divider

Archive



上達への道は皆同じ

/ 2 Comments

ご無沙汰してしまっています。。。巴基です。

ここのところ忙しく大変ですが、元気に毎日を過ごしています。

 

おとといの日曜日、合気道4級の試験を受け合格しました!他にも4人ほど5級の試験を受けましたが、試験を見ていて初めて”先輩ってこういう気分なんだなー”と自分で勝手に納得していました(笑)

 

ピアノ、合気道、スマブラ。

 

この3つの趣味で腕が徐々に上がるにつれ、なんとなく上達への共通点が見えてきた気がします。そこで今回は個人的な上達への近道について書きたいと思います。

 

IMG_3727

1.練習は目標をもって行う

これは自分で気が付いていても実行に移すのにかなりかかりました。昔からピアノの練習をするとき、僕は知らないうちに何回も何回も同じように曲を弾いていました。ダメだとはわかっていても、ほかのもっと効果的な練習は時折やるぐらいですぐにまたたらたらと練習してしまっていました。しかし、やはりリズムを意識したメトロノーム練習、メロディーを意識したパート・片手練習、曲の情景が変わるところのパート練習など、自分が出来ていないことに集中して直す練習が結局効果的だと身に染みて感じるようになりました。やはり量よりも質ですね。

 

12977016_10154122398634913_7888093767881989019_o

2.練習はできるだけ頻繁に

これはかなり常識的ですが、先週1週間ぶりにスマブラをやったら驚くほどに腕が落ちていてびっくりしました。1週間やってないだけなのにキャラクターが思うように動かない。。。(*_*;

”稽古に来る人が上達する。それだけだ。” - 合気道のクリス先生

 

3.上達を楽しむ、上達しない時はイラつかない

上達には壁がつきもの。どんなに自分では上達していないと思っていても、それは次のレベルへ行くための工程。

壁を超えるたびに思う事です。スマブラで負けてばかりいても、ピアノの音色が全然思うように響かなくても、合気道の技で先生に何度もダメ出しをくらっても。

前には進んでいる。そう自分に言い聞かせて練習を続ける。

IMG_3949

春休みに行った合気道道場の猫、Moochie弟子

 

4.考えられた練習、考えない本番

これにはあれっ?と思う方もいるかもしれませんね。この場合の考えないとは、「脳が無意識に考えてくれる」という事です。

どの技をすればいいのかわからない場合や技のやり方を忘れて固まっているときに、合気道の先生のクリスがよく僕たちに言うことから来ています。

 

Don’t think, just move.

考えてないで、動け。何とかしろ。

 

練習の時は上に示した通り、考えられた目標とそれに合った練習が必要です。ただ、いざ本番になったら考えてばかりいると考えていたことがすでに過ぎ去ってしまい、脳が混乱したり止まったりすることがあります(少なくとも僕は)。例えば、ピアノのコンサートで「次の音はどういう風に弾かなきゃいけないんだっけ?」とか考えていたら指が止まって頭も真っ白になって固まってしまう、という事を何度か経験していますし、スマブラをやっていて「こういう場面では自分はこういう行動をとらなければ」と考えているうちに相手は自分を攻撃してきてます。

本番では自分を信じて意識して考えるのは最小限にする。

個人的に本番で力を発揮するのに役立っている考え方です。

 

IMG_4056

スマブラ for Wii U 世界トップ3のDabuz選手との写真

 

いかがでしたか?なんか最後の辺は上達というよりも単なるアドバイスになってしまいましたね(^_^;)

 

ではまた来週、お互い頑張りましょう~

 

13055141_621795074634507_6793876324948772348_o

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


内弟子日記

/ 0 Comments

こんにちは!巴基です。

 

さて、突然ですが皆さんは春休みはどのように過ごしましたか?或いはどのように過ごしたいですか?

 

家でのんびりですか?それとも家族旅行?

 

僕は車で10時間以上かかるバージニア州の合気道の道場で内弟子として住み込みで合気道をしていました。全然休みになってませんね(笑)

 


 

先週の月曜午前5時に先輩のArturと先輩・先生・運転手のChrisと一緒にブラウンを出発。途中パーキングエリアのマックで朝ご飯。

 

IMG_3890

やっぱりアメリカのパーキングエリアは日本のと比べ物になりませんね。。

 

午前10時頃、Chrisが居眠り運転寸前の状態で車が揺れていたので休憩。本当に生きた心地がしなかった(震え

 

FullSizeRender (6)

ゆーらゆら。。。ハッ!

 

その後も何度かChrisが居眠りしないように注意しながらなんとか午後9時ごろに道場に到着。軽い晩御飯を食べた後就寝。

 

FullSizeRender (7)

初日は寝袋を敷いて畳の上で寝てみましたが、やはり硬すぎてよく眠れませんでした(^_^;)次の日からはソファーで寝ました。

 

 

 

ここで内弟子の1日の流れを紹介:

午前7時前に起床。洗面を終わらせたら合気道着に着替え、朝練に参加。主に武器技(木刀、杖)の素振りなどを練習。

 

午前8時半頃に練習が終わり、箒でマットを掃除した後内弟子として任された雑用。僕の場合はトイレ掃除。

 

FullSizeRender (9)

感謝を込めて丁寧に掃除。帰る頃先生の奥さんに”きれいに掃除してくれるから養子にしたいぐらい”と言われました(笑)

 

午前10時頃、ようやく朝食にありつける!ご飯は主に自炊。

IMG_3941

スクランブルエッグとトーストとカフェオレ

 

ここから夕方の5時半ごろまでは曜日によって自主練習や授業や外出やほかの雑用のお手伝い。

 

その中で印象的だったのが木の枝を切り落とし、最後には木を切り倒す作業のお手伝い。

 

Before

IMG_3946

 

After

IMG_3970

もとにあった木の残った部分が右下に。

 

IMG_3973

断面ショー

 

5時半から9時ごろまではずっと練習。武器技と体術の混合。体術は武器なしの技のくくりで、主に掴まれたり殴りかかってこられた時のための自己防衛。たまに3人同時に適当に殴りかかってこられる自由技(乱取り)も経験しました。あれは本当に難しかった。瞬時の判断が難しい><

 

そして10時ごろに夕食を食べ、シャワーを浴びて就寝。

 

IMG_3935

注意されていたのに鶏肉を焼き始めて1分と立たないうちに火災報知機が鳴って消防が駆けつけてきたので1週間オーブンを使い続けました(笑)

 

木曜日にはArturと一緒に近くの映画館へ。

MV5BMjQyODg5Njc4N15BMl5BanBnXkFtZTgwMzExMjE3NzE@._V1_UY268_CR1,0,182,268_AL_

今まで見てきた映画の中で最もレイティングR指定にふさわしい映画でした(笑)

 

金曜日には場所がフレデリックスバーグという事で南北戦争の跡地を少し観光。

IMG_3979

実際使われた銃など

 

IMG_3982

復元された石壁。写真の右側から北軍が、石壁に守られた南軍を攻めたそうです。

 

IMG_3984

前の写真の左側は丘になっていてここに南軍の大砲が設置されていたらしいです。

 

土曜日には15歳の男性の初段昇格試験、そしてChrisの二段昇格試験が行われました。昇格おめでとうございます!^_^

 

12891045_10154087300319913_6156194277952056425_o

太刀取りの練習をするChris

 

日曜日:

先生にお別れを告げた後午前9時ごろに出発。途中間違えて高速を降りてしまい、ワシントンの町中をドライブ。

IMG_3990

ワシントン記念塔

 

その後またまたカーナビの支持を守れずニューヨークの町中に迷い込み、ナビのいう通りに走っていたら結局1時間以上ニューヨークのど真ん中をドライブする羽目に。とほほ。

IMG_4007

 

なんで僕たちはわざわざニューヨークの町中を走っているんだ。。。

 

ブラウンに戻ったのは午後9時ごろ。Chrisさん、運転お疲れ様です(_ _)

 

 

 

この一週間で色々な技を習得できましたが、それ以上に改めて気づかされた事があります。

 

 

 

それは、人とのつながりの大切さ。

 

人と会話し、人と協力して作業を行う。人に教わり、人に教える。

 

画面やノートとのにらめっこだけでは見えない世界。

 

出来るならまたいつか行きたい。人情溢れるバージニアの道場へ。

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


さてさて、なにをかけようか。

/ 0 Comments

どもども。

ケンタです。

プロビデンスは春とは言い難いけど、春休みです。

 

僕はというと、本来はどこかに旅に出る予定だったのですが、いろいろと事情があり、遠出はしないことになりました。

ニューヨークくらいには行くかもしれませんが、それより遠出はしない予定です。

 

遠出をしなくても案外楽しいことはできるもので、昨日は朝からボストンでラテアートのセミナーを受けてきました。

教えてくれるのは、なんとラテアートの世界大会で優勝されたバリスタの方!

 

Processed with VSCOcam with g3 preset描き上げてから5分経っても崩れない、先生のお手本….

 

大学の近くにあるコーヒーショップに勤めている友達といったのですが、世界チャンピオンからのレクチャーということもあり、2人とも大はしゃぎでした。

 

Processed with VSCOcam with c1 preset後ろで心配そうに見守られつつ、僕もチャレンジ。

 

本や動画で見ていたので、理論は理解していたのですが、生で見せてもらって教えてもらうと、気付くことも多く、とても勉強になりました。

 

 

Processed with VSCOcam with b1 presetグルグルミルクを回します。

コーヒーと言えば、僕の運営するコーヒーショップの方も、やっとマシンの導入の目処がつき、今学期中にはマシンが届くことになりそうです。

 

Screen Shot 2016-03-07 at 11.36.43 AM-2こんな感じのデザインに。多数決で決めました。

さてさて。

 

春休みなので、リラックスした記事にしようかと思います。

 

コーヒーショップで店番をしていて案外悩むのが、どんな音楽をかけるか。

 

別に当たり障りのないBGMをかけてもいいんだけど、せっかくならちゃんと考えてかけたい…

そうやって考え始めると結構悩むことになります。

 

オープンする時に、立ち上げメンバーのうちの一人と僕の音楽の好みが似ていたこともあり、「基本的にジャズ、R&B、オルタナティブ系を主にかけましょう。流行りのポップとかはやめましょう。」というルールが自然にできました。以来、上に挙げた系統の音楽を主にかけるようにしていますが、店番をしている人が、店の雰囲気が壊れない範囲でかける音楽を決めていいというルールなので、誰が店番をしているかによって、店でかかる音楽が変わります。

つまりカントリーばっかりな日があったり、ジャズしかかからない日があったりします。

 

 

僕はというと、最初は自分の好きなジャズをメインにかけていたのですが、時間が経つにつれて、その日の天気や、お客さんの雰囲気でかける曲を変えるようになりました。朝雪が降っていたら、雪っぽい曲をかけたり、テスト期間中で皆が疲れ切っていたら、癒しつつも元気をあげれる曲を流したり。

 

ほとんどのお客さんがかかってる音楽なんて気にもとめませんが、たまにかかった曲に反応してくれるお客さんや、「これなんて曲?」って聞いてくれるお客さんもいます。そんな時は心の中でガッツポーズをしています。

 

 

そんなこんなで曲選びをしている間に、自然と「雨の日の曲」や「金曜日の午後の曲」みたいなものが、自分の中できてきました。

 

というわけで、今日はその一部をご紹介したいと思います。

 

 


*****<晴れの日>*****

Joyce- Feminina

朝から頑張ろうと思える曲。晴れた日にはブラジリアンなテイストが合いますねえ。

 

Never Young Beach – どんな感じ

日本のインディーズバンドですね。夏前の晴れた日に流したいですね。ビーチに寝転びたくなっちゃいそうですが笑

 

Yogee New Waves- Good Bye

こちらも日本のバンド。快晴って感じの曲です。

 

はっぴいえんど – 風街ろまん

伝説的なアルバムではないでしょうか。春の風を感じられそうな一枚です。

 

Cannonball Adderley & Bill Evans – Know What I mean? 

昼食後で眠くなる午後2時位に聞きたいアルバム。

「目を覚ましたいけど、騒がしい曲は嫌だなあ」という時は、Who Cares と Toy をかけます。

Jim Hall & Ron Carter Duo – Alone Together 

ギターとベースのデュオですね。有名な曲がたくさんカバーされていて、ジャズギターのお手本のような演奏が聴けるアルバムです。大きい音で聴くようなアルバムじゃないので、ちょっとお客さんが少ない日にかけたりします。

 

Sylvan Esso – H.S.K.T 

Sylvan Essoという2人組のユニットの代表曲。シンセサイザーとボーカルが耳に残る印象的な曲です。

 

Chick Corea- Spain 

チックコリアの代表曲ですね。カリビアンなテイストが漂うこの曲は、やっぱり晴れた日に聴きたくなります。

 

Hiromi- Margarita! 

上原ひろみのトリオプロジェクト1枚目に収録されている曲です。躍動感あふれる曲で、もうひと頑張りするために元気をもらいたい時にかけます。余談ですが、彼女のコンサートを近々観に行きます。

 

 

*****<曇り>*****

Nohtenkigengo – Never

日本のインディーズバンド、Nohtenkigengoのアルバム。晴れの日にかけてもいいんですが、曇り感が勝っちゃうような気がするので、曇りの日にかけます。Feverとか「曇多めの晴れの日」感満載です。

 

阿部芙蓉美 – 沈黙の恋人

これまた曇り感のあるアルバムです。阿部さんの透き通った声が、「曇りは曇りでいいなあ」と思わせてくれる気がします。

 

*****<雨の日>*****

Shugo Tokumaru – Shirase

トクマルさんはだいぶ前の記事で、一度紹介しました。

「さした傘の内側で雨降り。足跡に丸い影を落とした。」という歌詞で始まる曲なこともあり、雨の日にうってつけな曲な気がします。もはや雨を見ると、ほぼ自動的に僕の頭でこの曲が鳴り響きます笑

Horace Silver – In Pursuit of the 27th Man 

ジャズピアニストのHorace Silverがブレッカーブラザーズと組んだアルバム。晴れた日にかけてもいいけど、雨だとなぜかしっくり来るアルバムです。関係ないですけど、タイトルかっこいいですよね笑

 

Kim Hiorthøy- Doktor Watson Trikset 

ノルウェー人のアーティスト、Kim Hiorthøyのアルバム、Melkeに収録されている曲。独特なエレクトロニックなサウンドと北欧のテイストが相まって、不思議な音に仕上がってますが、まとめると何だか雨っぽい気がするので、雨の日の朝にかけます笑 余談ですが、彼は絵も描けたり何でもできちゃうアーティストだそうです。

 

Nara Leão – Dez anos depois 

ボサノヴァの代表的な歌手、ナラレオンの代表作。ボサノヴァの有名な曲がたくさん収録されています。雨が降る日の閉店間際にかけたりします。

 

Peter Broderick- And It’s Alright

癒しが欲しい時にかけます。ヒーリング効果ありそうな曲です笑

*****<雪の日>*****

Lee Morgan- Volume 3

ジャズトランペッターのリー・モーガンのアルバム。リー・モーガンはマイルスのように迫ってくるタイプのトランペッターではないですが、トランペットをきわめた人だと思います。I remember Clifford なんか、スネアとシンバルが「もう雪降ってるでしょ」ってな感じで響きつつ、トランペットを聞いてるうちに少し体が温まるような気さえします。

 

Miles Davis – ’Round about Midnight 

なんというかトランペットはやっぱり夏というよりは冬の楽器な気がします笑

名盤中の名盤ですね。冬に聴くと余計に身に沁みます。

 

Oscar Peterson Trio – We Get Requests 

偉大なジャズピアニスト、Oscar Petersonのトリオによる名演奏が詰まったアルバム。特にクリスマスにピッタリなアルバムですね。

 

Thelonious Monk – Straight, No Chaser 

Oscar Petersonとは全く違うタイプですが、これまた偉大なピアニスト、Thelonious Monkの代表的なアルバム、Straight No Chaser。モンクの朴訥な、しかしどこか人間味あふれる演奏は、雪が積もりに積もった日に聴きたくなります。

 

*****<1日の始まり>*****

Shugo Tokumaru – Rum Hee 

またまたトクマルさん。まだ寝ぼけ眼で開店準備をしている時にかけます。間違っても寝る前に聞いちゃいけません。目が覚めちゃいます。

 

Kishi Bashi – Bright Whites 

日系アメリカ人のヴァイオリニスト、Kishi Bashiの曲です。田舎の農場の朝を思わせる曲で、聞くだけで目がぱっちり開きそうな曲です。繰り返しますが、寝る前に聞くのは厳禁ですよ。

 

*****<その他>*****

Oh Pep! – Living 

最近知ったメルボルン出身のバンドのアルバム。ボーカルが好みです。日中お店が賑わってくるとかけたりします。

 

Shigeto – Ringleader 

日系アメリカ人のドラマー、エレクトロニックミュージシャンのShigetoのNo Better Time than Nowに収録されている曲。このアルバムは、Shigetoがいろいろなジャンルの音楽の造詣が深いことがよく伝わってくるアルバムなのですが、その中でもRingleaderはドラムのフレーズが印象的な曲です。集中力を高めたい時とかにかけます。

 

Vijay Iyer Trio – Human Nature 

現代ジャズシーンを引っ張るピアニストの中でも、僕が大好きなピアニストの一人、Vijay Iyerのトリオによるアルバム、Accelerandoに収録されているマイケルジャクソンのHuman Natureのカバーです。ちょっと涼しくなってきた秋の午後とかに聞くのがオススメな気がします。

 

Esbjörn Svensson Trio – Seven Days of Falling

北欧ジャズを引っ張るトリオ、E.S.Tの代表的なアルバムです。In My Garageなんか秋の晴れた日にピッタリです。

 

*****<閉店間近>*****

John Coltrane – Soultrane 

偉大なテナーサックス奏者、John Coltraneのアルバムです。晴れた日の閉店間際に最後の一枚としてかけたりします。

 

Kendrick Scott Oracle – Cycling Through Reality

ジャズドラマーのKendrick Scottの超絶ソロで始まるこの曲。大好きな曲なのですが、夜っぽいので閉店間際にかけてます笑

Kurt Rosenwinkel – Zhivago 

ジャズギタリストのKurt Rosenwinkelの曲。夕日が似合うような気がするので、夕方にかけることにしてます。

 

Christian McBride Trio – Live at Village Vanguard  

大好きなジャズベーシスト、Chrstian McBrideのトリオのライブ演奏を録音したアルバムです。先日ボストンであったコンサートに行ってきて、更に好きになりました。日が長くて、まだまだ明るい夕暮れ時にかけたりします。

 

The RH Factor – Distractions 

ここからはぐっとソウル/R&Bに。トランペッターのRoy Hargroveのユニット、The RH Factorのアルバムです。夕方に聞くと元気をもらえるような気がする一枚です。

 

Robert Glasper Experiment – Black Radio 2

僕が好きなピアニストの中でトップ5には入るピアニスト、Robert Glasperが率いるユニット、Robert Glasper Experimentの2枚目のアルバムです。夜の雰囲気が漂いますが、どうしてもかけたいので、閉店間際にかけます笑

 

Roy Hargrove Quintet – Strasbourg/St. Denis 

The RH Factorを率いる、Roy Hargroveの別ユニットの代表曲。全パートのバランスが取れた名曲だと思います。これまた夜の雰囲気がするので、閉店間際にかけます。余談ですが、先日ボストンの日本食レストランに行った際、この曲が流れてきて、一瞬ビクっとしました笑

 

 


思ったよりも長くなってしまった…..

 

すいません長々と笑

 

これ以上長くならないうちに終わります。

皆さんも、「こういう日にはこういう曲聴きます」みたいなものがあったら教えてくださいね。

 

それではまた来週。

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


eSports:僕の趣味、他人の仕事

/ 0 Comments

こんにちは、巴基です。

 

先日夜中の12時半にAMP(個人レッスンプログラム)専用のスタジオへピアノの練習をしに行ったらまさかの3部屋すべて使われていました。。。仕方なくブラウン学生だれでも使える場所に行きましたがさすがにそんな遅い時間に練習する人が僕以外にいるとは(笑)

 

FullSizeRender (2)

やはり選べるなら絶対にこのピアノで練習しますよね。

 


 

 

先日、日本の”マツコ会議”というテレビ番組にプロゲーマーのシェアハウスが特集されました。その中でスマブラ for Wii Uのプロ、にえとのさんがマツコさんとストリートファイターVで対戦したらしいです。

 

CdYsTl1VIAAJFFg

 

という訳で今日は僕の趣味の一つのスマブラについて。

 

個人的に初めてスマブラをしたのは日本でいとこに会った時。当時は適当にWii コントローラーでボタン押しまくってたっけ。

 

ÂçÍðÆ®¥¹¥Þ¥Ã¥·¥å¥Ö¥é¥¶¡¼¥ºX

Wii U版の発売とともに大会が開かれなくなったスマブラX。このゲームではちなみにマルスをよく使っていました。

 

いとことスマブラをやって、アメリカに帰ってきたときに思った。

 

”強くなりたい。”

 

今までにない、強い思い。まるで母から引き継いだ負けず嫌いが起こされたようだった。

 

91KiWXsIIbL._SL1500_

うちでよく盛り上がるボードゲームのParcheesi。バックギャモンに少し似ている。

 

それから少しづつYouTubeで研究(スマブラ持ってないのに)をするうちに、一つの動画にたどり着いた。それはプロレベルの試合だった。

 

自分の使うキャラクターロゼッタ&チコ で一番上手な選手と世界最強の選手の試合。ちなみにロゼッタの事を”ピーチじゃん”と言われると結構腹が立ちます。。。

 

見たことのない動きに魅了され、大会が存在することを知りますます勝ちたいという願望が増えていった。(スマブラまだ持ってないのに)

 

そんな矢先に新しいスマブラ for 3DS/Wii U(以下スマブラ4)の発売。この時僕は高校4年生になったばかり。友達と昼飯を食べながら3DSでスマブラをするのが日課になっていった(持っていないので友達のを借りて)。

 

そして去年の2月、初めてスマブラの大会に参加することに(スマブラ持っていな(以下省略 )。親に片道1時間もかかるところに車で送って行ってもらったことに感謝。

 

IMG_2135

ちなみにこれ人の家です(笑)

 

結果は何とか1勝をもぎ取って終わり。今その時の自分のプレイを見ると下手くそで笑うしかないけど、それだけ上達したという事なのかな。この大会の後ますます大会に参加して上達したくなったが、何しろ大会がすべて遠いので行けない。

 

6月に高校を無事卒業。9月からブラウン大学に住むことになり、

”ロードアイランドなんて小さな州にスマブラの大会開催しているところなんてないよなー”と思っていたら以外にもスマブラ4の大会が毎週開催されていることを知り感激。大学で忙しいのでしょっちゅうはいけないが、何回かは行っている。

 

去年12月の大会にて自分が対戦している動画 のプレイリスト

 

ここまで読んでくれた方は思うかもしれない。”何でこの人自分が持ってもいないビデオゲームでこんな熱心にやってるの?すごいゲーマー。。。”

ごもっとも(笑)

 

しかし、これはまだまだ序の口でにえとの選手のようなプロのゲーマーや人生をゲームに費やしている。

馬鹿じゃない?と思う人もいるかもしれないが、ビデオゲームを全体的に悪と見なす日本にはまだ最近広がり始めたばかりのコンセプトがある。

 

eSports

 

つまり、ビデオゲームをスポーツの一種としてビジネスにする動き。現在アメリカではTwitchというサイト(日本でいうニコニコのビデオゲーム専用版)で主に大会が放送されているが、最近ではアメリカのメインスポーツチャンネルESPNもゲームによっては放送しようという動きが高まっている他、Nintendoなどの主流の会社も大会のスポンサーになり始めている。

 

更に、前から特にLeague of Legendsというゲームプロのゲーマーはいましたがスマブラの選手にスポンサーが最近ついてきたことによってスマブラコミュニティでは”eSports”という言葉が流行っている。それは昔の賞金数千円の大会に比べて数十万円にまで膨れ上がった賞金、人の家での大会から大会にン万人以上観戦するほどの規模などという成長を成し遂げたスマブラというゲームの栄光。そして段々と一般社会に進出していくことへの責任感。

 

皆さんがテレビでビデオゲームの大会を見るのもそう先の未来ではないかもしれません。

 

勉強やほかの趣味、やらなければいけない事との両立をした上での上達になりますが。

 

その画面に僕が映る日が来ますように。

 

追記:ちなみに日本でもスマブラやほかのゲームの大会が結構あります。

ゲーム情報サイトも:http://esports-runner.com/

スマブラ4の情報サイト:http://esports-runner.com/ssb4/

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


スキーから学ぶ事

/ 0 Comments

こんにちは、巴基です。

 

ここ1週間はカリフォルニアのスキー場で家族とスキーを楽しみました。その時になんと軍人のスキー練習に遭遇!

 

IMG_7614

何かかわいい(笑)

 

雪のコンディションもよく、天気もよく、ゲレンデもすいていたので快適に滑れました。^_^

 

僕は小さいころからほとんど毎年スキーをしています。ここ数年ようやく板をそろえて普通に滑れるようになりましたが、そこまでたどり着くのにかなりの歳月がかかりました。その理由はただ一つ:

 

怖い

 

ただそれだけの理由でへっぴり腰になり、全く板に体重が乗ってない状態に陥り、スムーズに滑れない。”怖い”、ただそれだけの理由で。親には何回も同じように指摘されるし、思い切っても転ぶし、もうおかげで何回も涙を流しました。

 

DSC_0288

休憩中(笑)

 

 

ところがある一年、突然怖くなくなり普通に滑る自分がいました。逆に親よりも速く滑り過ぎて待たなくてはいけないほどに。その時の感覚以上に不思議な感覚は今のところ経験していません。”何で前はこうやって滑らなかったんだろう”と何度考えても不思議でした。

 

今思い返して気づいたのは、怖い=自分の能力自信がないという事。

 

ピアノで失敗したらどうしようという恐怖。テニスで負けたらどうしようという恐怖。そして転んで痛い目にあいたくないという弱気な姿勢。これらは全て自分に対しての自信がないという点に繋がる。そんな事に気づいた。

 

今僕は自分に自信を持っているとは言い切れませんが、自分に自信が持てるだけの能力を取得しようと思いました。

 

DSC_0314

 

お母さんと山頂にて。撮影者:お父さん

 

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


僕の趣味たち

/ 0 Comments

こんにちは!

 

今もなお火曜日に始まった風邪を引きずっている上に今週が宿題的にも土曜日にピアノコンサートがある点においてもやばいことになっている巴基です。。。柚子、今週曜日代わってくれて本当にありがとう^_^

 

先週読者の方々のコメントを読んだところ、やはり自分の個性がそこまで出ていない(そして写真が全然足りない。。。)と思ったので今回は写真付きで僕の趣味について勝手に語っちゃおうと思います!

 

1.ピアノ

FullSizeRender (4)

ブラウン大学のAMP学生用のピアノの一つ

 

ピアノを弾くことは今までもこれからも僕の一番の趣味です。小学校2年生ぐらいの時に弾き始めてから一度も辞めようと思ったことはありません。前回の記事で書いたように他人との付き合いが苦手だった僕にとっては、言葉を使わずに自分を表現できる音楽はすごく楽しく感じました。始めた当初から個人レッスンを受け始め、今でもブラウン大学のAMP(Applied Music Program)を利用して個人レッスンを受けています。今は、音楽が引きだしてくれる自分の感情、そして逆に自分の感情を音楽に上手く入れられるように毎日ピアノを練習しています(大学に入ってからはたまに宿題が多すぎて休むけど。。。^_^;)。

補足:AMPはまず学年が始まる前にオーディションで2曲異なる時代の曲を演奏し、受かれば720ドルを払って12回分の個人レッスンを受けることができるというプログラムです。720ドルは1学期分ですが、大学のクラスの半分のクレジットをもらえる上にレベルの高い指導を受けられるのでお金の価値は十分あると思います。ちなみにAMPに入った場合、2年生を終えるまでにセオリークラスを一つ取らなければならないのですが、学年が始まる前にテストを受ければより高いレベルのセオリークラスを代わりに取れたり、セオリーではない音楽のクラスを代わりに取れたりします。

 

2.クラリネット

11096609_942893295756132_215800531697839432_o 11156238_10205370221868106_5677240504310348899_n (1)

カーネギーホールでの演奏の写真、僕は下の写真の真ん中辺にいます

 

多分これからはピアノに専念したいのであまりやりませんが、小学校4年生の時からクラリネットもやっています。高校3年と4年の間の夏では2週間のヨーロッパ演奏旅行に行かせてもらい、4年生の時は学校の吹奏楽バンドがニューヨークのカーネギーホールに招待されたので春休みにカーネギーホールで演奏しました。パパ、ママ本当にありがとう!!

 

3.テニス

IMG_3495

ブラウン大学のインドアテニスコート

 

最近あまり出来ていませんが、テニスも小学校2年生の時に始めました。個人レッスンを受けてないので今でもフォームが滅茶苦茶、ボレーも全然だめですが一応高校2年と3年は高校のJVチームでプレイしていました(JVはいわゆる”2次リーグ・Bチーム”です)。

 

4.旅行

IMG_2404

ニューヨークの夜景

 

IMG_2042

カリフォルニアのとあるスキー場にて

 

IMG_1569

スイスのマッターホルン

 

IMG_1556

で、スイスに来たらやっぱりこれでしょ(笑)

 

IMG_2830

長崎の平和祈念像

 

旅行!!家族の影響もありますが、日本に住んでいないので日本の事を知るために日本を旅行したいという願望は昔からありました。もう本当にいろいろな所に連れて行ってもらっていて親に感謝してもしきれません。。。

 

5.大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

IMG_3371

 

僕のツイッターのプロフィール写真。スーパーマリオギャラクシーより右がロゼッタ、左下がチコ。スマブラでは二人合わせてロゼッタ&チコというキャラクター。僕のスマブラのメインキャラクター^_^ ロゼッタについて詳しくはこちらを参照してください。

 

先日近くのスマブラ大会で5位を獲得し、すごく嬉しかったです^_^ スマブラはちょうど大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS/Wii Uが発売された去年の秋ごろにはまり始め、スマブラを持ってもいないのにプロの対戦動画やテクニックをオンラインで探しまくって上達してきましたが、ようやく少し実を結んで本当にうれしかったです!

補足:ちなみに大会はダブルエリミネーション制です。このシステムについて知らない方はこちらをクリックしてください。WBC(ワールド・ベイスボール・クラシック)もこのシステムを使っています。ちなみに僕は野球観戦も好きなので、第一回と第二回のWBCで日本が優勝した瞬間は今でもよく覚えています^_^

 

6.グルメ

IMG_3006

僕の最初の投稿にも出てきたお父さんが作ったウニスパ(殴

 

こちらは完全にグルメで料理が上手なお父さんの影響です(笑)。でもやっぱり日本のどこを旅行しても”やっぱり日本は旨いものがたくさんあっていいなー野菜もみずみずしくておいしいしー”とか思ったりするので皆さん、野菜はちゃんと食べましょう!アメリカのより全然美味しいんですから。

 

7.合気道

12304543_10153775643819913_7624488744753048115_o

合気道はブラウンに来てから始めたものですが、本当に楽しいです^_^ バランスが付きますし、足腰を鍛えられますし、何より上半身を全く使わなくていい武道!!上半身筋肉0の僕にぴったりだと思いました。高校から気になっていたんですが、ブラウンに来て合気道クラブがある上にそれが正式な合気道道場。。。もうこれこそDream Come Trueですね。

 

8.剣道

2015 October 21 Kendo Club (first time wearing gi)

ブラウンに来る前に親から運動不足にならないようにとさんざん注意されたので剣道も始めました。昔から剣が好きだったので剣の使い方を習うのは結構楽しいです。これですべての練習に行った場合は週に5日、1時間半から2時間当たり武道をやります。宿題やほかの課外活動をやっている身には正直かなりきついです。皆さんがブラウンに来た場合は課外活動は僕みたいに4-5個みたいな馬鹿げたことはせずに2-3個程度にしておきましょう(笑)

 

という訳で僕の趣味について書いてみましたが、皆さんは僕と同じ趣味がありましたか?それと、こんな自分の事しか書いていない記事で大丈夫だったでしょうか?自分の趣味の事や次に書いてほしい記事など、コメントお待ちしています!

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


中途半端なミステリー通

/ 2 Comments

こんにちは!メイです。

 

突然ですが、皆さんミステリーはお好きですか?

 

シャーロック・ホームズとか、コナンとか。わたしの勝手な考えかもしれませんが、今までミステリーが嫌いだという人には会ったことがないので、ある程度受け入れられているジャンルだと認識しています。もちろん一言でミステリーと言っても、かわいらしい「夢水清志郎」シリーズから死体とかリアルに出てくるから子どもには見せられない「CSI (科学捜査班)」シリーズまであるので好みは人それぞれです。

 

 IMG_0587

さてさて。なぜミステリーについて今回語っているかと言うと、先週ブラ熊のミーティングで「未だメンバー(特に新米熊)を一人一人覚えてもらえていないのでは?」という意見が何気なく出て、確かになぁと頷いた自分がいたからです。そろそろネタ切れ状態に陥りつつあるので、「メイと言えばこれ!」みたいなのを紹介しようと思います。

 

とは言ったものの困ったことにわたしには趣味と言う趣味がありません。プロフィールには「温泉巡り。テレビ鑑賞。絵本作り(開発中)。」と書かせてもらっていますが、未だどれも語り切れないところがあります。

 

じゃあ自分がある程度語れることとは何か?と考えてみたところ、ミステリーに行きつきました。趣味と呼べる程詳しくはないものの、わたしは小さい頃からミステリーものが大好きです。元々母がミステリー好きで、物心ついた頃には一緒に火曜サスペンスを毎週欠かさず見ていました。(教育面的にどうなの、とも思いますが笑)キャストを見ただけで犯人を当ててくる母には敵いませんが、わたしも今となっては番組開始15分ほどで犯人が分かるようになるくらいです。

 

ドラマも映画も良いですが、中でも推理小説がダントツで好きです。俳優さんが演じるミステリーは、演技や声色などが気になってなかなか推理自体に集中できない時があるので、本気で「すごい!」と感嘆させられるものはやはり活字で読むものですね。

 

ということで、誠に勝手ながら本嫌いな方でも絶対楽しんでいただける推理小説を紹介します!

 


 

 

1. シャーロック・ホームズ(黄色い顔)(アーサー・コナン・ドイル (著))

 

9784488101022

Photo

やっぱり定番は譲れません! ホームズシリーズの中でも、この作品ではなんとあの世界屈指の名探偵の推理が外れてしまいます。ホームズも間違えることがあるのか、とファンとしては衝撃の一作です。ちなみにロンドンには物語の中でホームズが住んでいたとされる家が実際にあります。わたしも小学校低学年の時に祖母に連れて行ってもらい、本の世界に潜り込んでいるみたいで子供心ながら感心したのを覚えています。自分のミステリー小説好きの原点とも言える作品なので超絶おススメです。

2. 向日葵の咲かない夏 (道尾秀介 (著))

 

201311072113007f4

Photo

この何とも秘密のありそうなタイトルに惹かれて買ってみたら大当たりした作品。今年の「新潮文庫の100冊」キャンペーンでも紹介されていたので、夏休みの間に本屋さんで見かけた方もいらっしゃると思います。あまり話しすぎるとネタバレになってしまうのですが、ストーリーのどんでん返しが何回も何回もあって、最後の最後まで気の抜けない作品です。登場人物が小学生だったり、設定がごく普通の町だったりするので一見穏やかな作品に見えますが、夜寝る前に読むと少し鳥肌が立つ程度の奇妙なストーリーです!

3. クラウド・コレクター -雲をつかむような話 (クラフト・エヴィング商會 (著))

 

9784480039279

Photo

すみません、ここに来て推理小説ではないものを紹介します。このブログを書いている内にふと思い出した作品で、「謎を解く」という意味では同じジャンルなのですが、犯人探しなどは無くどちらかというとファンタジーに近いですね。これまたネタバレをせずに作品の紹介をするのが難しいのですが、簡単にまとめると主人公がある「場所」を旅しながら不思議な出会いを重ねていくお話です。その「場所」がどのように作られているのか、そこに住む人々はどうなっているのかという謎に主人公と一緒に挑んでいきます。わたしが初めてこの作品を読んだのは中3で、実は課題図書として出されました。個人的に本は好きな方ですが、当時は「課題図書」という不要なラベルを貼られると自動的に「やだなー」って思うお年頃でした。それにも関わらずこの作品は、本の内容を課題としてではなく個人の興味として分析することを教えてくれた一冊です。

 


 

 

今思えば、推理小説の説明がつくところが好きなのでしょうか。前にもちらっとお話ししましたが、わたしはお化けや不可思議な現象が少し苦手範囲なので最後には謎がすべて解けている推理小説には安心感を求めているところがあります。笑

 

IMG_0640

 

そういう意味では、少し心がモヤモヤした時に推理小説を読むことが多いです。特に人生のヒントや悩み事に対してのアドバイスが書いてあるわけでもないのですが、我を忘れて読書に没頭すること自体が良い気分転換となります。小説の中で謎が解けたのなら自分の悩みにももう一回体当たりしてみよう、という一種の励みにもなるというところでしょうか。

 

 

読書の秋ということで、息抜きに本読もうかな~という時はこのリストを参考にしていただけると嬉しいです。そして、もしこの記事を読みながら「わたしもミステリー好き!」とか「いやいやミステリーのこと何にも分かってないね、君。」と思っている方がいらっしゃったら、ぜひミス友(今勝手に作った言葉ですが流行語大賞狙います:ミステリー好き友達)になりましょう!!!

 

 

さすがに留学に関係するお話をこれでもかと言うほどしていないので(笑)次回はその類のお話をすることをお約束します。

 

それではまた来週!

 

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

My Forever Hero

/ 0 Comments
こんにちは。小高です。
先ほどふと「ブラ熊も結成して結構経ったな〜」なんて考えていたら、まさか今日の投稿が141件目のブログ記事でした。すごい。恐ろしい。知らぬ間にもう直ぐ150です。笑
さてさて。今回は何について書きましょうか。
最近書いた記事が仕事だのインターンだのと真面目な内容なので、今回は写真多めで明るい感じにしましょう!ということで、私の一番好きなアーティストについて書いてみます。誰得なのかはわかりませんが、美術・建築に興味がある方には需要があるかも…?
・・・・・
Portrait Le Corbusier丸メガネと蝶ネクタイがトレードマーク
彼の名は、ル・コルビュジエ(Le Corbusier) 。本名シャルル・エドゥワール・ジャンヌレ。
スイス生まれでフランスで活躍した建築家です。
ミース・ファン・デル・ローエ、フランク・ロイド・ライトと共に「近代建築の三代巨匠」として言われている彼。
お父さんは時計職人で、小さい頃から手先を使った作業が好きだったらしく、装飾美術学校で勉強した後に、建築を志し始めます。彼の作品は世界中にあり、ヨーロッパ、インド、ブラジル、そしてもちろん日本にもあります。
私が初めてコルビュジエについて知ったのは小学校1年生の時です。
実家に彼の椅子『Lounge Chair, LC4』があり、小学生の私に母が「この椅子はルコルビュジエっていうとっても素敵な建築家の人が作った作品なのよ」と教えてくれたのがきっかけ。
ちょうど同じ頃に、母の友人で建築家をしていた方に出会い、その人が作っていた模型や描いていた平面図を見て感動し、「私も建築家になりたい!」と言い出し…。小さいながらですが、その頃に建築に対する興味が生まれました。
PD_8100_MAINカッシーナ社から発売された『Lounge Chair, LC4』 (http://www.dwr.com/product/lc4-chaise-lounge-cowhide.do)
もっとこの人について知りたい!と思った私は、小学校の卒業研究でコルビュジエについてリサーチをしたり。
中学生になってから、彼の展覧会に行ったり。唯一アメリカにあるハーバード視聴覚センターに足を運んだりしました。
そして今、コルビュジエについて初めて教わってから16年経って、大学で建築史について学び、今現在「Modern Architecture (近代建築) 」という授業を取っています。こう思うと、なんだか不思議ですね。笑
・・・・・
ということで、わたしが好きな彼の作品を紹介。
・サヴォア邸
20世紀の住宅の最高作品の一つ。コルビュジエが開発した「近代建築の五原則」のすべて = ⑴ピロティ、⑵屋上庭園、⑶自由な平面、⑷独立骨組みによる水平連続窓、⑸自由な立面が、実現されています。もとは別荘としての一般住宅でした。
反則的な格好良さ!
5886291377_0ea6a39216https://www.flickr.com/photos/88017382@N00/5886291377
le-corbusier-villa-savoye-entreehttp://www.specialmode.fr/deco/villa-savoye/
villa-savoye-2_pascal-lemac3aetre-high-res http://www.hotelswelove.com/villa-savoy-le-corbusiers-weekender/

Villa Savoye Courtyardhttp://www.architectural-review.com/essays/the-big-rethink-part-2-farewell-to-modernism-and-modernity-too/8625733.article

0094https://www.bluffton.edu/~sullivanm/france/poissy/savoye/corbu9.html
0069https://www.bluffton.edu/~sullivanm/france/poissy/savoye/corbu9.html
9a3fbfc6あの日本を代表する写真家、杉本博司の「建築」シリーズでも登場しています。 (http://blog.livedoor.jp/ee_ie/archives/50931247.html)

 

・ロンシャン礼拝堂
1955年に竣工。変わった形の屋根は蟹の甲羅をイメージして作ったのだとか。
なんだか空に浮かぶ船みたいな形。南側入口の扉は、コルビュジエの下絵をもとに七宝焼きで仕上げられたもの。
中は不揃いのステンドグラスの窓。そこから照らし出される光が、内部を幻想的に彩ります。
le-corbusier-chapelle-de-Ronchamp--2-以下全て: http://www.lankaart.org/article-le-corbusier-chapelle-notre-dame-du-haut-de-ronchamp-115717674.html

 

11011
le-corbusier-chapelle-de-Ronchamp--8-
le-corbusier-chapelle-de-Ronchamp--10-
・カップマルタンの休憩小屋
1951年にル・コルビュジエが妻・イヴォンヌのために南フランスに建てた3・66メートル四方の小さな小屋です。「建築とは何か?」を問い続けた彼が、最後に到達したのがこの最小限の小さな家。コンパクトな室内で快適に過ごせるように、室内の家具の配置などにも配慮されています。来客時にベッドを隠せる間仕切りなどもあるらしい。建築家を志す前に画家を夢見ていたコルビュジエは、ここで毎日午前中は絵を描き、午後から建築の仕事をしていたそうです。そして1965年の夏、この小屋から海へと向かったコルビュジエは、そのままこの小屋に戻ることなく亡くなってしまいます。
tumblr_inline_n7juf3CBaD1qfrcrzhttp://evo-a-lab.tumblr.com/post/89513672424/le-corbusier-s-workspaces-35-rue-de-sevres-24

 

urlhttp://poetryconcrete.tumblr.com/post/20968084267/petit-cabanon-by-le-corbusier-1951
cabanon_04 http://poetryconcrete.tumblr.com/post/20968084267/petit-cabanon-by-le-corbusier-1951

OB-OA823_mag611_G_20110524211814

コルビュジエ自身が、家中の壁に絵を描いていました。 (http://www.wsj.com/articles/SB10001424052702304066504576342021839983868)

 

・ちなみに唯一日本にあるコルビュジエ建築は、上野公園の中にある西洋美術館
国立西洋美術館は、印象派など19世紀から20世紀前半の絵画・彫刻を中心とする松方コレクションを基として、1959年に設立されました。本館の設計はコルビュジエの弟子である前川國男・坂倉準三・吉阪隆正が実施設計・監理に協力して完成しました。現在世界遺産候補にも上がっています!ちなみに近代建築好きな方は、ぜひ上野公園に訪れるべき!西洋美術館だけではなく、ニューヨークにあるMOMAを設計した谷口吉生の東京国立博物館・法隆寺宝物館や、前川國男設計の東京文化会館などもあります。
86dcc7648902d6b203852df64c6feb50http://www.architravel.com/architravel/building/the-national-museum-of-western-art/
nmwa_tokyo_2-573x430https://www.pinterest.com/christina8809/national-museum-of-western-art/

B73YahzIAAAkke2https://www.pinterest.com/christina8809/national-museum-of-western-art/
コルビュジエはこのほかにも都市開発計画や、家具のデザインをしたり、絵を描いたりしていました。

 

・・・・・

 

 

なぜコルビュジエが好きなのか?
そう言われるとうまく言葉で説明できないのですが… 私はとにかく彼の美的センスが凄い。と思うから。ですかね。
近代建築といえば、バウハウス。
モンドリアンやミースのような、カクカクした四角いデザインでお馴染みのバウハウスですが…
コルビュジエは彼にしかできない色や形の組み合わせ方で、最小限の装飾を使って、ミニマルで清潔感がある、洗練されたデザインをしています。
機械的でありながら、人間くささや暖かにも感じる。
スクリーンショット 2015-10-15 23.12.50左: ピエト・モンドリアンの絵 // 右: ミース・ファン・デル・ローエの作品
http://lifeclearing.blogspot.com/2014/10/blog-post_2.html // http://rogeliocasado.blogspot.com/2014_07_01_archive.html
色のチョイスは本当に素敵。自然的で、絶妙。そうなんですよ、絶妙な色。
この前RISDに行っている友達と、「きっと彼じゃない人間が同じカラーパレットを使って色を描いたらただの泥の塊みたいになるよね〜」みたいな話をしました。コルビュジエにしか使いこなせない、独特の組み合わせ。
そして、皆さんも見て気づいたかもしれませんが、現団に建てられたと言われても何も不自然ではないくらいモダンなデザイン。
当時の最先端のものが、100年弱後でも受け入れられるくらい。ほんと、すごいと思います。
コルビュジエの建築に対する哲学や魂のようなものは、現代建築にも受け継がれている、と私は信じています。
建築物だけでなく、彼のデザインした家具も、彼の風貌も、ファッションも。
とにかく全てにセンスを感じる。
きっと彼は、とてもこだわりが強い人間だったんだなーと、つくづく思うし、そうやって自分を突き通している彼は、たった一人、私が本当に心から尊敬する人間です。

 

生前の彼の言葉にこんなものがあります。
もっとも大きな喜びはモノをつくる喜びだ。
この喜びを追い続けたコルビュジエの人生。
決して順風満帆とはいえなくても、自分の信念をつらぬき通した芸術家 ル・コルビュジエ。その作品を“光”で満たそうとし続けた彼の人生は、常に率直な愛に溢れていたのではないでしょうか?
・・・・・
【追伸】
夏休み中に、ネットである記事を見つけました。
「トーマス・マイヤーが緊急来日!日本のモダニズム建築を救え!」と題されたCasa Brutusの記事。
トーマス・マイヤーは、ファッションブランドのボッテガ・ヴェネタのクリエイティブディレクターで、幼少期にお父さんと東京に来た時から日本の近代建築のファンだそう。都内の近代建築の代表であるホテル・オークラ本館の建て替えが行われると聞いて、"日本の近代建築の良さを、日本人も世界中の人々も知るべきだ!"と来日した時の様子が書かれています。
2020年の東京オリンピックに向けて、都市開発がさらに進み、古びたものがどんどん壊されていく。
何千年の歴史があるお寺や神社、博物館などの「歴史的建築物」は大切に保護される中、100年の歴史しか(?)ない近代建築の重要性はあまり語られていないようです。
なんだか悲しいですね…。
Casa BRUTUS 記事: http://casabrutus.com/special/japanese-modern-architecture/
スクリーンショット 2015-10-16 0.17.58
https://www.youtube.com/watch?time_continue=7&v=VvmFEhma-3w 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


はまり過ぎ注意!!

/ 1 Comments

こんにちは。トモヤさんからバトンタッチを受ける巴基です!

 

もうブラウン大学に来てから2週間もたったのかと思うと信じられません。今のところホームシックにはなっていませんが、温暖なカリフォルニア州から来ているので寒さが来たら絶対に西海岸が恋しくなると覚悟しています(笑)

 

さて、先週の投稿を見てくださった方は覚えているかもしれませんが僕の趣味の一つは大乱闘スマッシュブラザーズfor Wii Uです。今のところ持ってもいないビデオゲームです。先日僕は愚かにも宿題がいっぱいあるのにバスで30分のところにあるこのゲームのトーナメントに行きました。

 

ちなみにトーナメントはもう二回目です。ゲーマーと言われても仕方がないかもしれません(笑)。

 

FullSizeRender

 

ボケボケな会場の写真です。大勢の人が狭い中華料理屋の地下でゲームをやるというすごい光景ですが、身動きもなかなか取れないぐらいに人が詰まっていたのでこんな写真しかありません(汗)

 

で、大会の結果ですが単刀直入に言います。ぼろ負けしました。。。

 

その晩、僕はかなり落ち込みました。このビデオゲームを持っていないにも関わらず何時間も動画を見て、自分なりに上達したつもりでした。さすがに前回のトーナメントのように1人は倒せると思っていました。このスマブラというゲームをやめるべきかどうか真剣に悩みました。

 

そんな時、オンラインの友達がこんなことを言ってくれました:

”スマブラは学校とかほかのことが終わってからのちょっとした楽しみでいいんじゃない?”

 

その言葉で気が付きました。はまっていてやらないと落ち着かないと思っていることでも、やり過ぎると楽しみが減ってしまうことを。

 

せっかくの楽しいことを台無しにしてしまうのはもったいない。中途半端に挑戦するよりも、まず楽しむことが大事だ。そのために時間があっても好きなものを我慢しなければならないのなら、我慢する価値はあるはずだ。

 

そう思わせてくれた一言でした。

 

こんな経験でさらに思い出したのが高校4年(日本でいう高校3年)の経済のクラスです。”物の価値は物の数が増えれば増えるほど足していくその物の価値が減少する”。

つまり、リンゴを1個もらい、後でもう1個もらったら2個目のリンゴは1個目ほどの価値は無いということです。

僕のこの趣味も同じだと思いました。

 

つまり、

過ぎたるは猶及ばざるが如し

です。

中途半端に没頭するよりはほかの人のサポートを得て全力で夢を追え!或いはほかに夢があるのなら、夢はすべて追わなければならない義務はない!人生を楽しめ!

 

そう思わせてくれた出来事でした。

 

 

サブコーナー:巴基による勝手なプロヴィデンスグルメリポート!!!!!!

このコーナーは私、巴基がブラウンやブラウン周辺の食べ物を勝手に評価するというものです。評価を真に受けるかどうかは個人に任せます。あと、このコーナーを続けるべきかどうかもコメントを頂けると嬉しいです^_^

 

リポートONE

今週のグルメリポートはHarry’s Bar and Burger というブラウンの中心から徒歩約10分のところにあるバー兼バーガー屋さんを”取材”してきました!

今日は小高さんお勧めのバーガー、M.O.A.B.を評価します。名前を日本語に訳すと”すべてのバーガーの母”です。

 

FullSizeRender (1)

 

全体的な評価:9.5/10

旨み:10/10

バランス:9/10

値段:9.5/10

 

この店のバーガーの中では高いほうですが、旨さは格別です。牛肉の味がしっかりしていて、フライドオニオンやソースやピクルスの見事な融合は僕が食べたバーガーの中で1位2位を争うほどの実力です。強いて欠点を上げるとしたらフライドオニオンの量がほかのものに比べて少し多いのと、あっさり好きな人には少ししつこい味かもしれないということです。ただし、バーガー自体は脂分が少ないので全然おなかにたまりすぎることはありませんでした。そして、このバーガーの一番すごいところはその安さ!こんだけの美味しさのバーガーを手に入れるには大抵10ドル近くしますが、なんとチップ(サービス料)込みで8.5ドル(1000円)!高いと感じる人もいるかもしれませんが大学のカフェテリアが一食7.3ドルしていると思うと1.2ドル損をしたとは思いません。ただし一応1年生の義務でMeal Plan(食費先払い制)に入っていて徒歩10分という少し遠めの距離の場所にあるので、たまに食べるにはもってこいという感じのお店です。お勧めします。

 

ではまた来週!

 

IMG_3207

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator


旅の真理

/ 2 Comments

久しぶりの投稿ですみません… ケンタです。

 

ここ最近はアルバイトやトレーニングがかなり忙しく、投稿が遅れていました。

 

とりあえず近況報告!

 

まずは先日のブログで井崎さんとお会いしたと書いたのですが、証拠がなかったので、証拠の写真がこちら!

 

11889469_964361796918510_7460533975762367034_n (Photo)

 

中央に立っている笑顔がはち切れている方が井崎さんで、向かってその左隣りにいらっしゃるのが、数多くのチャンピオンを輩出している伝説のバリスタトレーナーの阪本さんです。阪本さんには今の日本のトップバリスタの多くがお世話になっています。ちなみにその左が僕。

 

11899760_964361810251842_7231472978586854260_n(Photo)

 ちょうど僕のペアが調整していたエスプレッソをお二方に飲んで頂きました。恐れ多い…..

 


 

そして先週の先々週の週末を挟んで、仕事先から夏休みを頂きました。その夏休みを利用して、父の実家の関西に足を運びました。

IMG_4053

IMG_4048

IMG_4050

六甲山の頂上にあった不思議な空間たち。

 

IMG_4059

まあここでも懲りずにコーヒー屋さんをチェック笑

 

そして今回の記事の本題!

夏休みの後半部分を使って、自転車ひとり旅をしてきました。自分の中では最長の総距離240km。東京から軽井沢までのロングライドです!

 

まあ結構楽しかったのですが、とにかくアクシデントが多かったです笑

そこで今回はそんな多くのアクシデントとともに旅行を振り返ってみようと思います。

 


 自宅出発〜葛西臨海公園

朝の10時頃に自宅を出発。もっと早く家を出ようと思っていたのに、すでに遅れ気味。もともとこの旅は太平洋から日本海までを自転車で走る予定だったので、とりあえず太平洋からスタートするために葛西臨海公園へ。意気揚々とスタートするも、開始10分後に雷雨に…. 波乱の幕開けとなりました。

とりあえず清澄のAllpress Espressoでコーヒーをチャージして、バリスタの方と少しお話。10時50分頃ようやくスタート地点の葛西臨海公園に到着。

 

荒川サイクリングロード(葛西臨海公園〜熊谷)

IMG_4077

まずは荒川サイクリングロードを上流に向かって上っていきます。スタート時にはまだ雨が降っていましたが、途中から少しずつ晴れたり、雨に降られたりの繰り返しに… 屋外でスポーツをやる方はわかると思いますが、夏の降ったり止んだりの天気は最悪です… 湿度が高くなり、体も常に少し濡れているので精神的にすごく辛い….

 

IMG_4086

IMG_4082

途中西浦和付近で昼ご飯休憩をとり、一路熊谷へ。ここでもアクシデントが…. 地図とログ代わりに使っていたiPhoneの充電の減りが異様に早く、熊谷に着く前に充電切れに… 持ってきていた充電器もうまく動かず、iPhoneなしで走るはめに… 不安になりながらも、サイクリングロードを辿っていき、なんとか熊谷に到着。

 

熊谷

この時点で時間は16時半頃。日本海まで行くのは時間的に無理だろうということになり、目的地を中間地点の軽井沢に変更。どうせならと思い、軽井沢の近くにある丸山珈琲の小諸店をゴール地点に設定。

とりあえず携帯の充電をしなくては、と思い、熊谷駅近くのソフトバンクショップで充電しながら夜ごはんを食べる。しかし疲労もあってか、お腹が空いているのに夜ごはんがなかなか喉を通らない。何かを食べるというのは、それだけでエネルギーを消費するので、本当に疲れているときは、食べるのも億劫になるんですね。なんとか夜ごはんを食べ終わり、雨のおかげで着替えが足りなくなりそうだったので、服を調達。

 

熊谷〜高崎

結局うだうだして熊谷を18時半頃に出発。iPhoneは50%弱ぐらいしか充電できず、節約しながら高崎まで向かうことに、もう夜ということもあり、この辺は写真が少ないです笑

本当は利根川のサイクリングロードを辿って高崎までいく予定だったが、真っ暗なので、素直に国道をたどる事に。ひたすら高崎へひた走る中で、この旅で最大のアクシデントが発生!

なんと真っ暗な田舎道でiPhoneを落としてしまったのです… そしてそれに気づかず200mくらい自転車で走ってしまいました…

結果どこでiPhoneを落としたかわからないまま、真っ暗闇でiPhoneを探すことに….

さすがにテンションも下がりきっていき、自転車の小さなライトであたりを歩き回って探すこと20分。奇跡的に道の脇の草むらに落ちているiPhoneを発見!このときはひとりで道に立ち尽くして感動しました笑

 

IMG_4095

予定外のタイムロスが痛かったですが、なんとか高崎まで走りきり、とりあえずスーパー銭湯で仮眠をすることに。事前に調べていたスーパー銭湯で朝まで休憩を… と思った矢先、スーパー銭湯が午前1時までしかやっていないことを知る… 仕方なく2時間ほど仮眠をして、違うスーパー銭湯に向かうことにする。

 

IMG_4102

結局ほとんど眠れないまま、朝10時まで営業している違うスーパー銭湯へ。午前2時頃につき、3時間ほど仮眠。ここでもあまりよく眠れませんでしたが、気持ちを切り替えて軽井沢へ。

 

高崎〜軽井沢

IMG_4106

コンビニで朝ごはんを食べる。関越の入り口が近いこともあってか、トラックドライバーの方で朝から賑わっていました。

元気を出すために、持参していたコーヒーをコンビニからお湯をもらって淹れる。久しぶりに飲むコーヒーは普段より美味しかったです。エネルギーもしっかりチャージして、7時半頃に高崎を出発。

 

IMG_4109

とりあえず国道をたどりながら、ひたすら小諸を目指しているとついに小諸の表記が!

まだ64kmもあるけど、めげずに漕いでいく。睡眠不足もあり、この辺から体力的にかなりきつくなる。コンビニ休憩の回数が増え、休憩の旅にエナジードリンクを飲んで気を紛らわす。

 

IMG_4110

しばらくすると今回唯一のヒルクライム、碓氷峠のスタート地点に。碓氷峠はカーブが沢山あることで有名で、合計184のカーブがあります。体力的にかなりきついなか、ヒルクライムスタート。

 

IMG_4112

スタートして4分の1くらいのところにある、めがね橋。

 

IMG_4113

振り返ってみるとこのヒルクライムがこの旅で一番辛かったけど、なんとか乗り切る。

 

IMG_4118

ようやく長野県!!

 

IMG_4124

そしてとりあえず軽井沢に到着!

 

IMG_4125

お昼ご飯はもちろんそば。

 

ここから小諸まではひたすら下るだけ!

 

IMG_4132

そしてゴール地点の丸山珈琲に12時半頃到着!!

 

 

IMG_4133

写真を撮るのも忘れてがぶ飲みしてしまったアイスラテ。いやー、ここまで頑張ってよかった!

帰りはおとなしく軽井沢から新幹線に揺られて東京に戻ってきました。

 


 

 

というわけでアクシデント続きの旅でした….

雨に降られたり、iPhoneの充電が切れたり、iPhone落としたり、仮眠できなかったり….

 

でもこの旅で学んだのは、旅って結局アクシデントだらけなものなんじゃないかということ。自ら非日常を体験しようとしているのですから、そりゃあアクシデントは沢山起こります笑

作家の村上春樹さんも自身の旅行記で、こんなことを仰っています。

 

これは僕が数多く旅行をしたのちに体得した絶対的真理である。旅行は疲れるものであり、疲れない旅行は旅行ではない。

延々と続くアンチクライマックス、予想外れ、見込み違いの数々。シャワーの生ぬるい湯(あるいは生ぬるくさえない湯)、軋むベッド、絶対に軋まない死後硬直的ベッド、どこからともなく次々に湧き出してくる飢えた蚊、水の流れないトイレ、水の止まらないトイレ、不快なウェイトレス。

日を重ねるごとにうずたかく積もっていく疲労感。そして次々に紛失していく持ち物。それが旅行なのだ。

 

この意見には全くもって賛成です笑

ある意味旅行はアクシデントを体験するためにあると言ってもいいのかもしれません。旅行を通してアクシデントに遭遇することに慣れ、自分の日常でアクシデントが起こっても動じないように訓練しているのかも。実際この旅行の後iPhoneが壊れたのですが、あまり動じませんでした。

 

まあ少なくとも僕はアクシデントまみれの旅は好きです笑

 

と、今日はこんな感じ!

夏休みも残すところ2週間ほどになり、段々現実に引き戻されていくようではありますが、残りの2週間を楽しみたいと思います!

 

それではまた来週!

 

 

 

 

^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^*^

クリックお願いします!

Read More
separator

Pages: 1 2

separator