します笑

 

Q: アメリカ東海岸の私立大学に通う日本人学生のコミュニティのあり方について詳しく知りたいです。

A: なるほど。いい質問ですね。明確な「コミュニティ」と呼べるものが存在するかと言われると、微妙かもしれません。個人個人が、同じ高校に行っていたり、同じ塾に行っていたり、同じ留学生団体に所属していて知っている場合はあるかもしれませんが、東海岸の大学限定で明確なコミュニティがあるわけではないです。

でもだからといって、他の大学の日本人学生と関わる機会がないかというと、そうでもないと思います。まだまだ日本人留学生団体の数も少ないですし、狭い世界なので、いろいろな活動に顔を出していると、おのずと顔見知りが出来ていきます。

 

Q: ブラウンで一番仲のいい人はだれですか?

A: うーん。難しい質問ですね。この人です!と断定はできないかもしれません。ブラ熊の皆とも仲いいですし、当然コーヒーショップの仲間とも仲いいです。あと一番気心が知れているという点では、同じカナダのインターナショナルスクールから来ている友達とは本当に何も考えずに一緒にいれる友達かもしれません。家族みたいな感じで2年間を過ごした友達なので。

 
Q: もし本を書くとしたら何について書きますか?

A: この質問が一番個人的には好きかもしれません笑 同時にすごく難しい質問だと思いますが。本を書いてみたいと思ったことはありますし、書いてみたいと思った題材も幾つかあります。とりとめもないエッセイとか、自分の気になる人へのインタビュー集とか、はたまた小説とか。でもいつか書いてみたいなと本当に思うのは、今まで自分が飲んだコーヒーの中で心に残っているコーヒーや、思い出になったコーヒー豆が登場する、短編集です。一つの短編につき一つのコーヒー(もしくはコーヒー豆)みたいな感じで。そのコーヒーにまつわる短編じゃなくて、そのコーヒーが物語のアクセントになるような形が理想です。

あとは全然関係ないですけど、死ぬ間際の自分になりきって遺書を書いてみるってのもやってみたいと思ったりします笑

 

Q: ケンタさん自身のtwo lies and a truthお願いします!

A: おおー。これまたいいお題。

それではいきます。

  • 高校生までブラックコーヒーが飲めなかった。
  • アメリカとカナダ以外に外国に行ったことがない。
  • ウクレレ、サックス、ドラム、ピアノを演奏することができる。

こんな感じでどうでしょうか。

正解はいつか発表します笑

 

Q:大学内の好きな場所 5箇所 画像と理由で お知らせください。

A: 好きな質問ですねー。じっくり考えますので、来週写真と共に発表させてください。

 

IMG_4696

なんだか怪我したりでサッカーできてませんでしたが、昨日久しぶりにサッカーしました。

 

それではまた来週!

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


お題求む。

/ 4 Comments

どーもケンタです。

昨日は朝の3時まで中間試験の勉強してたので、投稿ができませんでした…

 

いやー。

なんだか書くことがありませんね。

 

Processed with VSCOcam with c1 preset

 

 

コーヒーのことならあるといえばあるんですけど(今年のバリスタチャンピオンシップ日本大会が先日あったので)、まあそんなに需要もないかもしれないし。

 

というわけで笑

 

トピック募集します!

「そんな投げやりな感じで頼まれても、書くことくらい自分で探せよ… 」なんて冷たいこと言わずに、何かトピックをください笑

 

質問でも全然OKです。

「コーヒーのおすすめの淹れ方は何ですか?」

「他のメンバーの印象は?」

「ジンジャーシロップを作るコツを教えてください。」

そんな気軽な質問でも大歓迎です。もちろん真面目な質問でも大歓迎です。もちろん留学の質問も。

 

質問だけじゃなく、

「トモチーニさんの近況をレポートしてください。」

とかでもOKです。任せてください。密着して24時間付きまとってやります笑

 

ご意見ももちろん大歓迎。

 

「でもなー。新ウェブサイトになってからメールアドレス入れないとコメントできないしなあ。」とお思いのそこのあなた!

 

安心してください笑

メールアドレスを入力しなくてもコメントが出来るようになりました!

 

それじゃあ、お題、質問、ご意見、お待ちしております。

 

 

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

 ↑ クリックお願いします〜!

 

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


separator